自民・稲田政調会長、少年法の年齢の引き下げも検討すべき ~また整合性が理由?


WS001479 WS001480

自民・稲田政調会長、少年法の年齢の引き下げも検討すべき

03/05 22:15

自民党の稲田政調会長は、5日の記者会見で、公選法改正案の国会提出を受けて、少年法の年齢の引き下げも検討すべきだとの考えを示した。
自民・稲田政調会長は「少年法の年齢の引き下げということは、考えていかなければいけない」と述べた。
この中で稲田氏は、選挙権年齢を18歳以上に引き下げる、公選法改正案が提出されたことに関して、「権利をともなうということは、義務もともなうことでもある」と指摘し、少年法の年齢の引き下げを検討する必要性があるとの認識を示した。



「川崎中1殺害」との関連付けはしないんですか?

少年犯罪は今強悪化していて取締りを強化しなければいけないといわないんですか?
川崎中1殺人を根拠に、少年法改正を推し進めますか?WS001441
少年法年齢引き下げの理由も、選挙権と同じく国民投票整合性だけで押し通す気ですか?

「権利をともなうということは、義務もともなうことでもある」

あんたらの都合で勝手に決めたんだろうが!
【選挙権18歳】谷垣幹事長「若年有権者対策を強化する」~実利があることは絶対にしないはずです、本音は「投票率を落として、有権者数を上げたい」と思っているからです

「選挙権と言う権利をあげたらんだから、少年法で守ってあげませんよ」
という事が言いたい様です

ネオナチ在特会閣僚の言う「義務」という言葉から、「徴兵制」がにじみ出てくるのを感じるのは私だけではないはずですねWS001481

  • いいね! (85)
  • この記事の題材でまた読みたい! (10)
  • この記事を動画で見たい! (0)

関連記事

自民・稲田政調会長、少年法の年齢の引き下げも検討すべき ~また整合性が理由?」への2件のフィードバック

  1.    

    以前の記者会見では「自民党の稲田政調会長は2月27日の記者会見で嘘をついて法律を変えようとした詐欺師です。」ということがはっきりしたので、他の話で国民の記憶を塗り替えようという策略でしょう。
    裏に徴兵制のために法改正をしたいことが透けて見えるのは当然であると私も思います。

  2. もよこ

    自民党の西田参議院議員が、18才以上に選挙権を与えるからには、当然同時に国防の義務も生ずると明言されていました。

    自分たちには関係ないと思っているのか、無責任に集団的自衛権だ、九条改正だと勇ましいことを言ってる年配の方がいますが、昭和初期と違って若年層が不足している今となっては、徴兵の対象年齢が際限なく広がって、最終的には国民皆兵なんてことになってもおかしくないのに、随分お花畑だなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA