涙が出ました。~このような分断社会を変えなければいけない。


教え子と交際した教師「免職取り消し」となった裁判の中身

 関東郊外のとあるアパート前。元教師の男性が時折目を潤ませ、慎重に言葉を選んで語り始めた。「相手やご両親に対して、申し訳ないという気持ちだけです。自分が未熟だったということに尽きます…」。渦中の当事者が、初めて口を開いた--。

 静かな法廷に、裁判長の声が鳴り響く。

 「原告と女子生徒は将来を見すえて真剣に交際しており、原告が性的欲求を満たすために行為に及んだとは認められない。処分は著しく妥当を欠いている」

 11月24日、さいたま地裁。埼玉県教育委員会から懲戒免職処分を受けた公立中学元教師の男性(25才)が、県に処分の取り消しを求めた裁判の判決が言い渡された。

 男性は大学生だった2015年3月、アルバイトをしていた県内の学習塾で知り合った当時15才の女子生徒と交際を開始。埼玉県の教員として採用された同年4~7月の間、自宅などで女子生徒を抱きしめたりキスをしたほか、自宅アパートに宿泊させた。

 一連の行為を問題視した県教育委員会は同年12月、地方公務員法第29条の「信用失墜行為」に当たるとして男性を懲戒免職処分にした。これを不服とした男性が懲戒取り消しを求めて訴訟に踏み切ったのだった。

 この日、言い渡されたのは「懲戒免職を違法と認定し、処分を取り消す」という、男性の言い分を全面的に認める判決だった。

 見事、裁判で勝利を勝ち取ったこの男性こそ、冒頭に登場した元教師のA氏である。12月初旬のある夜、本誌・女性セブンの直撃にA氏が応じた。年齢よりも温和で落ち着いた雰囲気を感じさせるA氏は、現在の胸中を訥々と語った。

 「今は相手と連絡を取っていません。県が控訴するという記事も出ていましたし、まだすべての裁判が終わったわけでもありません。自分が立ち直ったという気もないですし、しっかりとお話しするには、もう少し時間が必要です。当時のことは時々思い出しますが、まだあまり振り返りたくないんです」(A氏)

 A氏は誠実さのうかがえる口ぶりで、「せっかく来ていただいたのに申し訳ありません」と何度も繰り返した。

 A氏と生徒の間には何があったのか--。裁判資料には、女子生徒との恋に真摯に向き合うA氏の姿が克明に記されていた。以下、裁判資料を踏まえてふたりの恋の一部始終を再現していく。

 この5か月は今まででいちばん幸せでした

 A氏は大学の教育学部に入学してから塾講師のアルバイトを開始。大学4年時に塾の中3クラスに所属していたのが8才年下の女子生徒だった。

 大学を卒業後、埼玉県の公立中学に勤務することが決まっていたA氏は、2015年2月、塾講師として最後の授業を終えた後、女子生徒から「入試の合否結果を伝えたいので、連絡先を教えてほしい」と言われた。

 この塾は、講師と生徒が連絡先を交換することを禁じていた。だがA氏は、「断ると傷つける」と思ってLINEのIDを教えた。

 すぐに女子生徒から「会って話がしたい」と連絡があった。これを受け、同年3月に女子生徒とA氏は面会。彼女はA氏に高校合格を報告し、感謝の印としてプレゼントを手渡した。

 さらに以前からA氏に好意を抱いていたことを打ち明けて「つきあってほしい」と告白したが、A氏はこれを断った。その後も彼女はA氏に思いを伝え続け、3度目の交際申し込みを受けた際、「この子の感情は一時的なものではなく、真剣なものだ」とA氏は感じ、交際を受け入れた。

 時期を同じくしてA氏は中学校の数学教師となり、女子生徒は高校に入学した。裁判資料には、高校生となった女子生徒が、ますますA氏との交際にのめり込んでいく様子が描かれている。

 社会人となったA氏は女子生徒に対し、「ご両親に交際を報告したい」と申し込んだが、彼女は「理解を得られないから」と断った。

 A氏が女子生徒にアパートの合鍵を渡すと、彼女は1学期の間に7~8回アパートを訪れた。女子生徒が部屋で「帰りたくない」と泣くこともあったが、A氏は“お泊まり”はさせず、いつも18時には帰宅させて、帰り際にキスやハグを繰り返していた。

 翌年5月の大型連休には東京スカイツリーに行き、「キス姿」のプリクラを撮影し、その後も映画や食事のデートを重ねた。7月に訪れた江の島とお台場では、女子生徒が背後からA氏に抱きつきながら、目の前に広がる風景を楽しんだ。周囲にその姿は、仲のいいカップルにしか見えなかったはずだ。

 この夜、女子生徒は初めてA氏のアパートに宿泊した。彼女が「同じベッドで寝たい」と言ったので、ふたりは同じベッドに並んで眠った。翌日夕方までA氏のアパートで過ごし、キスや抱擁をしたが、それ以上の“行為”に及ぶことはなかったとされる。

 その後も夏休みを利用して、ふたりは何度もアパートで“密会”を重ねた。当時、A氏は女子生徒との結婚を意識して、お互いに「一生一緒にいたい」と伝え合っていた。

 しかし、別れは突然訪れる。女子生徒の母親が娘の携帯電話の着信履歴を見て、A氏との交際が発覚したのだ。8月下旬に女子生徒の自宅に呼び出されたA氏は、交際や宿泊を認め、ひたすら謝罪した。だがこの時、ふたりは両親にこうも告げている。

 「一生一緒にいるつもりで交際していた」

 その夜、女子生徒は謝罪の言葉とともに、両親から会うことも電話をすることも禁じられたこと、そしてA氏への“未練”を伝える内容のLINEを送った。

 〈この5ケ月は今までで一番幸せでした〉

 〈いまでもA(注・A氏の本名)が好きです〉

 返信をしなかったA氏に対し、女子生徒は再度、自分の気持ちを伝えるLINEを送っている。しかし、A氏は返信をしなかった。

 その後、女子生徒の両親がA氏の勤務する中学校に報告。町教育委員会などの聴取の後、懲戒免職処分が下された。この件が報じられると、A氏は「淫行教師」としてネット上で大々的に批判された。

 だが、A氏が在籍した中学校の生徒の評判は上々だ。

 「発覚当時はすごく騒ぎになったけど、A先生はすごく熱心で一生懸命でした。女子に甘いとか、目つきが嫌らしいこともなかった」(同中学校の3年生女子)

 「みんなが“まさか”と驚いたほど真面目な先生でした。“A先生の数学の授業が好き”という生徒も多かった」(同中学校の3年生男子)

 今回、晴れて勝訴となったA氏だが、その口から発せられる言葉は重い。

 「まだ落ち着かない面もあり、どうやったら終わったと思えるかわかりません。何を言っていいのか、何が正解なのかもわからない。相手のご両親のこともありますし、教育委員会にも迷惑をかけました。ぼくとしては、本当に申し訳ないという気持ちだけです」(A氏)

 主張が認められたとはいえ、A氏は今も逡巡する。

 ※女性セブン2018年1月1日号


<筆者・さゆ>

A氏へ

一緒に、このおかしな社会を変えましょう。

間違っているのは、あなたたちではなく、社会と、社会環境に洗脳された者達です。

このような社会を後世に残してはいけません。

そう思いませんか?


  • いいね! (34)
  • この記事の題材でまた読みたい! (17)
  • この記事を動画で見たい! (14)

涙が出ました。~このような分断社会を変えなければいけない。」への13件のフィードバック

  1. 正幸の死神

    何がカメラマンに暴行だ アホ

    サンパール荒川(〒116-0002 東京都荒川区荒川1-1-1) 徒歩で10分で行ける。

    船橋市のお前の自宅の住所わからないし 待つのがめんどくさいけど  これなら 近いので 顔面5発殴らせてもらいま

    す。俺の友人2人で 死なない程度にリンチします。

    平塚正幸に大声を出されたら まずいので 背後から 首絞め

    スリーパーホールドで 失神させてから 死なない程度に5発殴る。手を踏みつけ 指の骨を折る。

  2. ナカネ ジュン

    16歳で結婚するために、15歳から付き合って何が悪いんだ!!
    はしたないとかみだらな行為だとか言う側こそがおかしな法律や常識に囚われているだけです。
    こんな世の中では、じゃぁいつから付き合って良いの?ってなるよ。
    周りが決めるのではなく、自分で決めるだけなのに。
    社会が認めた人、国が認めた人としか結婚できなくなるよ。

  3. 高橋久子

    昭和 47年 頃は 教師との交際は普通にありました。 現在 不倫と騒がれている 既婚者との交際は勿論、ですが 注意されたりも無かったです。

    中学校でもありました。 ですが テレビ雑誌、新聞を観るようになって、いつのまにか 悪 という様に洗脳されてしまったのですね。 私もその一人ですが。

  4. 高橋久子

    上記と無関係ですが、 精一杯の気持ち支援金振り込みました。

    少しでもお役に立てれたらと思います。

    このメッセージは公開しないですよね。

    松居一代さんの時に仰っていた 2016年から年金生活のおばあちゃんです。

  5. sayuflatmoundsayuflatmound 投稿作成者

    高橋久子さん

    その後も見ていただけていることに感激いたしました。

    ありがとうございます。

    ご支援の方もありがとうございます。

    さゆ

  6. 白夜

    6月13日 TPPが批准された日。マスコミ一社も来ず、報道も無し。遺伝子組み換え企業優遇、種子、水道、言論自由を日本人から奪う改正が間もなく開始。19日までに阻止すれば発行されない。残された日数はあと1日!
    http://macrobiotic-daisuki.jp/tpp-5-125766.html

    今回の地震が人工地震だったのならショックドクトリンを行うためではないかと思いました。

    ショックドクトリンの意味は「大惨事につけ込んで実施される過激な市場原理主義改革」です。

    これだけの大事にマスコミが一社も来ないのはマスコミが政府とグルで動いてることの証拠のひとつでしょう。

    「TPP 国会承認」と検索してこの事について取り上げてる記事があっても、似たような記事が並ぶだけです。並ぶ文は

    〜米国を除く11カ国が参加する環太平洋連携協定(TPP)が13日、参院本会議で承認された。TPP発効には参加6カ国以上が国内手続きを終える必要があり、政府は畜産農家の経営安定対策などを定めた関連法も今国会中に成立させ、早期発効に弾みをつけたい考えだ。

     承認案は5月18日に衆院本会議で可決され、参院に送付された。憲法の定めにより今国会成立が確定。同意を与える承認案は、参院送付から30日たつと自然成立するが、参院としても議論を尽くす姿勢を示した。〜

    くらいです。

    他にも「TPP 批准」「TPP 批准 6月13日」と検索してみましたがやはり殆ど記事がありません。

    人工地震か否かに関わらずどちらにせよ大惨事につけ込んで、これからTPP関連の法案を「政府は畜産農家の経営安定対策などを定めた関連法も今国会中に成立させ」とあるように短期間で成立させるでしょうね。

    記事と離れたコメント失礼しました。

  7. sayuflatmoundsayuflatmound 投稿作成者

    白夜さん

    情報ありがとうございます。

    私一人で多くのニュースを追うのは無理です。

    今後もコメントお願いします。

  8. タカハシ ヒサコ

    さゆさん。コメントありがとうございます。メール送信不可でしたので
    こちらに 昨日20の夕方二ユースにて 大阪北部地震のことでしたが、 表示に (地震で家族が バラバラ)と書いていました。 意図的に思えます。 地震は 家族が 離れている時の時間。 家族分断になんかなって欲しくありません。 引っ越して6年ですが 昔の様な 貼り紙です。 社会を明るくする運動 「声かけはみんなの笑顔の第一歩」 副題 「犯罪や非行を防止し 立ち直りを支える 地域の力」素晴らしいと思いました。 チラシを少しですがお願い出来るかもです。

    微力ながら お力になれるかと思います。

  9. 正幸の死神

    いよいよ明後日だな。 俺達に ボコボコにされた後に 名誉毀損裁判。

    お前は厄年だな。

    平塚正幸に大声を出させないように。テメェを 背後から  首

    絞め 失神させて 顔面に

    5発殴って 手の指を 踏みつけて ネットを使えなくさせる。

    俺の友人2人でサンパール荒川(〒116-0002 東京都荒川区荒川1-1-1)に行くから。

  10. 正幸の死神

    明後日

    早くチビを殴りたい。

    ボコボコにされた後に 名誉毀損で 懲役3年。 賠償金1000万円。

  11. 甘えび

    タカハシ ヒサコさん!

    はじめまして。こちらに来ていただいて、うれしいです。

    私達の過ごした時代は、今よりまだずっとましでした。

    お互い、これからの人生、若者や子供達、そして未来の子供達のために使いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA