動画【1214不正選挙】死角観覧席 船橋市開票所 選管、警察 VS さゆふらっとまうんど


1214船橋開票所 のコピー

【1214不正選挙】死角観覧席 船橋市開票所 選管、警察 VS さゆふらっとまうんど

  • いいね! (103)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

動画【1214不正選挙】死角観覧席 船橋市開票所 選管、警察 VS さゆふらっとまうんど」への9件のフィードバック

  1. 谷口智江

    なぜ2階で撮影することが、開票の邪魔になるのか船橋市の選管に説明してほしい。

  2. 美作菅家党

    船橋市議会議員の高橋宏さんも不正選挙追及に参戦です。
    この方は医療の闇を暴き、医療機関と論争をしている方です

    @takahirominfuna: 船橋市開票所での撮影動画です。確かに何故2階から見られないのか良く理解できませんね。調べてみます。http://t.co/VgpkIr6Gsr @YouTubeさんから

  3. 通りがけ

    @「東京都選管の印象だけでも、これだけおかしな部分がある。」
    http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_186.html#comment

    同一選挙区の各投票用紙の印象は必ず同一のものになります。たとえば小選挙区の投票用紙は必ずひとつの印象です。異なる印象が混在することはあり得ません。

    >「世田谷開票所の観覧記録をブログにあげました。」http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_179.html
    >「2014年12月14日衆院選「不正選挙」強行!開票所の各政党筆跡酷似票の撮影動画」http://richardkoshimizu.at.webry.info/201412/article_181.html
    のように開票した票に同一筆跡の疑いがあれば直ちに選管を公選法違反選挙妨害容疑で警察に告発して全投票用紙を選管の犯行の証拠として押収し、小選挙区の投票用紙の印象の一致性と投票用紙についた指紋を鑑定しましょう。「票書きの練習」ニセ票が大量に発見されます。

  4. 通りがけ

    さゆさんの腕をつかんだ男は何の法的根拠も無く他人の身体に直接暴力を加えた暴行傷害現行犯だね。警官だったら特別公務員暴行凌虐罪。公務員なら懲戒免職。
    ビデオに出てくる警官は明らかに特別公務員職権乱用罪現行犯。何の法的根拠も無いのに主権者国民の公共の場所での行動の自由という基本的人権を警官が自分勝手に規制制限することは、公務員身分なら憲法99条に違反する内乱罪です。自転車の若い女の子を取り囲んで暴行を加えた牛込署のごろつき警官7人といっしょに全員まとめて時効のない凶悪重大刑事犯罪内乱罪現行犯で警察庁と検察庁に告発すれば、告発受理を拒否することは憲法違反だからできないので、全員直ちに逮捕起訴有罪100%です。無期懲役以上死刑確定。
    情状酌量は自首自供犯人だけに適用されます。

  5. 通りがけ

    @橋下に関電から裏献金3千万!?http://nueq.exblog.jp/18942965/

    を参考にしてください。

  6. 通りがけ

    >さゆさんの腕をつかんだ男は何の法的根拠も無く他人の身体に直接暴力を加えた暴行傷害現行犯だね。警官だったら特別公務員暴行凌虐罪。公務員なら懲戒免職。

    この根拠となる憲法条文を示す。法庫よりhttp://www.houko.com/00/01/S21/000.HTM

    第17条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

    第18条 何人も、いかなる奴隷的拘束も受けない。又、犯罪に因る処罰の場合を除いては、その意に反する苦役に服させられない。

    第31条 何人も、法律の定める手続によらなければ、その生命若しくは自由を奪はれ、又はその他の刑罰を科せられない。

    第33条 何人も、現行犯として逮捕される場合を除いては、権限を有する司法官憲が発し、且つ理由となつてゐる犯罪を明示する令状によらなければ、逮捕されない。

    第34条 何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない。

    第35条 何人も、その住居、書類及び所持品について、侵入、捜索及び押収を受けることのない権利は、第33条の場合を除いては、正当な理由に基いて発せられ、且つ捜索する場所及び押収する物を明示する令状がなければ、侵されない。
    2 捜索又は押収は、権限を有する司法官憲が発する各別の令状により、これを行ふ。

    第36条 公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。

    ・・・

    憲法はとりあえずこの程度にしましょう。憲法違反警察の内乱罪犯行についてつづきはnueqさんのところなどに書いてます。
    橋下に関電から裏献金3千万!?
    http://nueq.exblog.jp/18942965/

  7. 通りがけ

    以上の憲法条文から、以前にさゆさんが取り上げた感染症防止法の改定「強制採血して検査できるようにする」が正真正銘バリバリの違憲立法であることが明らかになります。
    すなわちこの違憲立法を閣議決定した安倍内閣が違憲内閣であることが現行犯証明できましたw

  8. 通りがけ

    違憲立法審査権を一度も行使したことが無い日本奇形司法最高裁など税金泥棒の極致の「刑事」犯罪者に過ぎない。
    最高裁は憲法99条違反内乱罪で即全員逮捕投獄解体せにゃならんですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA