大手企業6割「消費増税、予定通りにあげるべきだ」の理由


WS000636消費増税は経営戦略としても使えるのです

消費増税されることで、他者が潰れてくれたらそれだけで自社のメリットになるのです

つまり、自社の価値をあげる企業努力をしなくても、内部留保や資金力があれば生き残れる、増税後、他社は倒産または資金難に陥ってくれるから競争力がなくなりシェアーは伸びるということです

つまり大手企業のこの6割にとって消費税は社益があるのです

消費増税は中小企業と大手企業の一部を潰すためであり、
我々一般大衆の貧富の差を拡大させるわけです

 

大手企業6割「消費増税、予定通りに」 100社調査

朝日新聞デジタル 11月16日(日)0時55分配信

 消費税率を10%に引き上げるのに望ましい時期を、主要企業100社への景気アンケートで尋ねたところ、60社が「法律に書かれている通り、来年10月に上げるべきだ」と答えた。安倍政権は増税時期を1年半先送りする方向だが、好業績の大企業に景気の後退懸念は薄く、昨秋以降の3回の調査で最多だった。

 朝日新聞の景気アンケートは年2回行い、原則として経営トップに面談している。今回は11月4~14日に調査した。

 「法律通り」と考える理由について、43社が「財政再建」、9社が「社会保障費などの確保」を選んだ。三菱ケミカルホールディングス(HD)の小林喜光社長は「10年、20年の計でやるべきだ。今しなければ消費増税はさらに難しくなる」、明治HDの松尾正彦社長は「景気動向に左右される問題ではない」と述べ、中長期的な視点での判断が必要と指摘する。東芝の田中久雄社長は「日本経済には10%への増税を乗り越える力がある。延期は『当面、景気は悪い』というメッセージになる」と話した。

 

  • いいね! (120)
  • この記事の題材でまた読みたい! (104)
  • この記事を動画で見たい! (52)

関連記事

大手企業6割「消費増税、予定通りにあげるべきだ」の理由」への3件のフィードバック

  1. 川口

    何故、消費税を上げる必要があるのか?

    住民税アップ、保険料アップ、年金支給年齢繰り上げ…
    ダブついている復興税、日銀の金融緩和…   

    全部止めてアメリカ国債償還されたのを全部使えば良いのでは?
    そして、新たに買わなければ立派な財源となるのでは?

    今の政治家、マスゴミに期待などできない。
    やはり、不正選挙を暴かなければと決意する。

  2. sayuflatmoundsayuflatmound 投稿作成者

    川口さん 昨日は少し元気がないようにお見受けられました 例の件も聞きたかったです。

  3. 川口

    元気ない様に見えました?
    気持ち的には元気なんですが…事業を始めまして身体が疲れていたかも知れませんね。

    私も後ろ髪引かれながら昨日は帰宅したんです。
    妻が風邪をひいてたんで…

    次回、宜しくです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA