今度はシオニストを徹底的にいじめるフリをして、シオニストかわいそう作戦でしょうか?


ユダヤ人はホロコーストで徹底的に迫害されているとでっちあげて、ユダヤ人を非難するイコール非人道的であるというイデオロギーを作ろうとしたわけです ユダヤ人かわいそう作戦です。

あんなにかわいそうなユダヤ人を否定する人間なんて最低!!!というイデオロギーを作り出そうとしたんですね~ そしてユダヤ人は好き放題出来る様になる それを利用する為に、好き放題やってる奴らはユダヤ人のフリをしている ややこしい めんどくさいですねw

だから、そのホロコースト自体ユダヤの権利を増幅させる為のでっち上げで600万という大量殺害の数自体がウソだったわけですが

それをシオニストにもしようとしてませんか?

EU諸国と日本ってユダヤ傀儡の国々じゃないですか

ロシア制裁してる国という共通点でも明白です

それがシオニスト入植地の拡大計画は遺憾?!おかしいね~なにか裏があるね~

考えられるとしたら、またシオニストへの非難を偽大量虐殺という形に作り上げて、ホロコーストのようにシオニストの権限を増幅させようとしていませんか?

そのような計画をでっちあげようとしていませんか?

釘を刺しておきます

日本、「シオニスト入植地の拡大計画は遺憾」

 

日本が、ベイトルモガッダス・東エルサレムにおけるシオニスト入植地の拡大に、遺憾の意を示しました。

プレスTVによりますと、日本外務省はシオニスト政権イスラエルに対し、ベイトルモガッダスにおける約2600戸の住宅建設計画を見直すよう求めました。
日本の政府関係者は、「イスラエルによる住宅建設は、イスラエルとパレスチナの和平交渉の再開を目指して成されている、あらゆる国際的な努力に反するものだ」と表明しています。
アメリカ、EU、そして人権分野で活動する団体も、シオニスト政権による入植地建設計画を非難し、パレスチナの領土におけるこの措置の停止を求めました。
シオニスト政権は、ヨルダン川西岸地区とベイトルモガッダスでの入植地建設により、パレスチナ人居住区を互いに分離し、パレスチナという統一国家の形成を阻止しようとしています。

  • いいね! (12)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

今度はシオニストを徹底的にいじめるフリをして、シオニストかわいそう作戦でしょうか?」への3件のフィードバック

  1. orangesky

    この時期シオニスト政権擁護のコメントなんてしてたら、
    アフリカへの米軍派遣が世界中のB層の目にも「侵略行為」に見えてしまいますし、
    それは困りますよね~。

    「安倍政権は戦争戦争したがってるっていう人もいるけど、
    実際は国際平和のことちゃんと考えてるなー、」と
    思ってくれた方が都合いいですしね。

    ———————————————————-

    ◆安倍首相も認めた! 武力行使の根拠も特定秘密ですっ

    「日本に対する武力攻撃があったかどうか」
    「同盟国に対する武力攻撃があったか、どんな規模で、誰からの攻撃か」
    「その事態が、どういう意味で日本の存立を脅かすことになるのか」
    「なぜ明白な危険があるといえるのか」
    などが「特定秘密」になる可能性がある

    こういった情報を秘密にしていいということになれば、
    攻撃があってもなくても、日本に対する影響があってもなくても、
    国民に「ある」と説明してしまえば、
    国民が検証することはできなくなってしまいますよね。
    事実上、「無制限」に集団的自衛権を使えるということになります。

    ———————————————————-
    http://www.asuno-jiyuu.com/2014/10/blog-post_7.html

    口先でどう言おうと、
    戦争するかどうかはもう安倍ちゃんの気分次第ってことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA