【空飛ぶボード】人類はUFOを作れるようになるのか?


WS000529【空飛ぶボード】

金属板の上でしか飛ぶことができない。板と特殊コーティングの間に磁界が生成されており、磁界の力が、ボードを1インチ持ち上げるという仕組み

金属板の上でしか飛ぶことができない。ようですが地球自体の磁場である地磁気を利用して飛ぶことができればUFOを作るのも夢じゃないかもしれませんね

それへの第一歩です

もちろん、そのUFOがリニアのように人体に影響がある電磁波を発していたら意味が無いのですが、乗車空間の無電磁波化が実現できれば良いでしょう

科学の進歩は、メリットとデメリットを認識することが大切ですが、大きな楽しみを与えてくれますね

リニア中央新幹線の計画

132348379061313225358_pole2012———-

こんばんわ。お久しぶりです。
空飛ぶ自動車ロマン感じます。
来年は映画バック・トゥ・ザ・フューチャー2の時代ですね。
そろそろホバーボードもでてほしいとこです。
http://curazy.com/archives/44592
↑ホバーボードみたいです(笑)
来年の10/21をめどに発売する予定にはなってるみたいです。
あと、靴ひもが自動で結ばれる靴がNIKEから発売するみたいです。
http://gigazine.net/news/20140301-back-to-the-future-shoes/
↑靴です。
さゆさん、毎日お疲れ様です。
寒くなってきましたので風邪引かないように頑張ってください。

———-

映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの「空飛ぶボード」が現実に(写真、ビデオ)

映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの「空飛ぶボード」が現実に(写真、ビデオ)

  ロバート・ゼメキス監督の映画バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2に登場する「空飛ぶボード」に憧れ、いつか現実のものとなることを夢見た人はたくさんいることだろう。

   

  この空飛ぶボード「ホバーボード」が遂に開発された。これは神話ではなく、現実だ。

  だが、もちろん、映画に登場する「ホバーボード」とは異なる。開発された「ホバーボード」は、金属板の上でしか飛ぶことができない。板と特殊コーティングの間に磁界が生成されており、磁界の力が、ボードを1インチ持ち上げるという仕組みだ。

  これは特殊な開発だが、開発者たちは、プロジェクト発展のために、kickstarter.comで、37万5000ドルを集めることに成功した。

  昨年4月、サイトFunny Or Dieで、「ホバーボード」が現実のものとなったと語る様々な有名人の動画が公開された。ミュージシャンのMobyさんと、プロのスケーロボーダーのトニー・ホークさんが、「ホバーボード」をテストした。だが2人はその後、エイプリルフールの嘘だったことを認めた。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_11_07/backtothefuture/

———-

バック・トゥー・ザ・フューチャーの『ホバーボード』が遂に完成!来年発売予定!?

▼「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を見て胸を踊らせたあの乗り物『ホバーボード』が完成しました!


ホバリングシステムを研究開発していた米国の「HENDO HOVER」社が、『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part.2』に登場する「ホバーボード」に似た製品「HENDO ホバーボード」のプロトタイプを発表しました。

1.
hoverboard_01
出典:acidcow.com

こちらが「HENDO ホバーボード」のプロトタイプ。本当に宙に浮いています。

2.
hoverboard_02
出典:acidcow.com

ボードに足を乗せたときの感覚を想像してみてください。

3.
hoverboard_03
出典:acidcow.com

あなたの体重をボードに移すと、形容しがたい気持ちになるでしょう。

4.
hoverboard_04
出典:acidcow.com

「摩擦がない」というのはどういう感じか。あなた自身で体感してみてください。

5.
hoverboard_05
出典:acidcow.com

「ホバリングシステム」と「バッテリーセル」、「安全スイッチ」の3つの機能からなる、シンプルな構造になっています。

6.
hoverboard_06
出典:acidcow.com

ボードに組み込まれた4個のエンジンが特殊な磁場を発生させ、浮力を生成しているそうです。ちなみに、現在のプロトタイプのホバーボードは1インチ(約2.5センチ)浮くことが出来ます。

7.
53e469e2240388aea4c603b3a817c633_large
出典:kickstarter.com

研究チームが開発した「ホワイトボックス」というホバリングシステムを応用して実現したそうです。
この技術がさらに進化したら、もしかすると空飛ぶ車に乗れる日がくるかも…?

▼現在は「Kickstarter」にて資金調達中、順調に行けば2015年10月21日に商品として出荷される予定!


ホバーボード本体は完成していますが、まだ実際に屋外で使用できるほどの機能が備わっていないようです。そこで現在、ホバーボード専用の公園「ホバーパーク」を作るために「Kickstarter」にて資金調達中ですが、目標額を大幅に上回る資金が集まっているようです。
出荷時期は2015年10月21日を予定しているらしいので、私たちが実際に乗れる日はそう遠くないかもしれませんね!

  • いいね! (11)
  • この記事の題材でまた読みたい! (1)
  • この記事を動画で見たい! (0)

【空飛ぶボード】人類はUFOを作れるようになるのか?」への2件のフィードバック

  1. MIORI

    「ホバる」という言葉が数年以内に流行するのではないかと予言してみます。それにホバーボードはスマホみたいに「ホバボ」と呼ばれるのではないかと予言してみます。(外れても一切責任は負いませんがw)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA