サンゴ密漁問題、水産庁が資源への影響調査へ 補正予算案に必要経費を盛り込む


WS000682影響調査は「本当に偽中国船が採取した跡なのか?」それとも、「元から日本漁船の珊瑚漁で取りつくしたのでは無いのか?」が分かるのでしょうか?

「日中戦争の為の珊瑚密猟工作であり、影響調査」である可能性はないか?

そのような目でも我々は政府を監視しなければいけません

密漁船は、わざわざ中国国旗を掲げてきて、それらの漁船は一部しか中国に帰国してないのですからね

日中戦争の為に尖閣諸島を利用していたように、珊瑚密猟も同じ目的で利用される恐れがあります

 

【安倍内閣】サンゴ密漁対策法成立へ 罰金を最高3千万円に引き上げ

どこへ消えた?!サンゴ密漁船、中国帰港は一部のみ

小笠原海域にはもう宝石珊瑚は無い?なのになぜ中国船が入ってきているのか?

サンゴ密漁問題、水産庁が資源への影響調査へ

読売新聞 12月26日(金)9時29分配信

 東京・小笠原諸島周辺での中国漁船による「宝石サンゴ」の密漁問題で、水産庁は、サンゴ資源への影響を調査する方針を決めた。

 今年度の補正予算案に必要経費を盛り込む。

 調査では、同諸島周辺海域に水中カメラを沈め、遠隔操作で海底を写真撮影するなどしてサンゴが根元から折れたり、サンゴ用の網が残ったりしていないかを調べる。同庁は「結果を今後の資源管理に役立てたい」と説明している。

 また、同庁は、漁業取締船に、遠くの漁船に警告できる最新鋭の音響装置を装備して取り締まり態勢も強化する。

 中国の密漁船とみられる船は一時、200隻を超え、地元自治体などから調査を求める声が上がっていた。

  • いいね! (32)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA