「増税先送りなら解散、年内にも総選挙…首相検討」との報道から6時間後→早期解散を重ねて否定


WS000549安倍首相が、来年10月に予定されている消費税率10%への引き上げを先送りする場合、今国会で衆院解散・総選挙に踏み切る方向で検討していることが8日、分かった。首相は、こうした考えを公明党幹部に伝えた

と、読売新聞 11月9日(日)3時0分配信。 ↑

その6時間後に、時事通信 11月9日(日)9時42分配信 ↓

 安倍晋三首相は9日午前、消費税率引き上げの是非を争点に早期に衆院解散・総選挙に踏み切る可能性について「全く考えていない」と否定

この6時間での食い違いは何でしょうか?

前者だと 「増税先送りするなら、なにか国民に不利益なことをする」ってなら交換条件になるけど、先送りするなら解散って、どっちも国益があることじゃないか!w 全然交換条件になってない!

「増税先送りするなら解散させるぞ。絶対増税させて、しっかり日本経済をぶっ壊せよ」とアメリカが安倍政権を脅したということでしょうか?

首相、解散は「考えていないと言うのが決まり」 なんですよね?

じゃあなんで「増税先送りなら解散、年内にも総選挙ということを公明党に伝えた」と報じられたんですか?

このあなたの「myルール」と違う考えの勢力がマスコミを牛耳っている証拠ですか?

 安倍首相は7日のBSフジの番組で、早期の衆院解散・総選挙について、「デフレ脱却をし、経済をしっかり再生させて、国民生活を豊かにしていくことが私の使命だ」と述べ、慎重な考えを示した。

 一方で、首相は「解散について首相に聞けば『考えていない』と言うのが決まりだ」と笑顔を見せる一幕もあった。

 

 安倍首相が、来年10月に予定されている消費税率10%への引き上げを先送りする場合、今国会で衆院解散・総選挙に踏み切る方向で検討していることが8日、分かった。

 17日に発表される7~9月期の国内総生産(GDP)などの経済指標を踏まえて増税の可否を決め、解散についても最終判断する方向だ。首相は、こうした考えを公明党幹部に伝えたとみられる。年内に解散する場合、衆院選は「12月2日公示・14日投開票」か「9日公示・21日投開票」とする案が有力だ。

 複数の政府・与党幹部が明らかにした。首相側近議員は8日、「選挙の争点はアベノミクスへの評価だ」と語った。

 消費税は、2012年8月に成立した社会保障・税一体改革関連法で、〈1〉14年4月に8%〈2〉15年10月に10%――とすることが決まっている。経済情勢が悪い場合、増税を見送ることはできるが、法改正が必要だ。

 安倍晋三首相は9日午前、消費税率引き上げの是非を争点に早期に衆院解散・総選挙に踏み切る可能性について「全く考えていない」と否定した。羽田空港で記者団の質問に答えた。
 首相は来年10月から消費税率を法律通り10%に引き上げるかどうかについて「7~9月期の国内総生産(GDP)の数値や、有識者の皆さんの議論を踏まえながら慎重に判断をしていきたい」と語った。 

  • いいね! (20)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

「増税先送りなら解散、年内にも総選挙…首相検討」との報道から6時間後→早期解散を重ねて否定」への1件のフィードバック

  1. 通りがけ

    習近平さんは隣人に親切

    @早期解散「やりにくい」 / 自民・谷垣幹事長
    http://richardkoshimizu.at.webry.info/201411/article_45.html

    >返礼で、習近平国家主席が日本に来日して、首脳会談するのが、国際常識です。そこで、首脳会談で習近平国家主席が日本に来日した時に、習近平国家主席を日本国内で暗殺して、日中戦争に持って行こうとしているのかなぁ。
    >hinokouさん2014/11/08 20:30

    習さんも先刻ご承知ですよ。

    私の予想では今度の会談がどうなるかっていえば、安倍が中国で持病悪化し腹を壊して病院に入院して、そこから中国軍の軍艦で習さんが医師と一緒に付き添いながら沖縄まで送ってくれるんじゃないかなあ。沖縄が一番近いし軍艦なら速いし暗殺テロ攻撃にも最強の防備だし安全でしょ。急病になった日本の首相を治療しながら安全第一に救急搬送してくれる中国軍軍艦の沖縄入港を拒否できる権限が総理以外の日本人の誰にも無いことは明白です。
    で、習さん沖縄であっさり返礼の首脳会談済ませて記者会見して姫ゆりの塔を慰霊訪問してさっさと中国へ帰国する。ひめゆりの塔は沖縄戦上陸鬼畜米軍による武器を持たない日本人庶民大虐殺の記念碑だからね。
    ユダ金真っ青のなかなかよろしいプランでしょww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA