もんじゅで監視カメラ3分の1故障 1年半放置も


これはテロリストイスラエルがテロ工作をしやすい環境だったと言うことですね。

「故障の認識はあったが、既に製造終了したカメラで交換できなかった」

というのも意味不明な言い訳ですよね

しかし、なぜこの情報が表に出てきたのかと言うことです

原子力規制庁が正常な保安検査をするとは思えないからです、安倍側ユダヤアメリカ側の人間で固めないはずが無い だから隠そうと思えばできるのでは無いでしょうか? 川内原発再稼動を認めた機関なわけですからね

よってこれも放射能パニックの一環であると言う見方が濃厚ではないか?と思うわけです

これは敵が出した情報なわけですから

 

 大量の機器点検漏れから事実上の運転禁止命令が出ている日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)で、1995年のナトリウム漏えい事故をきっかけに原子炉補助建物に設置された2次系冷却材の監視カメラ計180基のうち、約3分の1が壊れていることが11日、関係者の話で分かった。

 原子力規制庁が9月に実施した保安検査で判明。壊れたまま1年半以上放置されていたものもあり、保安規定違反の疑いが持たれている。低温停止中のため実害はないとみられるが、機構の安全管理体制が問われ、命令期間が長期化する可能性が出てきた。

 機構は9月末、同月までとしていた「もんじゅ集中改革期間」を来年3月まで延長すると表明、今月国に報告した。2014年度内の命令解除を目指している。

 関係者によると、故障していたカメラは「ITV」と呼ばれ、機構がナトリウム漏れ事故をきっかけに05年に着手したもんじゅの改造工事で2次系冷却材ナトリウム配管の周辺に設置し、監視システムの一環として07年に運用を開始。中央制御室に映像を送り、運転員らが冷却材漏れの異常がないかなどを確認している。

 今年9月8~19日の保安検査で、3分の1近いカメラの映像が映らなかったり、左右に動かなかったりと、正常に作動していなかったことが判明。機構は「故障の認識はあったが、既に製造終了したカメラで交換できなかった」と規制庁などに説明しているという。

 規制庁は四半期に1度保安検査している。3月の検査では1次系配管に関連する機器の点検が不十分と指摘し、機構が再点検中。しかし、9月の検査で再点検状況を確認すると、それらの機器の形状や配置を立体的に記した図面がないことも分かった。

 長期運転停止中のもんじゅをめぐっては、原子力規制委員会が昨年5月、点検漏れ問題から安全管理体制が整うまで運転を再開しないよう命じていた。政府は今年4月に閣議決定したエネルギー基本計画で、もんじゅの存続を決めた。

 

[薩摩川内市(鹿児島県) 10日 ロイター] – 原子力規制委員会から新規制基準への適合が認められた九州電力<9508.T>川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の審査結果について、鹿児島県と薩摩川内市は9日夜、住民説明会を開いた。

抽選で選ばれた参加者には、会場での録音・録画の禁止や座席の指定などの多くの制約が課せられた。環境団体は主催者の運営に対し「最低レベル」と酷評している。

説明会は、緊急時の避難計画策定が義務づけられている、原発から半径30キロ圏内に位置する市町で、今月15日までに計5回開催される。主催者は鹿児島県と各市町で、対象住民は初回の薩摩川内市では同市民のみとし、残り4回は鹿児島県民に限定した。審査結果については、原子力規制庁の審査担当者が説明した。参加者に発送された住民説明会の入場券には「録音、写真・動画撮影は禁止」と明記されている。

報道陣も含め会場での座席は全て指定。初日の説明会には1000人近い薩摩川内市民が参加したが、抽選により会場に入れない市民もいたという。入場券のコピーを報道資料に掲載した国際環境団体グリーンピース・ジャパンは、インターネットでの中継を行わないことなどを取り上げ「説明会の住民参加度は世界最低レベル」と評した。同団体は声明で「座席指定は主催者側が恣意的に発言者を選択することも可能にする」と批判した。

今回の開催では、審査結果に関する内容説明に限定し、事故発生時の避難計画や再稼働については対象外だと繰り返しアナウンスされ、結果的に関連の踏み込んだ説明や質疑応答はなかった。質問に立った女性参加者は「(説明会参加が)抽選というのはいかがなものか。住民の思いを軽々しく扱っている。(再稼働を)早く進めようとしているのかと疑問に感じる」と語気を強めた。

別の参加者は「聞き逃したこともあるから録音機を使いたいのに、使わせない。一体この住民説明会の目的は何か」と質した。県庁の担当者は「説明会は最初3回の予定だったが5回に増やした。(参加を)申し込んだ方に実際に説明と質疑を聞いてもらうのが目的」と回答した。

質疑応答は当初約30分の予定だったが、結果的に約1時間に及んだ。最後の質問として司会者から指名された男性が「原発推進派の立場で行動してきたが、福島の事故で疑問が生じた。しかし、安全に対する詳細な説明で疑問が払しょくされた」と発言すると、会場から拍手が起きた。

 

  • いいね! (23)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

もんじゅで監視カメラ3分の1故障 1年半放置も」への2件のフィードバック

  1. 名無し

    安全も何もないだろ。核のゴミどうすんだよ。無責任にも程がある。日本の原発の安全基準は世界最低レベルだぞ。国民なんて所詮自分達の所有物で安い賃金でせっせと働く頭の弱い奴隷としか思ってないんだろうよ。だからこんな舐めたことができる。口からでるのは嘘ばかり。詭弁で騙し通せると思ってる。学者のほとんどは反対して賛成しているのはムラの奴だけ。

  2. 通りがけ

    さゆさんの推理どおり、日本国内は駐日イスラエル大使館に巣食うモサドが外交官特権治外法権をたてに日本国破壊テロ活動のやりたい放題なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA