【さとうきび西川】さすが犯罪者集団安倍内閣!「返せば(法律を違反しても)問題ない。」


d4bb15ce<西川農相>砂糖業界の献金「職責にかんがみ返金」

毎日新聞 2月17日(火)10時54分配信

 西川公也農相の政党支部が2013年7月、砂糖メーカーの団体「精糖工業会」(東京都千代田区)の運営するビル管理会社「精糖工業会館」(同)から100万円の献金を受けていた問題で、西川氏は17日の閣議後記者会見で「農相という職責にかんがみて、いささかも疑問を持たれないように、今朝、返金した」と述べた。

 精糖工業会は同年3月、農水省の「さとうきび等安定生産体制緊急確立事業」で13億円の補助金交付が決まっていた。政治資金規正法は国の補助金の交付決定から1年間の政治献金を禁じている。

 西川氏は「昨日の(毎日新聞の)取材で初めて知った」と説明したうえで「精糖工業会と会館は別法人でもあるし、法人格が別であるから、(会館への)補助金等の交付もないということであって、違法性はない」との認識を示した。【田口雅士】


西川農水相献金「問題ない」=安倍首相

参院本会議で答弁する安倍晋三首相=17日午前、国会内

 

 安倍晋三首相は17日午前の参院本会議で、西川公也農林水産相が国の補助金を受けた企業から献金を受領していた問題について、「政治資金規正法上、問題ない」と明言した。その上で、「西川氏には、農協改革をはじめとする諸課題について引き続き職務にまい進してほしい」と述べた。民主党の郡司彰参院議員会長への答弁。
 一方で首相は、「政治資金については、政治家としての責任を自覚し、国民に不信を持たれないよう、常に襟を正し、説明責任を果たしていかなければならない」とも語った。 (2015/02/17-11:46)


返金すれば、それが法に触れる事であっても問題ないようです

つまり

「万引きをしても、返せば問題ない」

「銀行強盗をしても、返金すれば問題ない」

そうゆう発想の犯罪者集団。

バレなければ良い。と言うことすら超えて、バレても返せばよい

それが安倍不正選挙クーデター犯罪者内閣です

その行為自体が犯罪ということを理解出来ない様です

最後に一応言っておきますが、政治資金規正法では、企業からの献金を政治家個人が受ける事は犯罪であり、もちろん罰則があります

以下 政治資金規正法 第6条 罰則


政治資金規正法

(昭和二十三年七月二十九日法律第百九十四号)

第六章 罰則

第二十三条  政治団体が第八条の規定に違反して寄附を受け又は支出をしたときは、当該政治団体の役職員又は構成員として当該違反行為をした者は、五年以下の禁錮又は百万円以下の罰金に処する。

第二十四条  次の各号の一に該当する者(会社、政治団体その他の団体(以下この章において「団体」という。)にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)は、三年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

 第九条の規定に違反して会計帳簿を備えず、又は同条、第十八条第三項若しくは第十九条の四の規定に違反して第九条第一項の会計帳簿に記載すべき事項の記載をせず、若しくはこれに虚偽の記入をした者

 第十条の規定に違反して明細書の提出をせず、又はこれに記載すべき事項の記載をせず、若しくはこれに虚偽の記入をした者

 第十一条の規定に違反して領収書等を徴せず、若しくはこれを送付せず、又はこれに虚偽の記入をした者

 第十六条第一項(第十九条の十一第二項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)の規定に違反して会計帳簿、明細書、領収書等、領収書等を徴し難かつた支出の明細書等又は振込明細書を保存しない者

 第十六条第一項(第十九条の十一第二項の規定により読み替えて適用する場合を含む。)の規定により保存すべき会計帳簿、明細書、領収書等、領収書等を徴し難かつた支出の明細書等又は振込明細書に虚偽の記入をした者

 第十五条の規定による引継ぎをしない者

 第三十一条の規定により求められた説明を拒み、若しくは虚偽の説明をし、又は同条の規定による命令に違反して同条の報告書等の訂正を拒み、若しくはこれらに虚偽の訂正をした者

第二十五条  次の各号の一に該当する者は、五年以下の禁錮又は百万円以下の罰金に処する。

 第十二条又は第十七条の規定に違反して報告書又はこれに併せて提出すべき書面の提出をしなかつた者

一の二  第十九条の十四の規定に違反して、政治資金監査報告書の提出をしなかつた者

 第十二条、第十七条、第十八条第四項又は第十九条の五の規定に違反して第十二条第一項若しくは第十七条第一項の報告書又はこれに併せて提出すべき書面に記載すべき事項の記載をしなかつた者

 第十二条第一項若しくは第十七条第一項の報告書又はこれに併せて提出すべき書面に虚偽の記入をした者

 前項の場合(第十七条の規定に係る違反の場合を除く。)において、政治団体の代表者が当該政治団体の会計責任者の選任及び監督について相当の注意を怠つたときは、五十万円以下の罰金に処する。

第二十六条  次の各号の一に該当する者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)は、一年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

 第二十一条第一項、第二十一条の二第一項、第二十一条の三第一項及び第二項若しくは第三項又は第二十二条第一項若しくは第二項の規定に違反して寄附をした者

 第二十一条第三項の規定に違反して寄附をすることを勧誘し、又は要求した者

 第二十二条の二の規定に違反して寄附を受けた者

第二十六条の二  次の各号の一に該当する者は、三年以下の禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

 第二十二条の三第一項又は第二項(これらの規定を同条第四項において準用する場合を含む。)の規定に違反して寄附をした会社その他の法人の役職員として当該違反行為をした者

 第二十二条の三第五項の規定に違反して寄附をすることを勧誘し、又は要求した者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

 第二十二条の三第六項、第二十二条の五第一項又は第二十二条の六第三項の規定に違反して寄附を受けた者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

 第二十二条の六第一項の規定に違反して寄附をした者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

 第二十二条の八第四項において準用する第二十二条の六第一項の規定に違反して対価の支払をした者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

 第二十二条の八第四項において準用する第二十二条の六第三項の規定に違反して対価の支払を受けた者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

第二十六条の三  次の各号の一に該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。

 第二十二条の四第一項の規定に違反して寄附をした会社の役職員として当該違反行為をした者

 第二十二条の四第二項の規定に違反して寄附を受けた者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

 第二十二条の八第一項の規定に違反して対価の支払を受けた者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

 第二十二条の八第二項の規定に違反して告知をしなかつた者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

 第二十二条の八第三項の規定に違反して対価の支払をした者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

第二十六条の四  次の各号の一に該当する者は、六月以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

 第二十二条の七第一項の規定に違反して寄附のあつせんに係る行為をした者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

 第二十二条の八第四項において準用する第二十二条の七第一項の規定に違反して対価の支払のあつせんに係る行為をした者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

 第二十二条の九第一項の規定に違反して政治活動に関する寄附を求め、若しくは受け、若しくは自己以外の者がする政治活動に関する寄附に関与し、又は政治資金パーティーに対価を支払つて参加することを求め、若しくは政治資金パーティーの対価の支払を受け、若しくは自己以外の者がするこれらの行為に関与した者

 第二十二条の九第二項の規定に違反して同条第一項各号に掲げる国若しくは地方公共団体の公務員又は特定独立行政法人若しくは特定地方独立行政法人の職員に対し同項の規定により当該公務員又は職員がしてはならない行為をすることを求めた者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)

第二十六条の五  次の各号の一に該当する者(団体にあつては、その役職員又は構成員として当該違反行為をした者)は、二十万円以下の罰金に処する。

 第二十二条の七第二項の規定に違反して寄附を集めた者

 第二十二条の八第四項において準用する第二十二条の七第二項の規定に違反して対価として支払われる金銭等を集めた者

第二十六条の六  第十九条の十三第三項の政治資金監査報告書に虚偽の記載をした者は、三十万円以下の罰金に処する。

第二十六条の七  第十九条の二十八又は第十九条の三十二第七項の規定に違反して秘密を漏らした者は、一年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

第二十七条  第二十三条、第二十四条、第二十五条第一項、第二十六条、第二十六条の二及び第二十六条の四の罪を犯した者には、情状により、禁錮及び罰金を併科することができる。

 重大な過失により、第二十四条及び第二十五条第一項の罪を犯した者も、これを処罰するものとする。ただし、裁判所は、情状により、その刑を減軽することができる。

第二十八条  第二十三条から第二十六条の五まで及び前条第二項の罪を犯し罰金の刑に処せられた者は、その裁判が確定した日から五年間(刑の執行猶予の言渡しを受けた者については、その裁判が確定した日から刑の執行を受けることがなくなるまでの間)、公職選挙法 に規定する選挙権及び被選挙権を有しない。

 第二十三条、第二十四条、第二十五条第一項、第二十六条、第二十六条の二、第二十六条の四及び前条第二項の罪を犯し禁錮の刑に処せられた者は、その裁判が確定した日から刑の執行を終わるまでの間若しくは刑の時効による場合を除くほか刑の執行の免除を受けるまでの間及びその後五年間又はその裁判が確定した日から刑の執行を受けることがなくなるまでの間、公職選挙法 に規定する選挙権及び被選挙権を有しない。

 裁判所は、情状により、刑の言渡しと同時に、第一項に規定する者に対し同項の五年間若しくは刑の執行猶予中の期間について選挙権及び被選挙権を有しない旨の規定を適用せず、若しくはその期間のうちこれを適用すべき期間を短縮する旨を宣告し、又は前項に規定する者に対し同項の五年間若しくは刑の執行猶予の言渡しを受けた場合にあつてはその執行猶予中の期間のうち選挙権及び被選挙権を有しない旨の規定を適用すべき期間を短縮する旨を宣告することができる。

 公職選挙法第十一条第三項 の規定は、前三項の規定により選挙権及び被選挙権を有しなくなるべき事由が生じ、又はその事由がなくなつたときについて準用する。この場合において、同条第三項 中「第一項 又は第二百五十二条 」とあるのは、「政治資金規正法第二十八条」と読み替えるものとする。

第二十八条の二  第二十三条、第二十六条第三号、第二十六条の二第三号、第二十六条の三第二号及び第二十六条の四第三号の規定の違反行為により受けた寄附に係る財産上の利益(第二十二条の六第四項に規定する寄附に係る金銭又は物品を除く。)は、没収する。その全部又は一部を没収することができないときは、その価額を追徴する。

第二十八条の三  団体の役職員又は構成員が、第二十三条及び第二十六条から第二十六条の五までの規定の違反行為をしたときは、その行為者を罰するほか、その団体に対して当該各条の罰金刑を科する。

 前項の規定により第二十三条の違反行為につき団体に罰金刑を科する場合における時効の期間は、同条の罪についての時効の期間による。

 法人でない団体について第一項の規定の適用がある場合には、その代表者がその訴訟行為につきその団体を代表するほか、法人を被告人又は被疑者とする場合の刑事訴訟に関する法律の規定を準用する。

  • いいね! (114)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

【さとうきび西川】さすが犯罪者集団安倍内閣!「返せば(法律を違反しても)問題ない。」」への7件のフィードバック

  1. 藤井朋美

    2013年の違法献金を、ヤバイと思って今朝返したから良いだろう、と…?
    総理大臣も「問題無い」と…?
    もはや人間としての最低ラインにも至っていない、田舎者のクレクレじいさんどもがさ、何やったところで信用出来ませんね。
    辞めて貰いましょう。
    被選挙権も永久剥奪でお願いします。

  2. はっぱ

    こんにちは、いつも情報ありがとうございます。
    最近主人が在宅中にガスのスマートメーターが取り付けられてより、強い耳鳴りと不眠に悩まされ、もう限界と思い昨日撤去してもらいました。 無線ランよりもかなり強い耳鳴りです。近隣に取り付けても影響が有るそうです。さゆふらっとさんにスマートメーターの情報をアップして頂けたらと思いメールします。電磁波過敏症者にとってこんなに恐いものとは知りませんでした。宜しくお願い致します。
    (参考)
    いとうゆきこさんのブログより
    人生を壊す、家庭用無線検針器(スマートメーター)

    2015年01月12日 08時04分50秒 | 日記
    政府によって《日本中の家庭に設置が予定されている》新型の無線の電気検針器
    (スマートメーター)。
    その怖さについては、マスコミは殆ど報じません。
    すでに設置された外国では、あまりの酷さに、デモや反対運動が起きているのに、、、。
    スマートメーターについては、身近な人に、知っているかと尋ねても、
    ほとんどの人が知りませんでした。
    わざと知らされていないと言うべきかも、、。
    このままでは、怖さを知らないので電力会社に設置されても平気でしょう。
    むしろ、検針する人員の削減となり、使用量もすぐ分かるのでエコで、
    良い事ばかりですよ、と電力会社に言われて
    喜んで設置する人も多いと思います。
    ですが、このメーターを安易に設置すれば、
    脳や体に取り返しのつかない大変なダメージが与えられてしまいます。
    何とかそういう事が広く知れ渡って、
    この危険なメーターが設置されないようにと願うばかりです。

  3.    

    国民の代表である上に立つ人が嘘を付いたり犯罪を犯すことで一般国民を混沌に落とし入れ犯罪を誘発しようとする作戦ではないでしょうか。まさにクーデター犯罪者内閣ですね。
    彼らのやることは悪の見本として影響されないようにしようと思います。

  4. 凶育反対

    このように馬鹿の一つ覚えのように規範意識や道徳と振りかざす
    安倍晋三及び安倍偽内閣こそ規範意識や道徳が無いのです。

    こんな連中が飼い犬の自由同和会などを使って自治体や教育委員会に干渉し
    子育てマニュアルを発行させたり学校のきまりを作成したりしているのです。

    精糖工業会と言えばさとうきびの主要産地である奄美(種子島も多少あります)ですが
    田布施の鹿児島に属し藩政時代の奄美差別の人権団体、
    神戸の長田区の在日勢力など反日マイノリティー勢力の相乗りによって
    教育破壊が深刻過ぎる奄美がここでもまた出て来ましたか…

  5. 匿名

    憲法違反や、政治家は誰が取り締まるのでしょうか?
    安倍を解任させられないのは異常ですね。
    司法や警察もダメなら どうすればよいのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA