2018年4月24日トークショーが無事に終了しました。


初めてのトークショーが無事に終了しました。

ふたを開けてみれば・・・

1時間社会問題を話し、2時間半歌いw、1時間雑談。(休憩を挟みながら)ということになりました(^^♪w

前々日に行った、トークショー前々日祭生放送では、「元気ないね。」とメール、コメントを頂き、ご心配をおかけしましたが、それは1月の新年会から、3か月以上もイベントを行っていなかったからだったかもしれません。

元気が出ないのは、孤独な作業ばかりで、皆さんに会っていないからでした。

正に今、シンギュラリティへの社会設計の影響を私自身が受けていたのです。

「人に会わないと人間は元気を失う」と、身をもって体験しましたので、人と会わない社会設計(シンギュラリティ)に対して、明白に反対していきたいと思います。

昨日は、皆さんのおかげで、とても元気がいただけました。

生の歌は「全然違う!」と、来ていただいた方には、口を揃えて言われます。

私自身も皆さんに気づかせてもらいましたが、皆さんの前で話すと、そして歌うと、集中力の深さが違います。

声も、防音室で一人、カメラに向かって、話したり、歌っているときと、明らかに違う。

目の前で人が聞いてくれている環境だと、声の音色や響きが変わるのです。

特に、歌が上手くなりたい人には、「人前で歌わないとうまくならないよ!」と、伝えたいです。

「一人で練習している時も、目の前に人が聞いている事をイメージして歌う」という事をどこかで聞いた事がありますが、こうゆう事だったんだと思いました。

そして実際に、生は、ネットを通して聞いた私の声の音色と、その情報量が違いますから、なおさら、聞き手の印象が違うのでしょう。

考えてみたら当たり前ですよね。

ネットの前の皆さんは電波とスピーカーという通信網と機械を通して、「音声のデータ」を聞いてるのです。私の声は信号に一旦変換され、スピーカーで音に変換されるという経過を経ているのです。

一方の生は、生体の振動そのものを聞いています。

ネットを通すと、その生の音声の情報量が多く削られて、届けられるのです。

しかも私のスタイルは、歌はそのまんまのアカペラですので、マイクを通してスピーカーからの音を聞く「ライブハウス」のスタイルに比べても「youtubeの音源」との違いが顕著なのかもしれません。

2018年1月8日の新年会で、社会活動を始めて以来初めて歌わせていただきました。

その時、おぼつかない歌ならが、皆さんに褒めていただいたおかげで、この3か月で音楽的に成長できたと思います。

今回は1月よりも、もう少し堂々と歌えるようになったと思います。

今社会はシンギュラリティ(ネットの中だけでの交流)を進めていますが、それは、ネットを介すことによって、格段に情報量が少なくなり、魅力が半減している中で、「楽しんでるつもり、交流しているつもりになってる。」ということを、ぜひトークショーに来ていただき、体験していただけたらと思います。

つまり、私は、シンギュラリティの社会設計が今社会で進められている事を、メディアの動きから読み取り、疑問提起しています。その方法は、動画とブログ記事、つまりネットを介したの情報発信です。(音楽も)

一方、それを又、リアルイベントでトークショーを行うことで、「ネットとリアル」相互の違いを私を見てもらう事で、みなさんに感じてもらい、シンギュラリティの危うさを肌で感じていただける、ということです。

要は、実際に私に会ってみて、動画で見てるより、理解が深まったり、歌がよかったり、楽しい場であれば、「所詮ネットはツールに過ぎない」、「リアルあってのネットであり、ネットの中で全てを完結する、シンギュラリティに反対!」と、思っていただけるのではないか?ということです。

リアルの交流と、リアルだからこそある感動と影響を剥奪する事になる「シンギュラリティ」に対して、それらの違いを感じていただければ、シンギュラリティへの反対勢力が生まれるでしょう。

来月、5月もトークショーを行う予定です。

ぜひ、お会いしましょう。


  • いいね! (19)
  • この記事の題材でまた読みたい! (9)
  • この記事を動画で見たい! (8)

2018年4月24日トークショーが無事に終了しました。」への4件のフィードバック

  1. 甘えび

    びっくりしました。

    さゆさん、泣かせないでくださいよ

    私はこの一生の間に、何回この歌を聴いて涙ぐむでしょう。

    私は、さゆさんと関われたことを誇りに思っています。

  2. sayuflatmoundsayuflatmound 投稿作成者

    私は、この活動に加勢することを、誇りに思ってもらえるように、これまで活動してきたつもりです。

    だからと言ってそのように思ってくれる方の存在は、決して当たり前のことではありません。

    とても貴重な存在です。

    こんなことでは足りないくらい、甘エビさんには感謝しています。

  3. 福豆

    さゆさん、イベントで英気を養われたようでよかったです!
    タイトルが「2018年2月24日トークショーが無事に終了しました。」となっていますが、4月24日ですよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA