【文字起こし】10 音声を削除しなかったら、被害届を受理せず、証拠もなくなる。【我孫子遺棄裁判後・強要傷害強盗事件をもみ消そうとする警察・音声】


「でも僕は、あなた事実を捻じ曲げたいの?とおっしゃったけど、事実をそのまま伝えたいからこそ、こういった行動をとってるのですよ」

警察官「だってさっきから、我々がしてる質問に嘘ばっかりついてるじゃない。嘘をついてるって事を証明するものになっちゃうよ。事実を伝えるかもしれないけども。だから君が言ってる事は矛盾してるよね?」

私「そうですね、ただそれを公開するかどうかっていうのは、それは別に今すぐそれを絶対に公開するとは僕は言いませんけど。公開せずに被害届けをだしたまま、それはやっぱり自分の身を守る為に必要なんですよね」

警察官 「そしたらうちらだって、捜査って所の適正を守る為に、君の受理は今後できないよ。そんな事されたら。君は自分自身を守るかもしれないけど、うちらは司法のこの制度自体を守らなくちゃいけないからね。」

「そこら辺がだから

警察官 「うちらはいつだって公平に、あれだよ、どっちの味方じゃないよ?」

私「それを本当に僕が持っている事で、(録音を消去しないと被害届が出せないということが)できないのかどうかって所を今ここではちょっとわからない事なんで、それは調べさせてください」

警察官 「でも、それ、うちら認められないよ。今あるやつをそこで消してもらわないと。持ってかれたらそれ流されちゃう流しちゃえばそれでダメだんもん。許可できない」

私「なんか不味いことあったんですか?」

警察官 「不味いとかだからそれはあなたが流しちゃうといけないからでしょ?」

私「流したらなぜ不味いのですか?」

警察官3 「訴訟記録が公開されたら

警察官 「さっきからそれ何回言ってるの?」

私「だからそれは、訴訟する場合ですよね?そちらは、もし仮に流した場合に被害届けは受けられないとおっしゃった。」

警察官「ちがう、被害届けはっていうか被害はださないつもりなんだよ」

警察官3 「予見ができる以上受理できないよって言ってるだけじゃん?」

警察官2 「何?元々出さないの?それ」

私「つまり、だしたら困るって事ですよね?僕が訴訟するかしないか関係なく」

警察官3「流すんだったら流せばいいじゃん」

警察官3「だから何でその話しは別に

警察官「俺は何も困らないよ」

私「許可得られた」

警察官「ダメって言ってるのに、君が流してるんだから。そういうふうにやってね、いまの所を捉えて許可もらったから流すっていう風に言ってる訳でしょ?」

「許可もらいましたね、でも本当ですから」

警察官「別に許可なんかしてないよ」

私「イヤイヤイヤ笑」

警察官3「あなたの自由だよ」

警察官「だからそれはあなたの判断だよ。うちらはダメだって言ってるにもかかわらず

警察官3 「録って良い理由はない」

警察官 「そう。だからそれ消してって言ってるにもかかわらず、それを君が応じない。それだけ。ただ、そういう風な事やるっていうのがわかっているにもかかわらず、それを黙認する訳にもいかないから、消して下さいって言ってる」

警察官3 「流していいとは言っておりません!」

警察官3 「お好きにすればどうぞと言っているだけです」

警察官2 「それならに責任とってくださいよ」

警察官「でもそれはね、さっきも言った通りで、自分のやった行動は自分でちゃんと責任持ちなさいってそれは全部そこなんだよ」

私「今逃げてる」

警察官 「こっちは、それやっちゃダメだって事で言っているにもかかわらず、それに応じてくれないで、ね?今回の原因を作った事と同じ事をしている。それを、こういう結果をもたらしているのは自分の行動だよっていう所。そこんとこ、よく考えてから行動してよ」

私「先程から僕が言ってる通りです。消さないで被害届け出したいと思っています」

警察官 「だからそれはできませんって」

私「だからそれがもしできなかったのならしょうがないです。先程から言ってるように」

警察官 「だから、しょうがないから終わりだよ、そしたら」

私「はい」

警察官 「もう今日はこれでできないよ」

私「わかりました。はい」「すいません。遅くまで」

警察官3 「引き上げてもらっちゃうよ?県庁の人」

私「はい」

警察官3 「いいのね?」

警察官2「そう証拠ってのはもう、なくなるから」

私「証拠?僕にくれまませんか?」(防犯カメラ映像、目撃者の証言)

警察官「捜査できないんだもん、そりゃなるよ」

私「防犯」

警察官「だってもう操作はできないんだもん。なにをするのよ?」

私「防犯記録僕にください。(防犯カメラの映像)」

警察官 「あげないよ、それも全部ひっくるめて

警察官3「何で裁判記録を一般人に提供しないといけないの?」

「それは僕が被害受けただからですよ」

警察官3「関係ないよ。」

警察官3 「だから、それを捜査するから捜査機関っていうのと違うの?」

私「警察にしか提出できないの?」

警察官3 「当たり前でしょ。この県を守るために防犯カメラを設置してるんだよ。そんなの防犯状況を一般人に公開する訳ないねーべ」

私「防犯の状況って言うか、僕が被害受けたこの現場だけですよね」

警察官3「だめでしょ」

警察官2「だからできない」

警察官 「あのさ、悪いけどさ、子供がおもちゃくれって駄々っ子みたいな事はやめようよ

私「それが一般常識としてできないって認識が僕にはわかんなかったんで」

警察官2 「じゃあそれは今身につけてください」

私「何でできないんでしょうかね?それは」

警察官3 「防犯情報でしょ?」

警察官 「その記録の中にだって、あなた以外の人の映像だって写ってる訳だよ。そしたらその人のプライバシーだってあるわけだよ。何でそれを君に提出しなくちゃいけないのよ?さっき言ったのと一緒でね、インタビューするのはいいのだけども、何の権限があってそんなことやってるの、っていうのと一緒だよ。個人が求めたからって、それを提供するって、それが誰でも彼でも自分が写ってるところですからって提供するんだったら、個人情報の保護もへったくりも何もないでしょう?そんな法律いらないでしょ?」

私「自分が写ってるとこだけえ?」

警察官 「ダメ。君が写ってるとこって言ったって、どこに防犯カメラがあって、どこをどういう風に写してって

私「ああ、防犯カメラの話しですね」

警察官「そういう情報が全部出ちゃうんだよ。君の顔が写ってる、写ってないだけじゃないんだよ。警備体制をダダ漏れにしちゃう話しになるの」

私「ああ、はい」

警察官 「誰がそんなの教えるか!って話しなの。だから君の理屈の中の話しでは、そりゃ常識的には、何ら問題ないだろうって考えるかもしれないけど

私「消すってさっきおっしゃいましたけど、今日、この時点で被害届けを出さなかったら消える根拠ってあるんですか?」

警察官「はい?誰も消すなんて言ってないよ?」

私「さっきどなたか、これ終わったら防犯記録が消えるっておっしゃってた方いませんでした?」

警察官 「誰も言ってません!」

私「言ってない?消えないんですね、じゃあ良かったです」

警察官 「誰も言ってません!」

警察官「好き勝手な事言うのやめてくれる?」

私「勘違いです。すいません」

私「先程言っているように、今日一回帰らせてもらいます」

警察官3「じゃあ帰りましょう。」

警察官 「終わり!捜査終了」


rp_a6cd75b68927505ab7e669f516e489bb-1024x576.jpg

  • いいね! (15)
  • この記事の題材でまた読みたい! (10)
  • この記事を動画で見たい! (10)

関連記事

【文字起こし】10 音声を削除しなかったら、被害届を受理せず、証拠もなくなる。【我孫子遺棄裁判後・強要傷害強盗事件をもみ消そうとする警察・音声】」への6件のフィードバック

  1. 涼陽

    初めてコメントさせていただきます。
    この件について、警察官の対応など「千葉県公安委員会」に、苦情の申立てもしくは、相談などをされているのでしょうか。
    弁護士さんにお願い出来れば、話は簡単だと思いますがお金がかかります。先ずは他の公的機関を利用するのがいいと思います。 市役所などに法律相談の窓口はありませんか?
    千葉県警は、特に警察官による不祥事が多いように感じます。千葉中央署については警察官の態度が悪いとのコメントも見られ一般の人が、不信感や捜査に対して不安感を持って当然です。
    出過ぎた事と思いましたが、相手が警察官なので、千葉県公安委員会に苦情の申立てをしてみてはいかがでしょうか。

  2. tub

    ともかく、あわてないでください。慎重に。これまでのところ、警察の方は、その立場上の任務としての行動をされてきたと思いますが、その言動を積極的に責めるような策に出ると、相手の人間個人としてのメンツを傷つけて、私憤的激情の引き金を引き、さゆさんが思わぬ事態に陥り、万歳突撃・玉砕と同じになる恐れがあります。誰でも、個人的なメンツをつぶされると相手に深い恨みを持ちます。さゆさんの使命は、これまでの活動を息長く続けることであり、個別事件でさゆさんの不満を解消する(相手をねじ伏せる=相手のメンツをつぶす)ことではないと思います。

  3. ひぐま

    初めてコメントを書くことにしました。
    ずっと、さゆさんの言論、動画を見て来ている者です。
    勿論、全ての動画と記事をチェックしてはおりませんが(あまりに膨大ですから)、
    かなりな量、割合になると思います。
    一番最初は、小保方さんを応援されているスタップ細胞騒動の頃ですから、何年前でしょうか。。
    ただ、申し訳ありませんが、傍観者と言って良いスタンスを取っております。
    自分自身、このスタンスに対して恥じる部分はありますが、まだその先に踏み出すところまでは。。(苦笑)
    今回、このコメントを書くことで、真実への追求と理不尽さに立ち向かうさゆさんへの応援の表明と、
    警察権力に限らず、権力者側への警告を示すことに、自分を持っていくきっかけにしたいと、
    いうのがございます。
    とは言え、僕のようなスタンスは、腐り切った権力者側からしたら、屁でもないのも解っています。
    でももしかしたら、多少は力になる、いやきっとなるだろうと。。
    直感ですが。(笑)
     
    さゆさんの動画や記事は、長い(苦笑)。
    ちょっと長過ぎると感じることも、ままありますが、理解力を考慮してその長さになっている、
    と思える時もありました。
    長さの適切さに関しては、このくらいにして、(笑)
    やはり僕が凄いなと思っているところはやはり、思考の深さ、公平さ、分析力の確かさ、でしょうか。
    あと、たくさんの動画を見て来ているファンの方もそうではないかと思いますが、その場勝負のしゃべりに
    上手さ、明晰さ、誠実さ、向上心、人間性、冷静さ、勇気、熱さ、などなどを感じます。いつもです。
    自分を良く見せようとか、都合の悪い部分が発覚しないようにしようとか、
    そういうモノを全く感じさせません。
    また、人間ですから、「感情の動物」的な部分はあり、勿論それが否定されるべき部分では無いにしても、
    さゆさんは殆ど、それに振り回されることが無いですね。
    されそうになっても、なんとか回復してしまっているように見えます。
    そして、維持すべきスタンスを保ってのやり取りを、最後まで貫かれます。
     
    今回の、千葉県警のろくでもない人物とのやり取りを見聞きしていても、そうです。
    千葉県警さんに対して、お立場上仕方が無い、という意見があるとしたら、
    僕はその意見を全否定します。いや、しないわけにはいかないでしょう。
    今回の事件を最初からしっかり見てきている人であれば、あの理不尽の代名詞的警察官らの言動を
    冷静に、公平に、論理的に擁護できるモノは欠片もありません。
    と言いますか、あまりに幼稚で、お笑いですらあります。
    仮に僕がなにかの因縁で、千葉県警の職員としてあの場に居合わせることになったとしたら、
    その時はさゆさんを困らせる圧力と言動に追従してしまう弱さに負けたとしても、
    すぐにそんな自分に嫌気がさすでしょうし、
    あるべき姿に戻す行動をとらなければ生きていけないだろうと思います。
    自分の良心に対して、また自分の愛する家族とかに対してもです。

    ちょっと長くなってしまいました。
    この投稿を切欠に、今後どういう行動を取るか、まだ自分自身わかりませんが、
    兎に角、さゆさんをもう少しちゃんと応援しなくては、と思った次第です。

  4. 支配者の犬かわさき!次はどこに移動かなー!

    何こいつら?
    やくざの詰め話?
    最初から被害者、加害者を逆に物言うて自分らの都合悪く捏造できない証拠を消せと!
    確実に揉み消し行動ですな!
    まぁさゆさんが今後どれだけ拡散し公に出来るかと、腐った犬どもにキャイ〜ンと泣かせるかですな!

    諸葛孔明ばりな頭脳で!

    確か他府県でも届けは出来なかったかな?
    他府県なら犬の縄張りは別なので競ってるかも!
    調べてみては?

    それかドラマだけに熱い知事か!

    あと、関わった犬の所属と名前と登場人物の名前はしっかりとねん!

  5. sayuflatmoundsayuflatmound 投稿作成者

    ひぐまさん
    自動的にコメントがスパムボックスに入っておりました。見つけて、承認しました。
    私を評価していただきありがとうございます。
    今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA