集落活性化へ農地転用特例 地域再生法改正案 ~マイナンバー制度、空き地特別措置法と同じ目的である可能性がある


4190e64cb1b036b02363f571391ff45d 04

集落活性化へ農地転用特例 地域再生法改正案

 政府が今国会に提出する地域再生法改正案が5日、明らかになった。過疎地域の活性化策として、中心集落の耕作放棄地などを診療所や商店といった生活に必要な施設の用地に転用しやすくする特例を盛り込んだ。物流ネットワークを維持するため、中心集落と周辺部を結ぶコミュニティーバスなどが少量の荷物を運べるようにする。

 安倍政権が掲げる地方創生の一環。複数の集落と連携して生活の利便性を高める狙いで、2016年度以降の本格実施を目指す。ただ「周辺集落の切り捨て」との批判が出ることも予想され、どの程度の自治体が乗り出すかは不透明だ。

2015/03/05 17:46   【共同通信

まさか、【耕作放棄地などを診療所や商店といった生活に必要な施設の用地に転用しやすくする】って名目で、空家のみならず、空き地、農地にも「特例」を作って、固定資産税を上げ、その特例の定義を、空き地、農地にまで広げ、貧困と合わせて、土地・不動産を売らなければ生活できない状態にしようとしてないか? そして、アメリカでの家庭菜園禁止法ともつながり、社会共産主義化NWOへ自給自足を出来なくする目論みがあることも想定できる

マイナンバー制度、空き地特別措置法で私が言った読みが当たってたら、この改正案もそのような方向で調整されかねない

日本の国土が日本人のものでなくなってしまい、我々庶民は素っ裸にされ、NWOの流れに無抵抗になってしまう

この改正案も注視しなければいけない

マイナンバー制度、空き地特別措置法と同じ目的である可能性がある

 空き家の判断基準、「1年間を通じて使われていない状態」 それを「特定空き家」の判断基準とイコールとしたいのでしょう ~空き家対策特別措置法の意味

空き家対策特別措置法 〜「特定空き家=空き家」になったらどうなるか?

  • いいね! (410)
  • この記事の題材でまた読みたい! (322)
  • この記事を動画で見たい! (245)

集落活性化へ農地転用特例 地域再生法改正案 ~マイナンバー制度、空き地特別措置法と同じ目的である可能性がある」への2件のフィードバック

  1. nishiizu

    このままだと、いわゆる廃墟マニアが喜ぶ廃村だらけになってしまうのでは?
    私は幼いころ大自然に囲まれて育ちました。
    それが今では自然が消され、宅地造成されています。
    コンクリートジャングルは大嫌いです。
    せっかく若い世代が農業に関心を持ってきたのに、政府は農業壊滅に向けての
    政策を打ち出してきました。
    酷いことばかりします。
    B層の人間が、安倍さんは国内の犯罪者の朝鮮人を排除するために、戦ってくれていると信じてます。
    日本をダメにしたのも、児ポ法も民主党が悪いんだとのことです。
    1000兆円の借金の話をしても、日本は外国資産を数千兆円持っているから問題ないそうで・・・。
    説明しても覚醒しそうにないので、そういう方々は日本が破綻したときに気付いてくれればいいのかな、と思います。
    朝鮮人を排除しようとしてる奴が、北朝鮮宗教を崇拝し、似非右翼に祭り上げられてる現実・・・・。

    話がそれました。
    お金がない、子供たちは都会に出て行ってしまった、過疎化の進む農家の手付かずになった農地を転用してどうなると
    いうのでしょう?
    明らかにこれにも重税をかけようとしているのがバレバレじゃないですか?
    ばれないように支配するのが実力のあるテロリストだと思うのですが(ほめてない)。
    やはりユダ菌ダメリカCIAがまともに機能してないように思えます。
    日本を取り戻すのは日本人であり、自由民主党の中の「民」の一文字だけです。
    奴らはただの自由主党ですから。

  2.    

    おっしゃる通りであると私も思います。
    食料はモンサントのような企業で独占化してしまおうという目論見そのものでしょう。
    そしてさゆふらっとまうんど氏の読みどおりになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA