震度5強で自動的に電気を遮断する「感震ブレーカー」の設置を求める


WS001526WS001527住宅密集地に「感震ブレーカー」設置求める提言案 内閣府まとめ

03/09 15:14

住宅密集地域の住宅に、地震の揺れを感知すると、自動的に電気を遮断する「感震ブレーカー」の設置を求める提言を、内閣府がまとめた。
東日本大震災では、発生した火災110件のうち、71件は、電気ストーブに燃えるものが落ちたなど、電気が出火原因となっている。
このため、提言では、首都直下地震や南海トラフ地震が想定される15都府県の住宅密集地域を対象に、新たに住宅を建てる場合には、震度5強で自動的に電気を遮断する「感震ブレーカー」の設置を求め、すでに建っている住宅には、感震ブレーカーの必要性を説明していくとしている



震度5程度の地震で強制的にブレーカーが下がる使用にしたら困りますね。

上記記事のように、理由は【東日本大震災では、発生した火災110件のうち、71件は、電気ストーブに燃えるものが落ちたなど、電気が出火原因となっている。】とのことですが、東日本大震災は震度5じゃないですし、71件の出火はブレーカーを落とすことで防げたのでしょうか?

火災が起きた地域は震度5だったのでしょうか?

そのような仕様に変えることは、他の理由を疑わざる終えません

私としては震度5程度の地震でいちいちPCの電源が強制的に落ちてはたまりません
そのような方は多いと思います

強制的に電力を落としたい時には、軽い人口地震を起すなどの意図を感じてしまいます。

「人工地震を起して停電が起きる。その間にテロを起して対応を遅れ致命傷を与える」
そんな戦略ですか?

  • いいね! (117)
  • この記事の題材でまた読みたい! (27)
  • この記事を動画で見たい! (2)

震度5強で自動的に電気を遮断する「感震ブレーカー」の設置を求める」への5件のフィードバック

  1. fanfan

    “たまたま”防犯カメラの電気が切れていた言い訳にしたり、いろいろできますね。

  2. nishiizu

    夏場に地震が発生した場合はストーブは関係ないですね。
    震災直後に大規模停電を起こし、エネルギーを貯めて何かやらかす計画
    でしょうか?

  3. 藤井朋美

    いやぁ~、いちいちやる事がホントみみっちいですよね(笑)
    あまりのセコさに、何かやりたがってる事が毎回丸見えです。
    ケツ穴の小さい抜け殻政権お抱えの、名ばかり有識者は、やってて自分らで恥ずかしいと思ったりしないんでしょうか。

    【東日本大震災では、発生した火災110件のうち、
    71件は、電気ストーブに燃えるものが落ちたなど、電気が出火原因となっている。】

    火災110件ってのが第一少な過ぎるでしょう!意図的なピックアップですか?で、その中の71%!?
    3月の東北事情を知らない奴が作った、『いかにも記事』としか思えませんね、東北人のワタシから見ても(笑)
    出直してください。

  4. 匿名

    普通はストーブには自動消化機能がついています。当然震度5強より強かった東日本大震災では自動消化したのではないでしょうか?
    つまり、消えた直後に燃えるものが接触するだけで火災は起こるのではないでしょうか?ブレーカーが問題???
    おかしくないですか?
    自動消化しなかったストーブがあるなら自動で切れないブレーカーも出ませんか?
    少々長いですが小さな火災が最後では大火災になっている動画です。
    Tsunami in Japan 2011 Shocking video
    https://www.youtube.com/watch?v=Mc4sQT_2GGE

    極論言えば人間がスイッチを押している間しか機能しない暖房が安全ということになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA