【がん登録推進法】全国がん登録義務化の目的が分かりました。 ~「がん」患者数 初の都道府県別の推計値を公表


WS002021WS002020WS002017WS002018WS002019

「がん」患者数 初の都道府県別の推計値を公表(03/26 11:51)

 日本人の死因として最も多い「がん」。そのがんと診断された患者数の都道府県別の推計値が初めて公表されました。例えば、男女ともに死因の上位にある「胃がん」は、地域ごとの特徴が顕著に表れていて、日本海側の県で平均よりも多い傾向を示しているのが分かります。

 国立がん研究センターによりますと、2011年に新たにがんと診断された患者の推計数は全国で約85万1000人でした。部位別では、男性が胃がん、前立腺がん、肺がんの順で多く、女性は乳がん、大腸がん、胃がんの順でした。また、集計の精度が向上したことなどから、今回、初めて都道府県別の傾向が明らかになりました。胃がん患者の割合は、男女ともに日本海側が高い傾向にあり、「食塩の摂取量といった食生活などが影響している可能性がある」ということです。肺がんでは、男性が北海道や青森県、近畿で死亡率が高く、喫煙率の高さが関係している可能性があるということです。一方で、女性の乳がんや子宮がんには、はっきりとした偏りは見られませんでした。国立がん研究センターは「地域ごとの調査結果をがんの早期発見や治療につなげてほしい」としています。


 

なるほど。 この報道で「がん登録推進法」=【全国がん登録の義務化】の目的が分かりました

国立がん研究センター「地域ごとの調査結果をがんの早期発見や治療につなげてほしい」

この部分ですね。

今地域や病院によって、腫瘍に対して悪性がんとか良性腫瘍だとか、診断にばらつきがあるわけです

つまり、腫瘍が見つかっても薬の服用や治療をせずに自然にしておいた方が良いと思っている良心的な医師が多くいるのです。

これは癌利権者に取っては、損失です

よって癌と診断しない病院や県・医師情報を洗い出すことで、指導しようというわけでしょう

そうすれば癌利権者が富を伸ばすことができます

癌の早期発見は、体の中にある良性腫瘍を癌と決め付け、がん治療という名の、病気製造方法で一生病院に通い続けないければいけないを体を作り出す行為に他なりません。

【がん登録推進法】「全国がん登録」義務化 患者をがんと診断したら必ず都道府県に報告しなくてはならない

  • いいね! (361)
  • この記事の題材でまた読みたい! (235)
  • この記事を動画で見たい! (199)

関連記事

【がん登録推進法】全国がん登録義務化の目的が分かりました。 ~「がん」患者数 初の都道府県別の推計値を公表」への9件のフィードバック

  1. shinobi48

    今地域や病院によって、腫瘍に対して悪性がんとか良性腫瘍だとか、診断にばらつきがあるわけです

    この指摘興味を持っていますので、詳しく話を聞かせてください。お願いします。

  2. 噂タク

    癌患者一人2000万円の利権!(厚労省 薬品会社 医者 メディア 保険会社)
    抗がん剤が効かないのは医学会の常識(厚労省担当者)!
    抗がん剤は増がん剤(欧米の常識)!
    海外では癌は放置!
    癌を殺すのはナチュラルキラー細胞!
    吉本新喜劇で笑ったらナチュラルキラー細胞増殖w!
    (船瀬俊介さん、抗がん剤の殺される)

    わざわざ癌検診を受け、わざわざ小ちゃい癌細胞発見され、わざわざ抗がん剤治療され、わざわざ免疫力を下げられ、わざわざ本当の癌になり、高額治療費を払わされ、免疫力なくなり肺炎で死ぬ。利権グループ大喜び、ちゃんちゃん。

  3. nishiizu

    マスタードガスをたくさん使いたいわけですね。
    戦争で使われた毒ガス兵器が、ガンの薬
    として使われる異常な現実。

  4. もよこ

    洲本5人殺害事件の容疑者が、(医療の9割は不要とする現代医学否定論を唱える)内海聡医師の著作に影響を受け、精神科の治療を中断したことにより、今回の事件に繋がったとして、内海医師を批判する声が出ています。
    内海医師は、抗がん剤治療にも否定的ですね。

  5. ロ~タス ~(*ё)

    こんばんは!
    いつも鋭いツッコミありがとうございます

    いいね! やほかのも、ポチッしてもカウントがされておらずどうしたものかと思っております

  6. しゅーふ

    一周年おめでとうございます。

    このブログをみていたおかげで、家族の命の危機を救えるかもしれず、またそのきっかけをいただきました。

    psa検査となるものがありますが、これにひっっかかると、針生検という「がん」を発見するための、恐ろしい検査をさせられ、見事見つかった場合めでたく、一生がん治療という、金儲けの餌食にさせられるという構造におとしこまれそうになっています。
    むしろこの針生検をすることにより悪性がんを目覚めさせてしまうというお話も…。

    別にがんでなくとも値はあがることがあり、psa検査は、前立腺がん死亡率低下に結び付く根拠がないとされているにもかかわらず、早期発見psa検査押し押しキャンペーンをしているのは、がんにかからせたい裏社会さんの誘導であり、まさにこのblogにあることが
    現実として家族の身にせまってきております。

    どうしても阻止したい!!

    家族が犠牲になることが悔しいです。
    この記事読まずしていたら、スルーでした。
    ありがとうさゆふらっとまうんどさん!

  7. 通りすがり

    中村 仁一、大往生したけりゃ医療と関わるな、幻冬舎新書、2012
    なかなか面白い本です。立ち読みでもしてみてください。

  8. shinobi48

    ユダ金がぶっ潰しに来るかもしれません。

    ガンが簡単に治る技術。

    1回数百円でがんが治る時代が来るそうです。

    兵庫県立加古川医療センター(加古川市)の小川恭弘(やすひろ)院長(62)が、過酸化水素(オキシドール)を使って効果を高める放射線治療法を開発し、
    国内外での普及を目指している。効果を妨げる酵素を抑える仕組みで、切除手術が不要なことから、主に乳房が温存できる乳がん治療として広がりつつある。

    県内でも神戸低侵襲がん医療センター(神戸市中央区)で昨年から開始。今後は臨床試験(治験)を実施し、公的医療保険の適用を目指す。

     小川院長によると、がんは大きくなるほど細胞内に抗酸化酵素が増え、酸素が欠乏する。一方、放射線治療は酸素を利用してがんを殺すため、がんが進行するほど効果が低下することが課題だった。

     小川院長は前任の高知大教授時代、抗酸化酵素を分解するオキシドールと、オキシドールを患部にとどまらせるヒアルロン酸を注射する「酵素標的・増感放射線療法KORTUC(コータック)」を発案し、
    2006年から高知大で臨床利用を開始。高知大だけで200例超、全国では計10カ所以上で500例以上実施された。

    大半は乳がんだが、皮膚や肝臓、膵臓(すいぞう)、腎臓のがんにも利用されている。

     小川院長は昨年4月、加古川医療センターに着任。最新の放射線治療機器がある神戸低侵襲がん医療センター(藤井正彦院長)で同11月から乳がん治療を始めた。

    抗がん剤も併用しながら今年3月までに4人に実施し、「がんが消え体力の消耗も少ない」(40代女性)などと評価されているという。

    新たな治療費は1回数百円の注射計5回分で済む。来年中に加古川医療センターでも始める意向。

     神戸大医学部出身の小川院長は「この治療法を世界に発信するため兵庫県に戻ってきた。安価で容易なのでぜひ普及させ、多くの患者を救いたい」と話す。

    神戸低侵襲がん医療センターTEL078・304・4100(金井恒幸)

     【KORTUC(コータック)】 小川恭弘・県立加古川医療センター院長によると、大阪医科大(大阪府高槻市)、長崎県島原病院(長崎県)、東京放射線クリニック(東京都)などで多数の実施例がある。

    小川院長は日本増感放射線療法KORTUC研究会の会長も務める。

    オキシドールで乳がん治療 兵庫の病院長が新手法、1回数百円

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150408-00000000-kobenext-sctch

  9. とおる

    癌が病気ということ自体に疑問を持ちます。
    私も癌を患ったことがありますが、今は検査すら受けていません。
    15年前に父を肺がん治療で失くしていますので、抗がん剤治療は一切受けるつもりはありませんでした。
    癌ができるのは、体のバランスが崩れることで、悪いものをまとめようとする免疫システム(癌=ゴミ箱)と思います。
    癌が原因ではなく体の免疫システム不全で、死に至るのでは?と考えます
    現代ではストレスや添加物のようなものが蓄積し、癌ができやすい。
    しかも、抗がん剤という名前の毒薬を点滴されれば、更に死が早まるでしょう。
    WHOが抗がん剤を否定しているが、厚生労働省は抗がん剤の在庫がなくなるまで、標準治療から外さないでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA