リベンジポルノで新法「同意なく掲載」で懲役も ずいぶんと成立を急いでますね 裏がありそうです


WS000274裸の状態などの性的な姿を撮影した画像について、被写体を特定できる状態で本人の同意なしにウェブサイトに掲載するなど、不特定多数の人に公開する行為を「公表罪」と規定。3年以下の懲役または50万円以下の罰金を科すとした。

売国奴が作る法律には、最初の立法に問題なく感じても、必ず次の段階があり、それが本来の目的の立法である。と以前動画やブログで言いました

一見なんてこと無いように見える法律を作っておいて、その後、取締り範囲を拡大する為に法改正をさせるのが、本当の目的なのだ
【秘密保護法の恣意的運用を否定】売国奴が立法する法案には、必ず次の段階があります

リベンジポルノ被害防止法案、昔から議論されているわけでもないのに、開会中の臨時国会で成立させたい。とずいぶんと急いでいますね

これも裏がありそうです

もしも法案概要の【裸の状態などの性的な姿】の部分が削られたら大変なことになりますよ

弁護士は儲かり、ネットの力が弱まります ↓

撮影した画像について、被写体を特定できる状態で本人の同意なしにウェブサイトに掲載するなど、不特定多数の人に公開する行為を「公表罪」と規定。3年以下の懲役または50万円以下の罰金を科すとした。

これを狙っていませんか?

 自民党は9日、元交際相手のプライベートな性的画像などをインターネット上で公開する「リベンジ(復讐(ふくしゅう))ポルノ」の被害を防ぐため、加害者に最高で懲役3年を科すことを柱とした「リベンジポルノ被害防止法案」(仮称)の国会提出を目指す方針を固めた。

 各党に賛同を呼びかけ、開会中の臨時国会で成立させたい考えだ。

 法案は、同党のリベンジポルノ問題特命委員会(委員長・平沢勝栄衆院議員)がまとめている。9日明らかになった法案概要によると、裸の状態などの性的な姿を撮影した画像について、被写体を特定できる状態で本人の同意なしにウェブサイトに掲載するなど、不特定多数の人に公開する行為を「公表罪」と規定。3年以下の懲役または50万円以下の罰金を科すとした。

 

  • いいね! (12)
  • この記事の題材でまた読みたい! (2)
  • この記事を動画で見たい! (1)

リベンジポルノで新法「同意なく掲載」で懲役も ずいぶんと成立を急いでますね 裏がありそうです」への1件のフィードバック

  1. 百軒

    本来的にはいい法案な気がしますが、罠があるのは、いつもの通りですね。

    もしや、リベンジポルノを投稿している輩も裏社会の奴で、このような法律の整備を目的としていた可能性もありますね。

    あと、あなたの君野被疑者に関する見解は素晴らしいですね、君野も悪党の一味だと、思いますが、単独犯じゃないでしょうね、そもそも殺人までしたかどうかですね、神戸の東一郎も君野同様の事件だという意見もあります。

    リベンジポルノは酷い話ですが、実は全部、同じ奴らで実行している可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA