田母神氏の事務所スタッフが政治資金を私的流用? この問題まさか、あれに関係してないよね?


WS001285田母神氏の事務所スタッフが政治資金を私的流用か

産経新聞 2月19日(木)7時55分配信

 昨年2月の東京都知事選や12月の衆院選に出馬した元航空幕僚長の田母神俊雄氏(66)の事務所で、寄付などにより集まった1億数千万円の政治資金のうち、一部が使途不明となっていることが18日、事務所関係者への取材で分かった。関係者によると、事務所スタッフが遊興費や生活費として私的流用した疑いがある。田母神氏は近く都内で記者会見を開き、経緯を説明する。

 都知事選で選対本部長を務めたテレビ番組制作・衛星放送会社「日本文化チャンネル桜」の水島総(さとる)社長(65)は18日、産経新聞の取材に応じ、「都知事選後に約1億円が使途不明となっている。厳しい生活を送る年金生活者からの寄付もあり、(田母神氏は)きちんと国民に明らかにしないといけない」と話した。

 事務所関係者は使途不明金の存在を認め、「現在、流用した疑いのあるスタッフと弁済について話し合っている。使途不明金が選挙で買収などに使われたことは一切ない」と説明した。

 田母神氏は航空幕僚長を経て、平成20年に評論家に転身。昨年2月の都知事選と12月の衆院選に出馬したが、落選した。


田母神氏の政治資金、会計責任者が3千万円流用

読売新聞 2月19日(木)11時44分配信

 元航空幕僚長の田母神俊雄氏(66)は19日、東京都内で記者会見を開き、自分が代表を務める「田母神としおの会」(東京都港区)が寄付などで集めた政治資金約1億4000万円のうち、会計責任者を務める50歳代の男性が、少なくとも3000万円を私的に流用していたと明らかにした。

 田母神氏によると、昨年12月の衆院選後に、印刷会社などから未払いの指摘があったことから、今年1月から調査を開始。今月になって、男性が遊興費や生活費に流用したと認めたという。男性は昨年1月から会計責任者を務めている。

 田母神氏は「監督不行き届きでこのような事態を招き、寄付をいただいた方には申し訳ない」と陳謝した。男性は返済の意思を示しているが、できない場合は刑事告訴する方針という。


 

↓これです

自衛隊員はマジな戦地に送られる前に、米軍が撤退しエボラ蔓延偽装が終了した「西アフリカ」に行きたいようです より

エボラ対策で陸自派遣を検討 西アフリカに400人規模

朝日新聞デジタル 2月18日(水)15時6分配信

 エボラ出血熱の猛威がやまない西アフリカのシエラレオネに向けて、防衛省が陸上自衛隊の輸送部隊を現地に派遣する検討に入った。同省幹部が明らかにした。陸自の輸送部隊が現地で医師や物資の輸送を担うほか、海上自衛隊の輸送艦と補給艦も西アフリカ沖に展開して陸自隊員の拠点とし、派遣隊員は全体で400人規模とする案だ。

 防衛省幹部は18日に計画の詳細について首相官邸に報告した。官邸は「自衛隊を出す必要があるのか」と消極的で、実際に派遣されるかどうかは不透明だ。

 エボラ出血熱対策をめぐっては、安倍晋三首相が昨年9月の国連総会で、防護服50万着をアフリカの現地に供与する方針を発表。これを受けて、10月に民間機により2万着がリベリアとシエラレオネに運ばれた。

 その後、自衛隊機も輸送に乗り出し、昨年12月上旬、航空自衛隊のKC767空中給油・輸送機を使って、医療関係者が使うガウン、手袋、マスクなど防護服関連物資の一部を西アフリカのガーナへ運んだ。この時は国際緊急援助隊派遣法に基づき、自衛隊に国際緊急援助空輸隊が組織され、エボラ出血熱対応で初めて自衛隊が海外派遣された。

 今回は初めて、陸自の輸送部隊を西アフリカの現地に派遣する計画だ。シエラレオネではすでにエボラ出血熱により3千人を超える死者が出ており、防衛省は防護服を提供するだけでは貢献が足りないと判断。自衛隊員が現地に入り、医師や物資の輸送に当たる必要があると判断した。


自衛隊が政府方針と違うことを独自にして、マスコミまで報じちゃったから
自衛隊に強いパイプを持つ「自称イイ人\(^◇^)/.田母神元幕僚長」と関係をしていたことで「勝手なことしてるんじゃないぞ!」っていう牽制じゃないよね?

問題化の裁量もちょうどいい感じです 完全に首を落とす感じでもない酌量の余地を残して、すぐに消える問題的な感じがね

完全にスタッフのせいにできて田母神の責任は問われない格好なのです

そして上記エボラ記事は政府方針とは違う記事であり、しかもそれが防衛省の独自の派遣を検討し追行しようと記事にまでなるということは、かなり注目すべき事なのです

防衛省官僚のちょうどいい年齢の自衛隊所属エリート子息達を恒久法案で戦地に送る前に、安全な西アフリカにエボラ支援の理由で送る為の上記記事であり その防衛省独自の行動に政府は難色を示した

それが400人規模じゃなくなったら、ジャパンハンドラーのシナリオが実現できなくなる可能性を秘めるからです もう、恒久法案成立後の自衛隊の利用方法はすでに決まっているのです
自衛隊員はマジな戦地に送られる前に、米軍が撤退しエボラ蔓延偽装が終了した「西アフリカ」に行きたいようです

「防衛省へ勝手なことしてるんじゃないぞ!」と。
それを牽制するため田母神スキャンダルなら

逆に内輪もめも出てきそうですね
安倍が防衛省を裏切る格好になったわけですからね

内輪をコントロールできなくなって内部不満が爆発して・・・

楽しみです^^

防衛省 VS シオニスト 良い構図です

あまりにタイミングが良すぎたんで、これは完全に可能性の話です 確信は持っていません

今後の注視が必要です。





  • いいね! (89)
  • この記事の題材でまた読みたい! (18)
  • この記事を動画で見たい! (7)

田母神氏の事務所スタッフが政治資金を私的流用? この問題まさか、あれに関係してないよね?」への9件のフィードバック

  1. なな

    完全にスタッフのせいにできて
    田母神の責任は問われない格好…その通り!
    なんか胡散臭い。これまた茶番劇では?
    この騒動で変わった事…「田母神」でググった時、

    田母神・湯川の関係だの
    田母神・後藤炎上だのばかりだったのが
    目立たなくなった。

    ひとつ騒動でっち上げて
    田母神と人質事件の関係を風化させる作戦と見た!

  2. shinshin

    私がこの、さゆ様の記事を見て思うことは日本という国の中においても考えが統一されておらず、バラバラであると感じることです。考えられそうなことは防衛省のバックについている多分おそらく、旧帝国時代の財閥関係者か本当の意味での右翼、つまり極右と呼ばれる人たちが暗躍していてそれが内輪もめにつながってるのではないでしょうか?
    勿論、おそらく彼らの目的は基本理念に最終的には日本の独立、つまり日米安保の解消が目的にあるのではないでしょうか?極右の理想とはそういったものであると思います。
    つまるところ彼らにとっての軍拡は日本独立、文化防衛、の為のものである感じます。また、旧財閥にとっては商業独立の目的もあるはずです。
    私は、本当の右翼の人たちにはがんばっていただきたいと思ってます。ネトウヨじゃなくて。
    ネトウヨあれは、完全にアメリカ新保守のプロパガンダですよ。多分。

  3. 匿名

    3番目にコメントされている方へ

    尊王攘夷はどうですかね?
    (今現在は、方向が、極右の方々と同じなので、利用する) にしかならないと思う。
    そのまま行けば、必ず攘夷は戦争えと向かうでしょう。
    攘夷とは、つまり、差別だと思います。
    この差別は戦争を起こします。

    そうではなく平和であることが、目的です。
    アメリカが作ったと言いますが、私の読んだ本ですと、アメリカはそこまでしなくてもといったようです。
    しかし、侵略戦争を起し、敗戦したから、不戦を誓う
    こうして憲法9条ができたとありました。

    なんとも日本人らしいと思いますね。
    現代の右翼の方は、憲法改正反対なのでしょうか?

    右翼と呼ばれる人たちの思想は、今現在どうなのか、わかりませんが、あくまで、日本人であることの誇りをもち、外国に対しても堂々とあるべきだ。ここは同じです。

    ですが、結局戦争へと向かうなら力は借りれませんし、応援もできません。
    こう考えます。

    「田母神氏の事務所スタッフが政治資金を私的流用? この問題まさか、あれに関係してないよね?」
    とは関係ないコメントすいません。

  4. shinshin

    人が人足りえる為には、自分のアイデンティティ、考え、主体性のようなものが必要と考えます。それが人の心です。
    それがなければ、人に思いやりや暖かさを求めることはできないでしょう。
    その考え、心を持ちえる為には人間的自立が絶対必要と考えます。その為の日本の真の独立と考えます。
    ですが今の右翼と呼ばれる人たちにはそういった心をあまり感じません。

  5. 匿名

    shinshinさん
    私は、平和であることを一番に望みます。
    自立は立派なことだと思いますが、目的のためなら手段を選ばずは、気持ちはわからないこともないですが、結局平和維持がより困難になると思います。
    自立のために血を流して戦う これもまた違うと思います。
    shinshinさんを攻撃することが、目的ではなく、ブレない考えがいると思います。
    平和を非暴力で維持する。今の日本では政権さえ変われば、可能だと信じます。
    私の言うブレとは、コレのことです。
    平和のためには集団的自衛権は必要だという人のほとんどは、暴力で平和をもぎ取ろうとしていますね?
    ここが、間違いの始まりだと思います。
    武器も原則輸出できるようにしたようですが、国内で武器を製造する。いずれ、国内に流出する日が来るでしょう。
    武器を手に、犯罪が行われ、犠牲が出る。犠牲者遺族が武器をてに、、、、、
    これが続けば、日本でも内戦 時代は一気に戦国の世に逆戻りです。決して大げさではないと思いますよ。
    アメリカは、力で力を抑える国ですが、法治国家 日本ではどうでしょう。
    そうまでして独立が必要でしょうか?

    ほんとに今考えなければならないのは、独立ではなく、戦争しない国を今からでも、取り戻す方向に向かわせることだと思う。
    国民投票や選挙 何ができるのかを考えることだと思うのです。

    shinshinさん否定的になり、スミマセンが、平和に向かう気持ちは同じと信じます。
    平和を願う気持ちに異論はありません。

  6. f.m

    田母神氏は以前クーデターを起こそうとして未然に阻止されたらしいので、また何か画策しているのかと思いました。

  7. shinshin

    精神的自立、精神的成熟がなければ人間は戦争を繰り返すのだと思います。
    その為の、日本の米からの独立です。米の管理下では絶対に国民の精神的独立は無理であると感じます。
    人から奪い合うのではなくて、他のところに生きがいを見つけることが大切であると感じます。
    今に状態で、米一国なくなったところでまた次の日から別の国々が世界を支配しようとするのが現実でありであると思うので、我々は今人間の根っこにある心の話をしなくてはいけないと感じるんです。
    重ねて言いますが、今、米ユダヤが消えたところで他の国が同じこと繰り返すだけだと感じるんですよ。だから我々は今日本人の心の話、世界の人の心に響くような考えを持って発信しなくてはいけないと思うんです。
    左翼だから敵、右翼だから敵というのは本当にナンセンスです。もうやめたいです。

  8. shinshin

    人は何故殺してわいけないか答えられるよう。精神的自律、成熟は必要なものです。それがなければ真の平和はないと感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA