なぜ安倍政権は解散して、消費増税10%を先送りするのか?


安倍内閣なんて米の使いパシリの傀儡に過ぎないから
米はすべての売国行為を安倍政権に追行させて悪者にして辞めさせちゃえばいいじゃん

別に解散しないで、消費増税強行すればいいんじゃない?

日本経済をぶっ潰すのが目的なんだから

アメリカ破綻の口実を日本のせいにでっち上げる為にさ

と思っている方もいるでしょう。

しかし、悪魔はバカですが、じたばたするバカです

では、

次の傀儡を誰に据えるか?
消費増税を押し切って、「破壊するのが目的」だとあからさまにし過ぎるのも避けなければいけない

これらの問題がある なぜなら

ある段階までは、人民を騙し続けなければいけないのです

覚醒する人が一割超えて二割になったら、人民をだまし続けるのはかなり厳しくなります

それらの駆け引き、操作を常にしなければいけない

今提出されている法案が全部通りさせすれば、それですべての計画が完了する訳ではないのです

5、10年先の計画まで一つ一つ段階を踏まなければいけない

なぜなら彼らは未来永劫、属国として日本を利用したいのです

その為に、二度と抜け出せない網を張る「法整備」、奴隷から抜け出せなくする為の「国交間の取り決め」は、一政権で完了できる計画ではないのです

それらの整備完了が際ほど言った、ある段階です

世界政府の為の10年先100年先のプランに
日本が本当に独立して、悪魔の手先ではなくなってしまうことは書いてないのです

その為に、一度安倍政権に幕を引いて、新たな売国奴に計画を続行させる

世間は解散にほっとして、次の政治家に期待して、また期待を裏切られ、そしてまた次の新たな政権に期待する

これを繰り返そうとしている

だから期待するだけで、自分で行動しないバカ人間を増産することに余念が無いのです

その為に、スマホも、テレビも、スポーツも、教育も、メディアも、医療業界でさえも利用されている

そしてこれらを繰り返しているうちに、我々は奴隷から抜け出せない状態になってしまうでしょう

それらを遂げる為の大きなイベントが「不正選挙クーデター」です

なぜ安倍政権は解散して、消費増税10%を先送りするのか?

その答えは、近々で言えば「不正選挙クーデターの為」です

売国行為を約束した、己の利権の事しか考えないクズを不正選挙で当選させて国政にでるのです

我々国民は未来の日本の為に不正選挙を排除しなければいけない

よって選挙はただ「票を入れる」なんて行為ではないのです

国民が生きるか死ぬかの、悪魔との戦いなのです

公明党は創価学会に「12月14日投開票」を想定して不正選挙準備に入るよう地方組織に指示を出した

 安倍晋三首相は来年10月に予定される消費税率10%への引き上げを先送りする方針を固めた。今年4月に行った8%への引き上げ後の景気回復の足取りが重く、再増税すれば「デフレからの脱却」を掲げたアベノミクスが根幹から揺るぎかねないと判断した。新たな引き上げ時期は、1年半先送りして2017年4月とする案が有力だ。ただ、政府内には次の増税時期を明示せず、「先送り」のみを表明して衆院解散・総選挙に臨むべきだとの案が浮上しており、政府・与党で調整が本格化している。

【かすむ財政再建】10%引き上げで厳しくなるのはどの分野?

 首相は7日、首相官邸で自民党の谷垣禎一幹事長と会談。谷垣氏は「予定通り消費税率を引き上げるべきだ」と進言した。これに対し首相は「衆院解散の時期を探らなくてはいけない」と述べ、再増税の時期は先送りし、解散を検討する意向を伝えた。

 再増税の判断材料となる7~9月期の国内総生産(GDP)の速報値は、首相が豪州での主要20カ国・地域(G20)首脳会議から帰国する17日に発表される。有識者から意見聴取する点検会合の最終日は18日で、首相はその後にこうした方針を表明する見通しだ。

 菅義偉官房長官はこれまで、12月8日発表のGDP改定値を待って判断する方針を示してきた。ただ、他の経済指標などから速報値の段階で「相当悪いのは間違いない」(自民党幹部)とされ、首相も解散日程を優先し、先送りの判断を前倒ししたとみられる。先送り方針を受け、政府・与党は次の増税時期の設定に関する協議に入った。首相ブレーンの本田悦朗内閣官房参与らは「1年半の先送り」を提唱しており、政府もこの案を軸に調整。17年には国政選挙が見込まれておらず、障害が少ないためだ。

 一方、世論調査では増税への反対が根強く、政府内には衆院選への悪影響を懸念して「時期を明示する必要はない」との意見がある。ただ、財政健全化の努力の放棄と受け止められれば、金融市場に影響が及ぶ可能性もある。財務当局も激しく抵抗しており、帰国後に首相が最終判断する。

 再増税先送りには、12年の自公民3党合意に基づく税・社会保障一体改革関連法の改正が必要だ。政府・与党は首相判断を踏まえ、来年の通常国会に改正案を提出し、15年度予算案とともに成立させる考えだ。

 首相は先送り方針を踏まえ、来週にも衆院解散・年内総選挙に踏み切る調整に入っている。【古本陽荘】

  • いいね! (54)
  • この記事の題材でまた読みたい! (20)
  • この記事を動画で見たい! (20)

なぜ安倍政権は解散して、消費増税10%を先送りするのか?」への1件のフィードバック

  1. 通りがけ

    すべてその通りです。すべてはイスラエル悪魔王国がたくらんだ事です。しかし日本人には通用しない。大いなる和をもって貴しとなす大和魂は宇宙開闢以来未来永劫無敵なのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA