専門家が危惧…株価2万円で強まる「年金資産消失リスク」


社保審年金部会、15日午後にGPIFガバナンス改革の議論開始へ専門家が危惧…株価2万円で強まる「年金資産消失リスク」

 2万円の大台突破は時間の問題となってきた。日経平均の終値は23日に1万9754円をつけ、00年4月以来の高値を更新した。一本調子の株価上昇に市場関係者は浮かれっぱなしだが、年金マネーを政治利用した「官製相場」のリスクを忘れてはいけない。15年ぶりの株高は国民の老後資産にとっては“もろ刃の剣”である。

■GPIFは大金を背負ったカモ

現在のイケイケ相場の主役は海外勢だ。3月第2週まで5週続けて日本株を買い越し。この間の買越額は1兆円近くに上っている。

海外勢の旺盛な日本株買いを支えているのは、公的マネーの市場流入だ。とりわけ運用資産137兆円と世界最大級を誇る年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の存在感が大きい。

GPIFは昨年末時点で日本株27兆1330億円分を保有、運用資産全体の19・8%を占めた。1部上場の全企業の時価総額合計(約573兆円)の約5%を持つ計算だ。さらに昨年10月の株資産運用倍増計画により、従来12%だった国内株保有比率を25%まで買い増している。買い余力は約7兆円といわれ、GPIFは世界中の投資家に向かって“さあ、これから日本株を大量買いします”と高らかに宣言したようなもの。これが、いかにばかげたことか。

「GPIFほどの巨大機関投資家が『日本株の大量買い』という手の内を明かせば、海外勢にはこれほど楽な商売はありません。先回りして日本株を購入しても、必ずGPIFへ高値で売り抜けられるという『出口』があるからです。米カルパースなど名だたる機関投資家は手の内を絶対に明かさないことが鉄則。海外のヘッジファンドには、GPIFが数十兆円を背負った“巨大なカモ”にみえるでしょう。あまりにも稚拙です」(RFSマネジメント・チーフエコノミストの田代秀敏氏)

■海外勢が仕掛けるバブル再来

 とはいえ、GPIFが運用を任されているのは国民の多くの老後の命綱だ。ダンマリを決め込んで運用するわけにもいかない。つまり、巨額の年金資金を株式投資に回すこと自体、やはりムリがあるのだ。

「今の官製相場は需給によって株価が上がっているだけで、日本企業の価値が高まっているとは言えません。現在、日経平均のPER(株価収益率)は18倍前後。政府の中長期経済見通しを考えても15倍程度が妥当でしょう。日経平均が2万円の大台に乗せ、PER20倍超になると、割高感が強まり、いよいよバブルの雰囲気が高まってきます。懸念すべきは、需給だけで動いた相場は、買い資金が尽きると値を戻すこと。年金資金の買い一巡とともに株価もダラダラと下がっていく恐れもあるのです」(経済評論家・山崎元氏)

前出の田代秀敏氏は、こう警告する。

「海外のヘッジファンドは本物のプロ集団ですから、必ず売り先を確保してから株を買う。最大の売り先であり、最大のカモです。彼らは株価を吊り上げるだけ上げると、一斉に先物やCDSを売って現物の株価下落を引き起こす。最後は空売りで巨額の利益を獲得します。1990年のバブル崩壊はこうして起こりました。海外投資家が『ホームラン!』とガッツポーズを決め込む一方で、GPIFなどは高値づかみした株価の下落で、巨額の損失を抱えることになりかねません」

 株価が上がるほど、暴落時のリスクも高まるのが年金のギャンブル運用の宿命だ。国民は株高に浮かれてはダメだ。


いつもと違う目線から話すと、この株価上昇に乗っかって全資産を投資にまわし、運良く暴落前に売り抜け、資産を増やした一般年金受給者のみ、年金が破綻しても、実質的得られたであろう年金と相殺されプラスマイナスゼロにできるのかもしれないが、それにはバブルの高値で売り抜ける運と、売りぬいた後に高値が続くことによる「損した感」の払拭。つまり、情報なしの中での損切りが必要である。しかし生活資金をそのような博打に突っ込むこと自体をお勧めしないし、たとえ増えたとしてもギャンブルによる心の煩いと、ストレスを加味すれば結局損していると言えるかもしれない

上記は年金受給者目線での現政権の「GPIF 年金を投資家に献上政策」に対する、リスクが高い資産運営方法を本心とは裏腹に書いてみたが、年金支払い世代の年金問題解決策は、破綻が目に見えている年金の支払いを拒否し、我々が信頼できる人間に国を運営させることで、信頼を取り戻してから、不正不可能な年金システムを作り上げることだろう

GPIFと共済 株式に5割配分190兆円を突っ込んだ後、ゆうちょ・かんぽの205兆円

【「郵便局の者です」夫婦縛り、前歯折る 金奪い逃走】報道と株価上昇の関係

  • いいね! (491)
  • この記事の題材でまた読みたい! (421)
  • この記事を動画で見たい! (322)

関連記事

専門家が危惧…株価2万円で強まる「年金資産消失リスク」」への1件のフィードバック

  1. nishiizu

    ギリギリの生活で、年金が払えないときに
    送られてくる督促状は、死刑の宣告なみの破壊力があります。
    こんなの掛け捨ての税金です。
    今の株価だけ見て景気回復、安倍さんのおかげとか言ってる人はこの後のデフォルトで大パニックになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA