スマホは盗聴器であると、エドワード・スノーデン氏が言っています


電磁波わたしも、電磁波やネットワークの情報に触れて、このことに気付きました

盗聴だけではありません。

電磁波攻撃は人体を操る、つまり脳を支配することが出来るのです

それを実現させる為には

みんなが当たり前に持つもので

常に身近に置くもの

電磁波の送受信が出来

支配者が電源供給しなくても各々が供給し(充電)

高性能端末のリリースが合ると各自が買い換える

つまりスマホを使うのが一番なのです

おまけにGPSもカメラも付いて、

通信費、本体代金を各自が負担してますよ^^

スマホから、ある特定周波数の電磁波を人体に照射することで脳を操り、人民を監視する

こんな社会を作ることは、もはや夢ではないところまで来ているのです

日本列島はもう基地局の整備によって電磁波で覆いつくされているのです

私はもちろんスマホを持っていません

【スマホの繋がり】

スマホ所有者

基地局

通信会社

国家権力

NWO

スノーデン氏、モスクワではiPhoneは捨てた

スノーデン氏、モスクワではiPhoneは捨てた

米中央情報局(CIA)元職員のエドワード・スノーデン氏はモスクワの生活について、米国でのそれと唯一異なるのはiPhoneを使わなくなったことと語った。

10日、スノーデン氏は国際人権擁護組織アムネスティー・インターナショナルの実施したモスクワとパリをつなぐビデオ会議に参加した。

スノーデン氏は司会者からの問いに、「生活は上々。普通の生活を送っています。モスクワの地下鉄にも乗っていますよ。前の生活と唯一違う点はiPhoneを使わないということだけです」と答えている。

スノーデン氏は、ウェブ・スタンダード開発のプロジェクトに多くの時間を指しているとして、次のように語っている。

「問題なのは国家安全保障ではなく、ひとつの例外もなく万人の会話を盗聴するプログラムが作られていることだ。今、問題なのは、何らかの容疑を抱える人物の会話が盗聴されているのではなく、常時、万人が追跡されている状態にあるということだ。」
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_11/281165134/

電磁波の危険を隠蔽する理由

携帯電話の使い方 〜電磁波を防ぐ

電磁波測定 〜PCデスク周辺編 その1

電磁波測定 〜PCデスク周辺編 その2





  • いいね! (39)
  • この記事の題材でまた読みたい! (5)
  • この記事を動画で見たい! (4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA