【GW企画・シンギュラリティ】外出せず、家にいることを常識化する為の報道。


 


<筆者・さゆ>

シンギュラリティへの社会設計の為、外出せず、家にいることを常識化する為の報道がGW中の今、盛んに行われています。

3,4,5日の3日間。ANN(テレ朝)だけでこれだけの報道です。↓
(5日目は午前経過時点)

今後も「外出すると、危険、損。家が一番。」という常識化の為の報道は、盛んに続くでしょう。

そのような視点で、ニュースを見てみてください。

このシンギュラリティへの社会風潮を作り、メディアの動きは、飲食店、観光、レジャー業などへ大打撃を与えることになります。


【シンギュラリティとは?】

<支配者層と大衆の間に人工知能を置く>
1、<大衆交流>
・仕事、教育、出会い、交友関係など大衆の、人と人との情報伝達のすべてをネットを介して行わせる
2、<大衆行動>
・大衆行動を人工知能が総監視、監督する。
・Iot機器(自動運転車・監視カメラが張り巡らされた公共施設)を介さない外出(路上や自然を徒歩)をさせない
(すべて自宅で完結することを可能にする機器の蔓延と大衆洗脳。外出しないことの常識化へ)
3、<政治機構>
・役人、公共機関、公共システム、政治機構まで、社会システムのあらゆるもの、人、システム、窓口、アナウンス、メディア、マスコミをAI化

4、<大衆評価・大衆管理>
・大衆の地位や権力、金、所有物など、AIが大衆に与え、AIが大衆を管理する
(すでに、AIスコア、VALUなどSNSなどを根拠にした価値を設けることが行われている)


  • いいね! (17)
  • この記事の題材でまた読みたい! (12)
  • この記事を動画で見たい! (9)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA