近隣に迷惑がかかるような、危険な空き家ってなに?


WS000839どうせ空き家に指定する基準が曖昧なのだろう

これはじいさん、ばあさんいじめ

じいさん、ばあさんに難癖つけて、土地資産を取り上げようとしているのではないか

ひどい話だ ↓

———–

役人 「おばあさん。こんなおんぼろの物件は他人に迷惑かけるんだよ? 台風来て 屋根が飛んでいって人に当たったら大変だからね 危険物件に指定するから 固定資産税6倍払ってね」

おばあさん 「月6万の年金収入だけだから、赤字でねぇ。。 貯金切り崩してなんとかやってるんですよ。 これ以上支出が増えたら。。」

役人 「じゃあ、土地を売れば? 固定資産もかからないし、上ものの解体費用も出るよ」

おばあさん 「人に迷惑かけるんだったら そうしようかね。」

その後、おばあさんが先祖代々守ってきた土地は

二束三文で、売り払い 土地を売った代金は、手続き費用と解体費用で消えていった

————–

おい、金融財閥!逆だよ

むしろ、所得に応じてでもいいから、修理費用を国が負担し、解体費用免除すべきだ!

国民を守るのが国の仕事だろうが! ふざけるな!

国家ぐるみの詐欺行為だ!

オレオレ詐欺の黒幕が国家であるのと一緒だ

~関連さゆ記事~

物価、消費税共に上がったのに、来年度「年金」は減るそうです

 

 

危険な空き家、撤去促進へ優遇見直し 固定資産税

2014/12/17 23:54

 政府・与党は倒壊などの恐れがある危険な空き家の撤去を促すため、固定資産税の優遇を見直す方針を固めた。住宅が建っている土地は税額が6分の1に軽減されているが、近隣に迷惑がかかるような空き家の場合は対象から外すことにする。2015年度の税制改正大綱に盛り込み、16年度からの実施をめざす。

 住宅の敷地の固定資産税は200平方メートルまで本来の6分の1に軽減される。空き家になっても軽減が続くため撤去せずに長期間放置されやすく、空き家が増える一因になっている。国内の全住宅に占める空き家の割合は13.5%まで高まった。

 政府・与党は空き家のなかでも屋根が飛んだり悪臭がしたりして周りに迷惑がかかる物件への優遇をやめる。今年11月に成立した空き家対策特別措置法に基づいて危険な空き家に指定されれば優遇の対象から外れる。

 固定資産税は1月1日時点の所有者に課される。危険な空き家の指定は15年に始まるとみられ、16年度の固定資産税から優遇がなくなる。

 

  • いいね! (435)
  • この記事の題材でまた読みたい! (376)
  • この記事を動画で見たい! (306)

近隣に迷惑がかかるような、危険な空き家ってなに?」への5件のフィードバック

  1. yiwai

    もう一つの可能性としては、

    空き家=「取り壊す必要アリ」の場合は、《裏社会と繋がりのある》解体業/解体業者を救済して儲けさせる為の手口、とも。なぜなら、廃品回収業に携わる人達はその筋の関係者が多いと聞くからであります。

    格差社会を拡大し、仲間だけが商売で生き残れるようにして、日本人を統制下に置く、という意図と方向性が見えます。

  2. yiwai

    部落問題・人権事典 のサイトより引用:
    『これらの収集・運搬・処理には被差別部落出身者がかかわる割合が高く,市町村が処理責任を負う一般廃棄物の収集には,①市町村の職員になって,一般家庭のごみを収集する業務、②市町村から委託を受けて,特定された地域のごみを収集する業務、③市町村から収集業の許可をもらい,ビル・商店などから排出される事業系一般廃棄物を主に収集する業務の3つの制度に関与している。また産業廃棄物に関しては,都道府県・保健所設置都市の許可を受け,収集・運搬・処理業務にかかわっている。』
    http://www.blhrri.org/jiten/index.php?%A1%F6%BB%F1%B8%BB%A5%EA%A5%B5%A5%A4%A5%AF%A5%EB

  3. hiroshi morimoto

    固定資産税そのものが、個人が購入したものに、毎年税金を取るのは、個人の土地を何年かで、取り上げるのと同じであり、民主主義ではなく、共産主義である。

  4. 通りがけ

    すべてさゆさんが云ったとおり。
    日本は明治伊藤博文廃仏毀釈内閣以来「泥棒官僚天国」であり西洋のユダヤフリーメーソン詐欺略奪殺人土地囲い込み資本主義カルト悪魔が泥棒官僚の正体である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA