【一票の格差違憲】一票の格差をなくしても、選挙システム自体を変えなければ、不正な選挙が可能


61165_377123709030187_7673676_n[1]広島高裁も「違憲状態」の判決 昨年衆院選の1票の格差

 衆院選の「1票の格差」をめぐる訴訟の判決で、「違憲判断」と書かれた紙を掲げる原告側の弁護士ら=24日午前、広島高裁前

 

 「1票の格差」が最大2・13倍だった昨年12月の衆院選は憲法違反だとして、弁護士グループが、広島、山口両県の全11選挙区の選挙無効(やり直し)を求めた訴訟の判決で、広島高裁は24日、「違憲状態」と判断した。無効請求は棄却した。

 野々上友之裁判長は、選挙区割りは憲法の投票価値の平等要求に反する状態にあったと指摘。しかし、選挙制度改革の議論が進んでいることや、前回から2年以内の解散に伴う選挙だったことから「憲法上要求される合理的期間内に是正がされなかったとはいえない」と判断した。


 

一票の格差の問題は、選挙区の区分けで解決できる

一票の格差も問題だが、この国の根本的な「選挙システム」そのものの方が大きな問題であり

不正選挙ができるシステムそのものを変えるべきであって、その目くらましとしての「一票の格差問題」に終始しているとしか思えない それはマスコミが取り扱っている事実一つとっても、明白である。

裏社会にとって都合の悪いことをマスコミが報じるはずがないからだ

いくら、餌を吟味し試行錯誤しても魚が居ない池に針をたらしてが魚が釣れるはずがない

いくら、一票の格差をなくしても、選挙システム自体を変えなければ、不正な選挙が可能と言うことだ

一票の格差問題がたとえ解決にいたったとしても、「不正選挙」がされたら、元も子もないわけだ

よって、不正選挙可能な選挙システムの抜本的解決にならない問題だからこそ、マスコミが取り扱っていると言うことだ

 

 

【1214不正選挙】カメラを持ち投票所に行くと、入場を拒否され投票出来ない

亀井「まずいっす」は聞こえてはまずかった。「聞こえてない」と嘘を付く 〜ロングver

【ダイジェスト】船橋選挙管理委員会 亀井「(不正選挙がバレるから)まずいっす」聞いてないと嘘を付く同僚

【ダイジェスト】船橋選挙管理委員会 石原 二階席から観覧出来ない理由

  • いいね! (86)
  • この記事の題材でまた読みたい! (8)
  • この記事を動画で見たい! (1)

【一票の格差違憲】一票の格差をなくしても、選挙システム自体を変えなければ、不正な選挙が可能」への4件のフィードバック

  1. 噂タク

    弁護士連中も裏社会の一員とみるべきでしょうね。1票の格差なんてどうでもE事を訴えて、肝心な不正選挙の不の字も言わない。ほんまに屁のような存在ですがな。正義感で弁護士になったら、結局食えなくて消費者金融と組んで過払い金請求で細々生活だもんな~。そんで政治家かメディアにリクルートされるんかな。そんな人生って・・まずいっす。

  2. もよこ

    1票の格差を是正すれば、地方選出の議員定数がさらに減り、都市部の議員定数が増えるんですよね。ますます地域間格差がついてしまいます。大量の死票を出す小選挙区制の方が問題だと思います。
    ↑半年前の私の意見。

    そうですよね。何をどう改正しても今のままでは結果は同じ。一番の問題は選挙の不透明性。終始可視化して、希望者には自由に見学・撮影を許すなどしないと根本的な解決にはなりません。投票用紙に投票した個人の名前や個人情報などは書いてないんだから、秘密で開票を行う理由は何一つないのです。裁判員制度のように、公正な抽選で立会人を選んでも問題はないと思います。もちろんこの抽選過程も可視化しないといけませんが。

  3. nishiizu

    クリミアのように、投票箱を透明にするべき
    。鉛筆以外の何で書こうと自由。
    あと選管自ら、投票箱にGPSを取り付ける。
    開票所へもタクシーでなく、現金輸送車を使う。
    全て可視化、20時前の閉館禁止、2階席があれば2階席で監視させてもらう。
    不正選挙を軽く考えている人が多いですが、
    国家の存亡、自衛隊の尊い命がかかっている
    重要なもの。
    不正選挙は国家転覆の重罪です。
    絶対に許せません!

  4. shinobi48

    統一地方選 職務質問対策

    ある日突然、警察に呼び出されたら、どうする・どうなる (アスカビジネス)

    によれば、警察手帳を見せることを拒んだ場合には110番してもよいそうです。

    私の考えでは、職務質問の際

    最初こちらから警察手帳を見せろという。

    断られた。

    見せてくれなければ110番しますよと脅してみる。

    それでもダメなら本当に110番をする。

    という作戦もありかなと思いました。

    難しいとは思いますが、偽造手帳の確認のため
    証票番号を控えるとよいでしょう。

    不当逮捕されそうな時は「当番弁護士呼びますよ。」といってもいいかも。

    警官が「お金あんの?」

    と言ってきてもひるまず、「私には憲法で弁護士を呼ぶ権利が保証されている、第一、当番弁護士なら無料である。不当逮捕の場合、国会賠償請求と訴訟を起こす」といってひるませることも出来ます。

    それでも逮捕してきたら、警官に対し家族となるべく早い段階で連絡を取らせてもらうように(家族から当番弁護士に電話してもらう)お願いすると良いかもしれません。

    千葉県弁護士会|逮捕されたら

    ご本人からの場合
    警察官、検察官、裁判官に対して直接「当番弁護士を呼んでほしい」と告げてください。
    ご家族からの場合
    千葉県弁護士会(TEL.043-221-7330/松戸047-366-7770※)にお電話の上、下記事項をお伝えください。

    平日の9時から17時までであれば職員が対応いたしますが、それ以外の時間においても留守番電話対応をいたします。

    ア 被疑者の氏名・生年月日・国籍・通訳言語
    イ 留置されている警察署
    ウ 逮捕の罪名、日時(わかれば)
    エ 申込者とご本人との関係
    オ 申込者の連絡先
    http://www.chiba-ben.or.jp/consultation/arrest.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA