副操縦士の元恋人、客室乗務員が遂にテレビに!


WS002074 WS002075 WS002076 WS002077 WS002078 WS002079


副操縦士「自分の名を知らしめてやる」 独紙報道

 フランス南部で起きた旅客機の墜落で、ドイツの大衆紙「ビルト」は、副操縦士が元交際相手の女性に対し「いつか全てを覆すようなことをしてやる」と今回の墜落を示唆するような発言をしたと報じました。

 ビルト紙は、アンドレアス・ルビッツ副操縦士の元交際相手で「去年、5か月間、ヨーロッパ路線で一緒に勤務した」と話す客室乗務員の女性のインタビュー記事を掲載しました。

 それによりますと、副操縦士が「夜中に急に起き出して、『墜落する』と悪夢にうなされ、叫んでいた」ことや、「いつか全てを覆すようなことをして、全ての人に自分の名を知らしめてやる」などと今回の墜落を示唆するような発言をしたと語っています。

 副操縦士は、会話の途中で急に怒り出したり声を荒げることもあったということです。

 女性は副操縦士について、「病気のため、夢だったパイロットの仕事をあきらめなければいけない現実を受け入れられなかったのでは」と話しています。(28日20:43)


 

WS002074・・・・・・・・・・ これといっしょです。

WS001698 WS001699 WS001707WS002056 WS001708いくら「去年、5か月間、ヨーロッパ路線で一緒に勤務した」と限定しても、彼女が特定されることは無いでしょう 客室乗務員の中での永遠の謎です。

特定の客室乗務員を買収してしまうのはあまりにリスクが大きすぎますからね。

しかしこれを、買収せずに自然な流れとして、関係者に事実を語らせることによって、でっち上げ事件を誘導する為に行われるのが、国民監視への整備であり、「マイナンバー制度」です

過去にそのようなやり取り合った実際にあった、一般人の情報を収集することで最適なキャストを選ぶのですから、真実を語らせることによってシナリオを進められるのです。

つまり、我々は事件の裏を取り、暴けな、ところに追いやられてしまう瀬戸際にいるのです。

あと数年後には、すべての事件が自然に違和感無く起されてしまうかもしれません。

マイナンバー制度は、容易に淡路島・平野容疑者のような人物を見つけ出し、犯人にでっち上げることができます

ドイツ機墜落テロ 病歴があるパイロットを選んで、でっち上げ事件を起こすことは容易です。


 

  • いいね! (115)
  • この記事の題材でまた読みたい! (12)
  • この記事を動画で見たい! (0)

副操縦士の元恋人、客室乗務員が遂にテレビに!」への3件のフィードバック

  1. 噂タク

    この元恋人が本当に元恋人である証拠は全くない!って言うと合成カップル写真が出てきたりして。

  2. ファン

    事故当日の「勤務不可」と診断した医師はどこにいるのでしょうね。話を聞いてみたいです…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA