オスカー君は元気のようです


img_0 (1)刺されていなかった…盲導犬オスカーは元気にしているのか

2014年12月29日

 埼玉県で7月、盲導犬のオスカー(オス8歳)が刺された事件。全国の怒声に押され、県警も30~40人の捜査員を投入するなど“犯人捜し”にシャカリキだった。

 ところが〈フォークで刺されたはずの盲導犬「実は刺されてなんか、いなかった」〉――一部週刊誌が11月に報じ、騒動はすっかり下火に。

「器物損壊容疑の捜査は継続中ですが、刺し傷と思われたのは、どうやら皮膚病の痕だったようです。当初からその可能性も指摘されていたのですが、マスコミが先走って騒動をあおりすぎた。オスカーを連れていた全盲の60代男性には何の罪もない。取材攻勢もあって精神的に参っている。ほとんど自宅にこもりきりと聞いています」(捜査事情通)

 もちろん、オスカーにも罪はない。今どうしているのか? オスカーを育てた盲導犬団体「アイメイト協会」に聞いてみた。

「どこで誰と一緒にいるかを含めて個人情報なので、答えられません。ただ、元気にはしていますよ」(広報担当者)

 何よりだ。

日刊ゲンダイさん、若者のツイートのような投げ遣りな記事ですねw

しかしオスカー君は元気のようですので良かったです

って、刺されたわけじゃないんだから元気で当たり前かw

それにしても、この事件は2014年のマスコミのとても分かりやすい、オーウンゴールになりました

「刺された 刺された」言って、ただの皮膚病だったのですからねw

しかし誤報であったことは、一切報じません 謝罪してもいいくらいですよ?

しかし さゆふらっとまうんどじゃーなる を見てた人は、みんな知っていました。

この事件おかしい!ってw

週刊誌で報道された、11月の2ヶ月前に私はアップロードしているのです

オスカー君は
マスコミは信憑性は関係なく、嘘でも過大に報じる特性があることを、
マスコミは真実を報じるわけではなく、我々は報道を疑って見なければいけないことを
そして、マスコミは分かりやすいウソをつくバカであることを 皆に気付かせてくれましたw

オスカー君。 2014年お疲れ様でした

良いお年を

 

盲導犬オスカー刺傷事件 傷跡は腫瘍だった?

盲導犬オスカー刺傷事件の目的

  • いいね! (53)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

オスカー君は元気のようです」への2件のフィードバック

  1. バカじゃないの!

    オスカー君げんきでなによりです!今度は、不正選挙かく乱に日本人エボラ騒動みたいですね^^。いいかげん飽き飽きしてるよ!バカな奴らですね。

  2. 噂タク

    動物の感情を読める人を呼んできてオスカー君にインタビューさせましょう。きっと『人間ってアホですわん』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA