生活保護受給者が月3484人も増える労働者貧困国、日本


IMGP1137生活保護世帯が最多更新 昨年10月、161万5千

 厚生労働省は7日、全国で生活保護を受けているのは昨年10月時点で161万5240世帯となり、過去最多を更新したと発表した。前月より3287世帯増えた。受給者数も前月比3484人増の216万8393人で過去2番目の多さだった。

 世帯別(一時的な保護停止を除く)では、65歳以上の高齢者世帯が76万1593世帯で全体の47%を占める。働ける世帯を含む「その他の世帯」は28万525世帯、母子世帯は10万8881世帯だった。

—–

生活保護受給者が月3287世帯、3484人も増える労働者貧困国、日本

年間にしたら約40000人ほど生活保護受給者が増えている事になる、順調に日本人の貧富差が激しくなり労働者階級の貧窮化が進んでいる事を如実に表している しかし日本国自体が貧窮化しているわけではなく、一部の利権者の富は拡大しているようだ よって、国民の大多数である労働者から利権者が富を搾取する格好になっている

そして政府は、この生活保護世帯増大による流れを生かし、財政の圧迫を理由に生活保護受給費用の削減を押し進めるだろう(私はベーシックインカムは可能だと思っている)

よって餓死者や、人間としての最低限の生活も送れない人が続出してしまう、特に介護が必要な家庭が介護を受けられないなど一番の煽りを受けてしまうだろう

政府の政策自体が日本を貧窮化させる為の政策を取っているので、この流れを止めるのは容易ではない

しかし私が今すぐ提案したい事は、心身共に生活を正し、心の掃除をさぼらず、心の整理整頓することで、心は決して貧困にならないという決意と気概を持ってもらいたい

テレビで貧乏家庭を巡るような番組見た事があるが、心まで貧しくなっている人を公共の電波で流すのが如何なものかと思う 金や物がないことと、心が貧しい事は別だ、金や物が無くても、心を豊かに保つ事は、心がけ一つで出来る。

いくら我々が悪魔に貧困に追いやられても、心だけは犯されずに、希望を胸にただひたすら邁進する以外に我々には選択肢は無いし それは金は物とは関係がなく、人が生きる術である

人間一人一人には、他者が決して犯す事の出来ない心を皆が持っているのだ

 

  • いいね! (224)
  • この記事の題材でまた読みたい! (153)
  • この記事を動画で見たい! (75)

関連記事

生活保護受給者が月3484人も増える労働者貧困国、日本」への2件のフィードバック

  1. 匿名

    そして最後のとどめのTPP締結が差し迫ってきています。TPPほどの売国行為は歴史上類を見ない売国行為になるでしょう。

  2. 北条時宗

    アベノミクスによって、日本経済・雇用を破壊し故意に生活保護受給者数を増やす。そこへ、ユダ金米国朝鮮裏社会と配下の傀儡政府・与党、厚労省、財務省がグルになって「財政が悪化している」事を理由にして生活保護費を削減。

    つまり、生活保護費削減の真の目的は
    1.生活に困窮する日本人(社会的弱者)を手を汚さずににして死んで貰う事
    2.破綻しつつあるユダ金米国の救済
    3.紙切れ寸前の基軸通貨米ドル防衛
    4.削減した生活保護関連予算は、ユダ金米国朝鮮裏社会(本家含む)と配下のゴロツキ達とで折半し生活費・活動資金等に使う

    私には関係が無いと仰る方へ
    生活保護受給者でない世帯も、生活保護費減額によって住民税非課税額が縮小され、課税の対象になります。

    ◆もはや他人事じゃ済まされない。生活保護引き下げの影響はこんなところにまで
    http://semizika.jp/seikatuhogo-hikisage-2544.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA