売国行為への責任を二分する為に、年金運用法人の理事2人 整備法改正案を閣議決定


社保審年金部会、15日午後にGPIFガバナンス改革の議論開始へ年金運用法人の理事2人に 整備法改正案を閣議決定

2015/02/24 09:11   【共同通信】

 政府は24日、公的年金を市場運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の理事を1人増やして2人体制とすることを柱とした厚生労働省所管の独立行政法人の整備法改正案を閣議決定した。今国会に提出、3月中の成立を目指す。

 組織トップの理事長に権限や責任が集中しているため、2人の理事で支える仕組みに改め、組織体制を強化する。

 2015年度から「運用担当理事」「総務担当理事」を設置。運用担当は1月に理事に就任した水野弘道氏を充て、総務担当は厚労省から出向させる方針だ。



 

売国行為を働く際に責任者が一人だと、一生当時の責任者一人に売国奴のレッテルが貼られてしまい 未来永劫、子孫が売国奴のレッテルを貼られてしまうと危惧する売国奴がいます

よって売国役を進んで買って出る売国奴は、そうそういない

しかし責任者を2人にすることによって、売国的決定をしても、言った言わないの水掛け論にしたり、お互いに罪をなする付けたり、責任を分割してフィフティーフィフティーにしたり、真実が見えなくする事が可能である

つまり、責任追及を一点に集中させない為の改正案であり

売国奴に低いハードルを設け、売国奴に優く、売国奴の為の改正案です

年金を献上する気満々です

悪魔は目的を進める為に売国する環境も整えます

今後も責任者が見えづらく、誰に責任追及していいのだかわからなくさせる為の法整備が続くものと考えます

 

  • いいね! (545)
  • この記事の題材でまた読みたい! (459)
  • この記事を動画で見たい! (388)

売国行為への責任を二分する為に、年金運用法人の理事2人 整備法改正案を閣議決定」への3件のフィードバック

  1. nishiizu

    売国奴の売国奴による売国奴のための改悪案。
    国民の大切な年金をバクチ遊びしながら、ユダ菌に捧げる売国奴。

  2. nishiizu

    テレビのニュースを見ると、改革、改革とうるさいですね。
    改革じゃなくて改竄だろー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA