「シオニスト・ネタニヤフ」が、「シオニスト・ユニオン」を下しシオニストの勝利。


WS001736<イスラエル総選挙>右派与党、第1党へ…連立協議が焦点

毎日新聞 3月18日(水)12時55分配信

 【エルサレム大治朋子】イスラエル総選挙は17日午後10時(日本時間18日午前5時)に投票が締め切られ、開票が始まった。地元メディアによると、開票率99%段階の議席獲得数は、ネタニヤフ首相率いる右派政党リクードが29、政権交代を目指す中道左派の統一会派「シオニスト・ユニオン」(「キャンプ」から名称変更)が24で、リクードが第1党となる見通しとなった。首相は18日未明に「勝利」を宣言。今後は連立協議の行方が焦点となる。

国会の定数は120で、全国1選挙区の完全比例代表制。イスラエルのハーレツ紙によると、アラブ統一会派が14議席で第3党に躍進し、中道系イエシュアティド(未来がある)が11議席、中道右派系新党クラヌ(みんなの党)も10議席を獲得する見通し。連立協議ではこれらの党の動向が注目されるが、クラヌの党首は連立に前向きな意向を示している。

ネタニヤフ首相は18日未明に演説し、「我々はあらゆる予想に反して、リクードの、そして右派全体の勝利を達成した」と述べた。

シオニスト・ユニオンを率いる労働党のヘルツォグ党首も18日未明、「開票結果は我々を政権へと導くだろう」と勝利の可能性を訴え、連立を呼びかけた。

イスラエルでは、選挙で第1党を確保した党首か、連立により過半数の61議席以上を確保できそうな政党の党首に大統領が組閣を要請する。リブリン大統領は近く各党代表から意見聴取を開始するが、17日夜、各党に大連立を呼びかける考えを明らかにした。

今回の選挙はネタニヤフ首相が昨年12月、連立政権内の対立から任期を約2年残して解散に踏み切ったことを受けて実施した。首相は安全保障分野で強硬姿勢をアピール。ヘルツォグ党首は経済対策や中東和平の促進を掲げてリクードと接戦を繰り広げた。


「シオニスト・ネタニヤフ」が、「シオニスト・ユニオン」を下し勝利。

シオニストの国、イスラエル。

反シオニストエージェントの候補者が居なければ、誰が選挙戦で勝利してもシオニスト

  • いいね! (102)
  • この記事の題材でまた読みたい! (8)
  • この記事を動画で見たい! (0)

「シオニスト・ネタニヤフ」が、「シオニスト・ユニオン」を下しシオニストの勝利。」への6件のフィードバック

  1. nishiizu

    不正選挙以前の問題でしたか……。
    候補がシオニストだけ。
    イスラエルにも善良な人々がたくさん
    いらっしゃると思ってましたが、残念です。
    戦意喪失な国民に祭り上げられたネタニヤフ
    が、これから何をするでしょうか?
    記念の虐殺ですか?
    世界の代表のみなさん、イスラエルに制裁を
    お願いします!
    罪のない子供たちに鬼畜なミサイルを撃ち込む野蛮な国を許してはいけません!

  2. セルピコ

    ネタニアフとくっ付いているのはアメリカのなかでも共和党のネオコン一派。オバマはネタニアフの会見に顔も出していない。アメリカ内部もいろいろと分裂してるらしい。
    いずれにしてもロシア、EU、南米もアジアを中心にしてまとまりつつある。日本だけがこのままだとアメリカと心中することになる。
    近いうちそれが市場に反映されるだろう、とみている人は多い。
    メディアはいつまでウソを突き通す!

  3. Joshua

    中道連合はシオニスト・キャンプと名乗っている。シオニストと言えばむしろ、ネタニヤフ首相の側のような印象を受ける人が多かろうが、実は中道と左派の連携。具体的には アイザック・ヘルツォーク(Isaac Herzog)氏が率いる労働党とツィッピー・リブニ(Tzipi Livni) 氏が率いる新党のハトヌア(Hatnuah)党の連合である。

    ツィッピー・リブニ氏と言えば女性の首相候補と言われてきた中堅の実力者で、もともとはネタニヤフ首相と同じ右派政党のリクードに所属していたが、故シャロン氏が中道の新党カディマを立ち上げた時、行動を共にした。その後、ハトヌア党を結成し、党首となっている。労働党とハトヌア党が「シオニスト連合」を名乗っている理由はleftist=左翼というイメージがイスラエルでは国民にアピールしなくなっているからだという。だから、あえてタカ派的な名前をつけ、浮遊票を得ようと言う作戦らしい。ちなみに、ツィッピー・リブニ氏が率いるハトヌア党はイスラエルとパレスチナの二国体制をよしとする。パレスチナが国家になるのを妨げてきた与党とは一線を画する政党である。

  4. 通りがけ

    第二次大戦はユダヤ人フリーメーソン(F.Jew)が世界中の先住民を戦争で虐殺して地球上の全土を略奪するために起こしたが日本大和民族あるがゆえに失敗した。大戦後FJは国連を作って大和魂の力を封じるため日本を永久敵国指定し、国連軍を組織してパレスチナの先住民を武力で追い払ってエルサレムを奪いイスラエル悪魔王国を建国した。国際法をでっち上げ各国に大使館を置いて治外法権で支配することとした。FJの最終目的は核戦争地球人類滅亡であり、各国のイスラエルおよびアメリカ大使館からモサド、CIAを出撃させ世界中にテロを起こして第三次世界核兵器大戦を惹起させ復讐の連鎖で地上を核で破壊し尽くす。その時エルサレムは三大宗教キリスト教イスラム教ユダヤ教の同一の聖地であり、各国が互いに相争うとも自国の国教の聖地であるエルサレムだけは絶対に核攻撃を受けないノアの箱舟となる。エルサレムのキリストの墓の下に世界フリーメーソン本部がある。ユダヤ教キリスト教イスラム教の紋章が三位一体となってNWOの紋章となる。
    これがエデンの蛇悪魔王FJの5000年来の念願の正体である。この悪魔の念願を粉々に打ち砕くのが我々大和民族の先祖伝来忘己利他菩薩武士道大和魂なのだ。宇宙無敵にして敗れざる転輪王大和魂。

  5. nishiizu

    ユダ菌が滅んでしまえば、こいつも終わり。
    堂々とパレスチナがイスラエルに取って代わる。
    自治区ではなく、パレスチナ国だ。
    その中にイスラエル自治区を残してあげるか!
    もともと彼らの地だ。
    ユダ菌飼い犬ヒトラーによって建国され、ユダ菌によって滅ぶ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA