ストーカー2万2800件=最多を更新 ~「ストーカー」はNWO人民支配の為に作られた概念に他なりません


h25stalkerjianストーカー被害、依然最悪 2万件超、摘発も最多

 全国の警察が昨年1年間に把握したストーカー被害は2万2823件(前年比8・2%増)で、統計を取り始めた2000年以降、3年連続で最多だったことが19日、警察庁のまとめで分かった。摘発も2473件(同30・9%増)と12年の統計開始以来、最も多かった。

 警察庁は、過去最悪の更新が続いている被害の現状について「ストーカーに対する社会的関心が高まり、相談が増えている。危険性があると判断すれば積極的に事件化した」としている。

 凶悪なストーカー事件が相次いだことから、警察庁は15年度から警察官を増員するなど対策を強化している。

2015/03/19 10:43   【共同通信】


「ストーカー」と言う概念はNWO人民支配のために作られたものに他なりません。

ストーカーという曖昧な概念を作り上げ、人間関係の解決にすら警察(国家権力)を介入させ、我々を取り締まりたいのです。

当人または、近しい人同士で解決しなければ根本的な解決にはなりません
そして、精神疾患の根本的な原因を解決しなければ、取り締まりは付焼き刃にすぎません

前者は、精神成長の機会を妨げることになり、後者は、精神疾患の根源の利権構造が問題であるにかかわらず、医療・通信(電磁波)などには決して触れないのです

我々人類にとって幸せに生きるために必要なことは、ストーカーというレッテルを張り、法的な罰則を加えることではなく、相手を思いやる気持ちを育み、愛情と許容を持って、自由に生きることです。法の上に、我々大衆の良心を置くのです そうすれば、そこにはもっと素晴らしい社会が現れます

ストーカーについて さゆふらっとまうんど

【ネット私刑】公益と真実性がない情報は自然淘汰されるのが、ネットの普遍性です

 

  • いいね! (288)
  • この記事の題材でまた読みたい! (171)
  • この記事を動画で見たい! (81)

ストーカー2万2800件=最多を更新 ~「ストーカー」はNWO人民支配の為に作られた概念に他なりません」への1件のフィードバック

  1. ルーク

    チュニジアのテロ事件、明らかに世界をテロ戦争体制に巻き込むための、アメリカ、イスラエルによる作戦でしょう。
    あれだけの犠牲者にも関わらず、アメリカ人、イスラエル人の犠牲者は居ないようです。
    そして報道によれば、犯人達は、観光客がバスから降りてきたところを銃撃し、その後、博物館に立てこもったと言われています。
    何故、最初にバスを襲ったのか?
    もし人質を取り立てこもる計画なら、まず博物館に目立たないように入った方が作戦の成功率は高まるはずです。
    そうではないということは、恐らく特定のバスを待っていた、そのバスにどの国の人が乗っているか、ある程度の情報を持っていた可能性が高いでしょう。
    負傷者に自衛隊の方が居ましたが、もしかしたらイスラエルと何らかの協力体制のある秘密の情報活動があった可能性すらあります。
    日本人の犠牲者が、負傷者も含めると比較的多かったですが、恐らく、犯人は日本人だと認識して銃撃していると思います。
    そして博物館に犯人達が入った後、治安部隊が直ちに突入していますが、犯人と交渉があった形跡は全くありません。
    つまり突入して射殺することが最初から決まっていたのです。これも、この事件が最初からシナリオに従っていたように見えるところです。
    犠牲になった何人かの方は、犯人ではなく、治安部隊によって射殺された可能性すらあります。そしてわざとらしい犯行声明がイスラム国から出されました。
    チュニジアはアラブの春で民主化され、その政府は英米の傀儡です。
    即ちこれは、アメリカ、イスラエル、チュニジア政府などによるNWOを目指した、対テロ全世界人民管理体制構築の世論を準備する目的で起こされた、偽旗作戦の可能性が高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA