「消費税10%を先送りする」という名目で支出を防ぐ傀儡政府


news-syouhizei低所得者の年金上乗せ、先送りへ…政府方針

読売新聞 1月6日(火)7時16分配信

 消費税率10%への引き上げを前提に、政府が2015年度に行う予定だった社会保障充実策のうち、低所得者の年金への上乗せ給付や、年金受給資格の短縮などが1年半先送りされることになった。

 待機児童の解消などの子育て支援や難病患者への支援などは当初計画通り拡充する。

 当初計画通り15年10月に消費税率を10%に引き上げれば、社会保障充実分として15年度に1・8兆円程度が確保できるはずだった。

 しかし、増税が先送りになり、社会保障充実に回せるのは1・35兆円にとどまることになり、限られた財源の範囲内で優先順位を付ける。14日に閣議決定する15年度予算案に反映させる。

 消費税率8%への引き上げ時に「簡素な給付措置」として導入した低所得者向けの「臨時福祉給付金」は、減額したうえで継続する。

 14年4月から1人1万円(年金受給者は5000円上乗せ)を1回だけ支給しているが、15年10月からの1年分として6000円を支給する。増税を先送りする期間も負担軽減策が必要と判断し、約1500億円を計上する。

増税を先送りする。という名目での保障や給付のカットの正当化が後を絶ちません

消費税率を10%に引き上げれば、社会保障充実分として15年度に1・8兆円程度が確保できるはずだった。

とありますが、ウソです。国は増税しても税収は増えません
「増税する予定だったけど延期するから支出カット作戦」は、貧窮化への戦法なのです

よって今後も「増税する予定だったけど延期するから支出カット作戦」は続きそうです

増税10%を実行するより、今は延期するという名目で、貧窮化政策を進める理由付けにする方がより国民の首を絞められると、総合的に判断したのではないでしょうか

期間限定の延期ではないかという人もいるかもしれませんが、一度延期してしまえば、その後立ち消えにする事は「決定➡中止」よりも容易ですし、中止に追い込まれたという偽装工作や、理由付けは何かしら出来るはずです

結局、国民の為の増税延期ではないのです。

もちろん以前から言っている、急速に変化しすぎると、覚醒者を増やしてしまうからバレないようにスピード調節するという理由も無視出来ません

消費税率10%への再引き上げ延期するから、子育て給付金は来年度休止

なぜ安倍政権は解散して、消費増税10%を先送りするのか?

  • いいね! (44)
  • この記事の題材でまた読みたい! (14)
  • この記事を動画で見たい! (14)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA