【拡散にも罰則】 リベンジポルノ取り締まり強化法案が衆院通過


WS000658 WS000659「性的」の概念があやふやであり危険な法案です

だれが性的と判断するのか?

この議論は児童ポルノ法改正案でもされた議論であやふやなままです

性的でないものまでもが罰則対象となったら大変なことになります

実質インターネット規制になるからです。

つまり今後、このリペンジポルノ法案が改正され、「性的」という文言が外れた瞬間に、ネットでの拡散能力は弱まる恐れがあるのです↓

 インターネット上などに第三者が被写体を特定できる方法で、(性的な)画像記録などを不特定多数に提供した場合、3年以下の懲役か50万円以下の罰金を科すとした。

この法案では「拡散した人」も罰則対象になるようです

↓ しかも、下記産経新聞の記事は誤字でしょうか?

2文目「拡散させる目的」の方には「性的な」という文言がありません

 画像記録を拡散させる目的で特定の者に提供した際も、1年以下の懲役または30万円以下の罰金とするよう定めた。

これが狙いでしょうか?

まさか、拡散は性的じゃなくても画像を拡散したら罰則でしょうか???

意味不明な法律が19日成立してしまいます

WS000661これは性的な画像記録でしょうか?↓
スクリーンショット 2014-09-01 14.19.43 スクリーンショット 2014-09-01 14.20.01

 

リベンジポルノ法案、19日成立へ 罰則を新設 

2014/11/18 14:11

 元交際相手らの性的な画像などをインターネット上に流出させる「リベンジポルノ」の取り締まり強化に向けて罰則を新設する法案が18日午後の衆院本会議で可決された。参院に送付され、19日の本会議で成立する見通し。これに先立ち、衆院総務委員会は委員長提案で法案の衆院本会議提出を可決した。

 名称は「私事性的画像記録の提供被害防止法案」で、自民党を中心に議員立法でまとめた。

 インターネット上などに第三者が被写体を特定できる方法で、性的な画像記録などを不特定多数に提供した場合、3年以下の懲役か50万円以下の罰金を科すとした。

 画像記録を拡散させる目的で特定の者に提供した際も、1年以下の懲役または30万円以下の罰金とするよう定めた。

 プロバイダー(接続業者)責任制限法に基づいたネット上の画像削除に関し、発信者の反論がないのを確認して削除するまでの期間を、問い合わせ後7日から2日に短縮することも盛り込んだ。〔共同〕


リベンジポルノ法の危険性

  • いいね! (52)
  • この記事の題材でまた読みたい! (31)
  • この記事を動画で見たい! (2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA