【日本貧窮化へ】「夫婦控除」を検討…妻「103万円」規定撤廃


WS000800扶養控除廃止!

というと、イメージが悪いので

「夫婦控除」という名の新制度を導入して、扶養控除を実質廃止するようです

姑息な詐欺師犯罪者集団ですね

日本の貧窮化させる為の悪制度です

結婚させない 子供生ませない 家族介護しかさせない

安倍内閣の成長戦略「女性の活躍推進」は戦争の為の晩婚少子、兵士に代わる労働力拡大が目的

「夫婦控除」を検討…妻「103万円」規定撤廃

読売新聞 12月14日(日)10時24分配信

 政府は、専業主婦やパートの妻がいる世帯の所得税と個人住民税を軽くする「配偶者控除」を見直し、新たに妻の収入にかかわらず一定額を夫の所得から差し引く「夫婦控除」を導入する検討に入った。

 新制度は女性の社会進出を支援するのが狙いで、配偶者控除の対象となる「年収103万円以下」の規定は撤廃されることになる。

 2015年度税制改正大綱に配偶者控除の廃止方針を盛り込み、16年度以降に新制度を導入する考えだ。

 配偶者控除は、妻の年間所得が38万円以下(給与なら年収103万円以下)だと、夫の課税対象となる所得から38万円(住民税は33万円)が差し引かれ、所得税と住民税の納税額が減る仕組みだ。約1400万人に適用されている。安倍首相が3月に見直しを指示していた。

  • いいね! (266)
  • この記事の題材でまた読みたい! (243)
  • この記事を動画で見たい! (175)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA