【不正選挙】衆議院議員総選挙は2014年12月14日


WS000630「私が解散を決めているわけは無い」
菅官房長官、解散に「ありえない」 安倍、衆院解散「何ら決めていない」 の意味

と、安部偽総理自ら、自身が傀儡であることをアピールした発言から3日

「12月2日公示-14日投開票」をアメリカが決めたようです

さぁ 前回の衆参不正選挙で不正手口を学んできた我々が衆知を結集する時が来ました

次はどんな大雪が待っているのでしょうか・・・w

皆さんご存知のように安倍政権は日本をめちゃくちゃにしてしまいました

それも不正選挙クーデターがなせる業

我々大衆とは関係の無いマイノリティーが実権を握ると、このような悪夢のような現実が起きるのだと身をもって知ったわけです

現政権の批判を叫びながら2人も焼身自殺した時代が戦後から今までにあったでしょうか?

まさに戦時中の出来事のようです

そう、まさに今は昔とは形の変わった、戦争真っ只中なのです

その戦争の形とは、我々にばれないように、金を強奪し、我々を奴隷化する法整備、と社会イデオロギー作り(情報操作)なのです

しかし我々は馬鹿では無い それらの動きを読み取り、拡散、情報を共有し皆が認識する事によって、敵が気付かれないように推し進めている日本奴隷化政策を阻止することが出来ます

それらの中の最たる手段が不正選挙阻止活動なのです

アメリカ大統領選、東京都マスゾエ知事、ウクライナのポロシェンコ政権、スコットランド独立選挙で不正選挙が行われたわけですが、それら不正選挙と日本の不正選挙を総括する黒幕組織は同じです

それは世界政府を目論むアメリカです

安倍政権が日本のためではなく、アメリカの為の政策を推し進めていた事でもそれは明らかなのです
しかし彼らの計画は安倍政権ですべてが完了したわけではありません
なぜ安倍政権は解散して、消費増税10%を先送りするのか?

これからもまだまだ続けなければ彼らの目標は達成されません

よって今後も不正選挙が行われることが目に見えているのです

彼らはどんな不正選挙手口を強行してくるのでしょうか?

我々は本当に阻止できるのでしょうか?

私の答えは「阻止する為の行動をとり続けるしか選択肢は無い。」です

なぜなら不正を阻止しなければ我々は、

人としての尊厳すら持てない

最低限の生活さえも送れない

殺されても、文句を言えない

つまり我々の命は我々自身のものではなく権力者の所有物化し

現世という地獄に子供を生むことすら、子供に申し訳ないと思って生まなければいけない奴隷世界にされてしまうのは目に見えてるのです(もうすでになってますが・・)

よって、阻止できようが出来まいが、「不正選挙を阻止しない」という選択肢以外はありえ無いわけです

阻止する為に不正選挙のゆるぎない事実証拠を掴み、一つでも多く積み上げるしかない

「不正選挙」という事実を知ってもらい、一人でも多くの人が認識し、疑いの目を持ち、行動することしかないのです

「不正選挙させない!」という活動は、生命として当たり前に持つ、種の延命という恒常性なのです

 

超簡単!「不正選挙の手口」を解説 さゆふらっとまうんど

スコットランド独立不正住民投票

裏社会が「舛添要一」を東京都知事にした理由

東京都知事選挙 鈴木たつお応援演説 さゆふらっとまうんど

20130721「参議院不正選挙!」警察と選管に投票箱追跡を阻まれ、投票用紙の写真を消せと迫られる 「 さゆふらっとまうんど」

 

<衆院選>「12月2日公示-14日投開票」安倍首相固める

◇消費再増税、17年4月も

 安倍晋三首相は、来週に踏み切る衆院解散に伴う総選挙を「12月2日公示-14日投開票」とする方針を固めた。また、来年10月に予定された消費税率10%への引き上げを、1年半後の2017年4月とすることも決めた。任期2年足らずでの解散に対し、野党からは「大義なき解散」との批判も出ている。このため首相は、国民生活に直結する消費税に関する政府方針の変更に信任を得る意義を強調し、「景気回復を実現したうえでの消費増税」を表明して理解を求める考えだ。

【安倍首相が参考にしているのは】「黒い霧解散」それはどういうことか

 首相は豪州で開かれている主要20カ国・地域(G20)首脳会議に出席後、17日に帰国。同日夜に東京都内で開かれる公明党の結党50年式典に出席し、山口那津男代表と解散について意見交換するとみられる。

 消費増税に関する有識者の「点検会合」は18日が最終日で、首相はその後に景気対策のための14年度補正予算の編成を指示。解散に踏み切る考えを同日中にも表明する。解散は参院の法案審議によって19日か21日となる見通しだ。

 増税先送りを巡っては、衆院選への悪影響を懸念して「新たな時期を明示する必要はない」との声が政府内にあった。しかし、財政再建の後退と受け止められれば金融市場に悪影響が出かねず、甘利明経済再生担当相も14日、「国債の信認を失わせるようなことは断じてない」と発言。首相も増税時期を明確にしたほうが、世論や国際社会の納得を得られると判断した。

 首相は増税先送りと解散を関連づけているが、閣僚の疑惑追及を続ける野党は「全てリセットしたい身勝手な解散だ」(民主党の川端達夫国対委員長)と批判を強めている。解散の大義名分が立たなければ自民党の苦戦を招きかねず、石破茂地方創生担当相も14日、「首相として世に問うことが当然ある。首相は明確にするだろう」と語った。

 この点に関し、首相は「解散する際にはきちんとした大義を示さなくてはならない」と周囲に語っている。解散時には記者会見を開き、17年4月の増税時期の明示と並んで「租税に関する大きな変更には国民の信任が必要だ」との認識を強調。「責任ある立場」で経済財政運営に当たる考えを示す見通しだ。

 また景気の現状を巡っては、今年4月の税率8%への引き上げに伴う反動減が、天候不順もあって想定通りに回復せず「10%への再増税を行う環境には至らなかった」との認識を示す。補正予算などを通じて景気対策に全力を挙げ、デフレからの脱却を成し遂げる決意を表明する。

 野党は増税先送りを「アベノミクスの失敗」と位置付けており、民主党の枝野幸男幹事長は14日の記者会見で「国民生活や家計をしっかり下支えする政策に転換すべきだ」と語った。首相はこうした批判を想定。「総選挙で国民の信任を得て経済再生に取り組む。アベノミクスに対する国民の審判が下るのはその後だ」との考えを示し、家計や雇用支援に取り組む姿勢を示す。【古本陽荘】

  • いいね! (58)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

【不正選挙】衆議院議員総選挙は2014年12月14日」への10件のフィードバック

  1. 川口

    本日は蒲田でRK講演会=不正選挙対策があります。

    さゆさん来るかな~?と思って参加しますね♪

  2. shinobi48

    20130721「参議院不正選挙!」警察と選管に投票箱追跡を阻まれ、投票用紙の写真を消せと迫られる 「 さゆふらっとまうんど」

    を見させていただきました。

    実行できるかわかりませんが、
    3人体制で撮影をするのはいかがでしょうか?

    さゆふらっとまうんどさん→投票所内撮影
    残り2人→原付バイクで撮影

    と手分けすれば仮にさゆさんが職質を受けてしまい動けない場合でも、2人がバイクでタクシーを追っかけることができます。

    ただバイクに乗った人は怪我の無いようヘルメット・バイク用エアバッグジャケットがあったほうが良いかもしれませんが・・・

    エアバッグベストがないときはなるべく厚着をし衝撃を和らげるようにします。

    万が一逮捕されてしまった時は
    当番弁護士制度が使えます。

    千葉県弁護士会(TEL.043-221-7330/松戸047-366-7770※)http://www.chiba-ben.or.jp/consultation/arrest.html

    以上になります。

  3. 村上和幸

    日本が米ドルと米国債を買うのをやめ、日本円を世界基軸通貨にするよう行動すればすぐにでも日本に世界の主導権が移譲される。日本は金融資産などの国有資産があるので実際は財政難になどなっていない。だから何かあるとすぐに円高になる。円高になるという事は財政難ではない証拠である。そうでなければ既にギリシャのようになっている。米国はそれを理解していて日本に主導権を奪われぬように日本政府・行政を傀儡にして、日本を没落させようとしているのである。しかし日本を潰せば米国も潰れるのでどうする事もできなくなっているのである。このことに気づいている日本人も出てきている。あとは資本主義や自由主義など近代西洋思想に代わる日本独自の思想を完成させて新しい世界体制を構築するだけである。かつて鳩山由紀夫が首相の時にこれをしようとしたが、米国の陰謀で潰されてしまった。今度の選挙の後、鳩山のような人物が現れるのだろうか?とにかく、米国を倒さなければ日本と世界の未来はないのは明白である。

  4. Uta Hiroshi

    アメリカ合衆国の上部組織を、叩き潰す。絶好のチャンス。今 ですよ。
    オバマも、なんで、 チカジカ、日本国に、来るか。皆様、日本国民の、血税と、
    金。Next No Chance、 Obama 。わかりますか。日本国民の皆様。
    前回、私の、コメントに、書かれたとうり、日本国は、アメリカ合衆国の、
    ウチデ の コズチ 政府、官僚、、経済界、全て、、裏社会の、一部の、インテリジェンスと、❓ 世界を操る、グローバル コーポレーション。それと、GHQの、
    政策に、日本国は、 今だに、独立国では、ありません。この法を、壊せることのできる、ロイヤー、弁護団を、インテリジェンス、チームを つくることが、日本国の、未来は、ありません。一握りの、馬鹿者、政府、外務省、政治家たちの、大失態が、世界で、唯 ひとつ、日本国と言うわけです。 Hiro From 小樽市

  5. Uta Hiroshi

    アメリカ合衆国の、 占領政策は、 ⒊R、⒌D、3S。
    この占領政策によって、労働組合、日教組、 JA、農協、日本国の、
    政治家、官僚、馬鹿者が、馬鹿と利口の、紙一重の、状態で、今の、政権、
    安部のMiss Take 全部、で、3-4か月で、 国民の 、血税、国の、国民の、
    尊い命掛けの、銭、紙幣の、印刷、し放題、ジャバジャバ、巻き散らす。糞,安部のMiss Take、、国民の、皆様。忘れてしまったようですね。
    世界中に、Controllされてる、発言、大嘘つきの、大根、役者に、
    日本人として。目覚めていただけること を、コメント、させて頂きます。
    本当に、見て見ぬふりは、やめましょう。 From Otaru Hiro

  6. Uta Hiroshi

    このサイトは、不正選挙 を、暴く。VTRは、現在、見られない状態です。
    立ち上がりません。 投稿させて頂きます。 Hiro

  7. Uta Hiroshi

    どうぞよろしくお願い致します。真実を、 国民の、皆様に、お伝えくださいますこと、ヨロシク、お伝えください。 Hiro 在米40年。リタイアーMen

  8. Uta Hiroshi

    Uta Hiroshi. です。私の、投稿は、採用していただけませんか?
    ご連絡していただけませんか?

  9. Uta Hiroshi

    採用頂き、感謝申し上げます。有りがとうございました。
    今後ともよろしくお願い致します。From Otaru Hokkaido
    Thanks Hiro

  10. ほんまになあ

    特定秘密法案の強行採決、集団的自衛権の解釈変更など見ていると
    自民党が、自(分たちのために国)民(を利用する)党に見えてきた
    「日本を取り戻す」が、「(戦前の日本を)取り戻す」「日本を(わが手に)取り戻す」
    に見えてきた!!
    どうか不正選挙だけはありませんように!!
    って言っても、ありそうですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA