アメリカ人ユダヤ教律法学者、「イスラム教徒は殺されるべき」


わかった テロはおまえらが作り上げたでっち上げではなく、100歩譲ってイスラム教徒が【アメリカ人を殺害するための計画を立てていた】と仮にしよう

しかし実際におまえらはその何千倍、もしくはそれ以上の人間をそれを名目に殺しているじゃないか

解体されるべき犯罪宗教は少なからず存在するが、その宗教に属している人間はすべて殺されるべきという発想の鬼畜度に気づかずに発言できる この人物こそ・・・であり、ユダヤ教の恥 ユダヤ教を語るのを辞めて欲しい一般信者がどれほどいることだろう

アメリカ人ユダヤ教律法学者、「イスラム教徒は殺されるべき」

 
アメリカ人ユダヤ教律法学者、「イスラム教徒は殺されるべき」

 

アメリカ人のユダヤ教聖職者・ラビが、「イスラム教徒は犯罪人であり、全世界で殺されるべきである」と主張しました。

プレスTVが5日日曜、報じたところによりますと、このラビはアメリカ・ジョージア州アトランタ近郊で演説し、イスラム教徒の多くは犯罪人だとした上で、殺されるべきだと語っています。
このラビは、イスラム教徒に対する差別的な発言で知られており、さらに、「全世界のイスラム教徒は殺人犯であり、テロを歓迎し、アメリカ人を殺害するための計画を立てていた」と述べました。
この発言がなされた一方で、アメリカはイラクやアフガニスタンという2つのイスラム国で、数万人の民間人を殺害しています。
また、ガザ地区に対するシオニスト政権イスラエルの最近の攻撃では、数千人のパレスチナ人が殉教しています。
アメリカ、そして地域や西側諸国におけるアメリカの同盟国は、シリアとイラクにおけるテロ組織の結成やその武装化のために主要な役割を果たしています。

  • いいね! (84)
  • この記事の題材でまた読みたい! (60)
  • この記事を動画で見たい! (60)

アメリカ人ユダヤ教律法学者、「イスラム教徒は殺されるべき」」への2件のフィードバック

  1. 名無し

    イスラム教徒の人達を大量虐殺しその国の築き上げてきた物を破壊し尽くしておきながら、「復讐してやる」と言われたら犯罪者扱いだもんな。人間として普通の感情だと俺は思うけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA