キスポンギ政務官・中川郁子とソープ代議士・門博文は、政務官室でしていた。


WS001553

政務官室で20回超「密会」か 路チュー不倫の中川氏に新疑惑

 西川公也農相が辞任した2月23日の夜、農水政務官でありながら同僚議員と不倫「路上キス」をしていた場面を「週刊新潮」に撮られた中川郁子代議士(56)。
なにしろ、手をつないで六本木の街を歩き、立ち止まって見つめ合い、お互いを強く抱き寄せた後、濃厚なディープキスをかわしているのだから、言い訳は利かない。
自民党の門博文代議士(49)との不倫がバレた中川郁子は、6日国会に呼ばれていたが、体調不良を理由にトンズラ。2週間入院し、ほとぼりが冷めるのを待つつもりらしい。しかし、政務官辞任は時間の問題だ。なんと、政務官室で“密会”を繰り返していた疑いが新たに浮上しているからだ。民主党も、門代議士が政務官室を訪ねたことがあるかどうか、農水省に記録の提出を要求している。「用もないのに門博文議員が政務官室を訪れ、中川郁子さんと2人きりで部屋に閉じこもり、1時間以上、出てこないことが頻繁にあった、という話が一斉に広がっているのです。一説には、昨年9月に中川さんが政務官に就任して以来、門議員が訪れた回数は20回以上との話もあります。農水省のなかには『まさか役所をラブホテル代わりに使っていたんじゃないだろうな』と不信感を強めている官僚もいる。発情した野良猫のように路上でイチャつき、キスをしているのだから、なにを言われても仕方ないでしょう」(政界関係者)

実際、門代議士は政務官室を頻繁に訪れていたのか。「回数」を農水省に質問したところ、「回数は把握していません」とのことだった。門代議士の事務所も「正確な回数と滞在時間は把握していません」との回答だった。把握できないほど、政務官室で頻繁に逢瀬を重ねていた、ということなのか。

 しかし、国会議員は税金で養われている身である。公務も果たさず、真っ昼間から役所で乳繰り合っていたとしたら、とんでもない話だ。

 中川政務官は「酒席の後とはいえ軽率な行動だった」と、不倫を酒のせいにしているが、夫だった故・中川昭一氏は酒の失敗で財務大臣を辞任しているだけに、これでは夫婦揃って酒で身を崩したとレッテルを貼られるだけだ。それにしても、なぜ“ソープ通い”を自慢するような男との不倫に走ったのか。中川昭一氏は泣いているのではないか。


 

WS001562「政界失楽園」自民党の門博文が過去のブーメラン発言やソープ通い・ホステスキス公言で話題に

3月5日発売の週刊新潮が自民党の農林水産政務官・中川郁子さんと門博文衆院議員の路上キス写真を掲載した件で、門議員の過去の「ブーメラン発言」や新潮に掲載されている「呆れた釈明」が失笑を買っています。

週刊新潮に「政界失楽園」として路上での濃厚キスシーン写真を掲載された門博文議員は2013年にTwitterでこんな発言をしており、「見事なブーメラン」とネット民に呆れられています。

150306-003

東京駅に向かう地下鉄のホームの片隅。抱き合う若い男女の「濃密な」キスシーンに遭遇しました。こんな朝っぱらから、しかも人目も憚らず。こんなことは外国のことと思ってた私は一昔前の人間でしょうか。

門博文議員はTwitterアカウントに鍵をかけてしまったため「Twitterに鍵かける政治家なんて見たことないね」などと更に話題になっていますが、それだけではありません。

週刊新潮の記事からも門議員の発言で注目を集めている部分があります。門議員は当初、キス写真を見せられても自分ではないとして否定。その際、過去にソープランドに十数回通ったことがあることやクラブのホステスにキスしたことがあることを自ら暴露。

もっとも、今まで妻一筋かというと、そうとは言えんな。男やからな。風俗はソープランドだけや。十数回行ったかな。

(中略)

吉原にも行ったけど、議員になってからはない

クラブのホステスにキスしたことはあるけど、”チュッ”って感じで、”ベロベロ”ってやったことはない。

また、不倫キスの相手である中川郁子さんが門議員の7歳年上であることについても「性的な魅力は感じない」などと発言しており、相手の女性を守るどころかDisるような発言に不快感が広がっています。

中川さんはお綺麗ですけど、俺の7歳上でしょ。女性の年齢はプラマイ1くらいがいいんちゃうかな。下はマイナス3まで、上はプラス1を死守したいね。年上の人に性的な魅力は、そりゃ感じないやろな

中川郁子議員のほうも週刊新潮の取材に対しはじめのうちは「写真も私じゃありません。私はもっと美人で、細いし、若いし」などと語っていた上に記事が出ると謝罪コメントを出して既に入院、公式サイトも見られなくなっています。

日刊ゲンダイは「路チュー不倫より見過ごせぬ疑惑」という記事を掲載してふたりが公費で会っていた可能性について言及。今後問題になりそうです。

いい年して“お盛んな”2人だが、不倫愛よりも注目すべきは、2人が互いの地元を行き来していたことだ。政治活動として公費を使って、逢瀬を重ねていたのだとすれば、見過ごせない。

不倫キスの上に過去のソープ通いやクラブホステスへのキスを公言した門議員には3人の娘さんがいるそうですが、娘さん達は父親をどう思っているのでしょうか。新潮にはこんな一節も含まれています。

この間の選挙では、ある演説会場でお嬢さんが”父をよろしくお願いします”と涙を流しながら訴え、反響を呼びました。投開票日には家族総出で状況を見守り、当選するとお嬢さんが泣き崩れていたのが印象的でした。

WS001552WS001549
「キスポンギ政務官・中川郁子とソープ代議士・門博文は、政務官室でしていた。」と、言われても仕方ない・・・ と日刊ゲンダイが報じています

ひどいですね。 国民の代表と言う意識はゼロです
この話題を扱うだけで私のブログが汚れそうで、はばかります。

それにしてもこれは国会審議が形骸化しそうですね。

それは呼び戻さない手はないですね。

安部政権、キスポンギ中川を再び徴集。 交代させず、2週間入院もさせず。

  • いいね! (138)
  • この記事の題材でまた読みたい! (6)
  • この記事を動画で見たい! (0)

キスポンギ政務官・中川郁子とソープ代議士・門博文は、政務官室でしていた。」への5件のフィードバック

  1. ◎ちぇりー◎

    お疲れさまです

    菅官房長官のトカゲ目は
    いつにもまして
    気持ち悪いですねww

    LOVE & PEACE⌒♪(幸’3-)ノ⌒★★★

  2. 匿名

    安倍の言う女性登用って、門みたいなカス議員の慰安婦をやらせる為だったのか!?
    門は、パソナ奴隷商人竹中と同じ和歌山だよね。松下興産に入社して、禿鷹に売却されたホテルの社長(爆笑)
    葬化、湯田、覚醒剤、キメセク、飛鳥・・・・門と郁子=飛鳥ととち内(笑)
    禁断の木の実は美味かったか?いい年して野良猫みたいに所構わず発情して恥ずかしくないのか!
    門の娘が、不憫じゃ。学校で虐められるじゃろう。故中川先生は、アメポチでないから国際会議でジュースに薬を
    混入されて朦朧会見に引きずり出され、政界を追われ、VXガスで殺されたという。
    妻が、カス男の情婦になって世界中に恥をさらしているのを見て中川先生は、泣いておられるぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA