どこへ消えた?!サンゴ密漁船、中国帰港は一部のみ


珊瑚密漁船が消えたらしいです

しかも、中国船なのに中国への帰港は一部のみのようです。

さてどこに消えたか?

↓ ここでしょ~20110103112808b9920120822123355
尖閣諸島に帰ったわけじゃないですよ?w

つまり台湾の日中関係破壊工作員の仕業これが珊瑚密漁の正体でしょう

尖閣諸島に上陸して中国国旗を掲げた台湾工作員と同じ組織の犯行

だってなんで漁船番号、漁船名は偽証してわざわざ中国国旗をつけてるんだよw

WS000682

分かりやすい奴らだね

珊瑚がない小笠原諸島にわざわざ何百万の燃料費をかけてくるんだからね

どこから資金を得ているんですか? 日中戦争起したい奴らからでしょ?ってこと

よって、宝石珊瑚密猟漁船は中国には帰らず、台湾に帰りました

だから中国帰港は一部のみ

台湾人、日中関係破壊工作員の仕業でした~

小笠原海域にはもう宝石珊瑚は無い?なのになぜ中国船が入ってきているのか?

【安倍内閣】サンゴ密漁対策法成立へ 罰金を最高3千万円に引き上げ

どこへ消えたサンゴ密漁船、中国帰港は一部のみ

読売新聞 11月28日(金)7時33分配信

 東京・小笠原諸島の周辺海域などで希少な「宝石サンゴ」を密漁していた中国漁船は、海上保安庁の取り締まり強化に伴い、同海域から姿を消した。

 だが、中国の漁港に戻るのは一部とみられ、大半は行方がつかめない。中国当局は摘発姿勢を強調するが、どこまで真剣に取り組んでいるのか実態は不透明だ。

 ◆警告

 多数のサンゴ密漁船が日本海域に出ていた福建省霞浦県。「サンゴ漁船の一部が戻った。船長も拘束されたようだ」。複数の漁民らはそう語った。漁港には船体から船名が消された漁船4隻を含む中型船10隻が並ぶ。数隻の側面には大型の重りを落とすサンゴ漁船に特徴的な傷やさびが目立つ。

 霞浦県では、11月15日までに帰港しなければ厳罰に処するとの当局の警告があり、一部の漁船が応じたようだ。ただ、サンゴ漁船数十隻が出港した浙江省象山県でも呼び戻しを進めてきたが、当局者によると、漁船はほとんど帰港していない。

 ◆偽装

 関係者によると、密漁船は船名を消したり、偽装したりすることが一般的だ。漁船の位置情報を自動的に送る装置も意図的に外されている。中国は海岸線が長く、無人島も多い。ひそかに隠れている可能性もある。

 浙江省の当局者によると、同省舟山で11月13日、不審な漁船1隻が見つかり、関係当局が調べている。だが、サンゴを採る網はなく、密漁船と断定する決め手がないという。これまで同省当局者は「船が戻れば厳しく処分し、再発防止のため漁船を破壊する」と明言していた。だが、密漁船は証拠隠滅を図るため、「証拠がなければ、船も人も処分できない」と打ち明ける。

 ◆売買

 漁民やサンゴ販売業者によると、漁民が採ったサンゴは中国各地で「闇」で売買されている。主な販売先として台湾の名前も挙がる。

 台湾北東部のサンゴ販売店の経営者は今年だけで5回、中国の闇業者から加工前のサンゴの購入を持ちかけられた。11月20日頃にも、サンゴの写真がスマートフォンの無料通話アプリを通じて送られてきた。連絡先は中国だった。経営者は写真を示し、「色や品質から日本の海域で採ったものに間違いない」と言い切った。

 台湾でサンゴに詳しい関係者によると、誘いに応じて福建省に買いに行き、密輸入したものの、悪質なサンゴをつかまされ、大損した事例もある。こうした販売ルートの摘発はあまり進んでいないのが現状だ。(福建省霞浦県 鈴木隆弘、写真も)

最終更新:11月28日(金)7時33分

 

  • いいね! (19)
  • この記事の題材でまた読みたい! (4)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA