<ウクライナ>親露派選挙 ユダヤ傀儡ポロシャンコ大統領が非難


BwAgfnyCAAIHW88ユダヤ傀儡ポロシャンコ
「銃口の下で行われた茶番を選挙と言うことはできない。我が国は決して承認しない」と強く非難する声明を発表した。

おい ポロシャンコ!お前がいなきゃ、銃口なんて必要なんだよ、むしろ選挙自体、開催の必要が無かった

ユダヤ傀儡のお前が、ウクライナをめちゃくちゃにしたから、市民が独自に自衛の為に動いてるんだろうが!投票数が多いから22時まで投票時間を延長してまでな!
お前のボスが主導した日本の不正選挙とは真逆だな!
善良なるウクライナ国民だよ

親露主催のウクライナ、ルガンスク人民共和国の「首長・議会選」投票時間を22時まで延長

悪魔に国を売り渡した、麻薬屋やくざがなに言ってるんだ!!!

本記事の毎日新聞含め、日本マスコミも悪魔の工作に乗っかった報道をして、親露派ウクライナ市民を非難するなんて自身が悪魔の手先だということを認識してのことか?

ただのスピーカーなら要らない おまえらもウクライナで大量殺人している悪魔と同類ということだよ

 【モスクワ真野森作】ウクライナ東部ドネツク、ルガンスク両州の親露派武装勢力が2日に強行した独自選挙を受けて、ウクライナのポロシェンコ大統領は3日夜、「銃口の下で行われた茶番を選挙と言うことはできない。我が国は決して承認しない」と強く非難する声明を発表した。9月に停戦合意していた両者が再び激しく対立する可能性が強まっている。

 声明では、今回の選挙に対して「テロリストが首長や議員を名乗ったとしても、占領者や盗っ人であることに変わりない」と痛烈に批判。「和平プロセスを深刻に脅かしている」と述べ、停戦合意違反に当たると訴えた。

 さらに、親露派側への妥協策として9月に制定した、親露派支配地域に3年間の自治権拡大などを認める特別法について「撤廃を議論する」と述べた。

 一方、選挙を強行した二つの親露派組織「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」は3日夜、共同声明を発表し、「(ウクライナ政府側との)対等な立場での対話ならいつでも応じる」と表明。東部2州が国内最大の炭鉱地帯であることを背景に、「ウクライナ各地へ石炭を供給する準備はある」などと、資源を武器に分離独立を認めるよう揺さぶりをかける姿勢を示した。

  • いいね! (33)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA