3Dプリンターで移植用臓器、大阪大など研究


bioprinter_800x600 jinnzou_shrink3Dプリンターで移植用臓器、大阪大など研究

読売新聞 1月14日(水)13時1分配信

 3D(3次元)プリンターなどを使って、移植用の人体組織や臓器を立体的に作製しようという再生医療の研究が、大阪大など5研究グループで始まった。

 世界的にまだ実用化していない技術で、日本が課題を克服すれば、再生医療で世界のトップに立つチャンスをつかめる。国はこの5グループに対し、2018年度までの5年間で、計25億円の研究費を投じ、支援する。  大阪大が取り組むのは、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心筋の細胞と、血管のもとになる細胞をブロックのように積み重ね、血管を持った心筋組織を作製する研究。合成樹脂を微小粒子状に噴き出して積み上げ、思い通りの立体を生み出す3Dプリンターの技術を利用し、細胞を迅速、精密に積み重ねる。

最終更新:1月14日(水)13時1分


ロシアではバイオプリンティングの臨床試験が今年3月に始まるんですよ?

日本では、まだ作成段階ですか?

STAP細胞をないことにしようとしたい勢力に屈している研究者組織では、最先端の研究なんてできなくて当たり前ですね。

しかも問題点が満載のiPS細胞を使うとか遅れてますね

STAP細胞を使いなさい。

えっ? STAP細胞はゴイムには、「ない」ということにマスコミを使って洗脳したけど

支配層の中では「STAP細胞と3Dプリンティング」の技術を享受できるように、拉致者や受刑者を使って臨床実験が近々行われる?

しかし、ロシアがどう、バイオプリンティング技術を大衆に享受するか様子見なので

医療戦略に乗り遅れないように、いちようIPS糞細胞を使って3Dプリンターで臓器の造形を作るくらいは研究させておく?

ロシアの出方を伺ってるのね

結局、後手後手だね

了解で~す

↓ まだ動物実験??? 遅!WS000974

  • いいね! (221)
  • この記事の題材でまた読みたい! (187)
  • この記事を動画で見たい! (191)

3Dプリンターで移植用臓器、大阪大など研究」への1件のフィードバック

  1. みさき

    隠しきれてないので、仕方なく小出しに見せているんでしょう。

    NISTEP REPORT;101
    http://data.nistep.go.jp/dspace/handle/11035/695

    を見ると、輩たちが日本でしようとしていることが少しですが、垣間見えますね。
    2025年までにマイクロチップ埋め込みとGMO食品のポジティブな理解と受け入れを目指しているらしいです。

    2025年と言えば・・・・色々何かユダヤも画策しているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA