イラク派遣でPTSDになった男が銃乱射「無事に帰ってきても、無事じゃない」


RK先生が言ってた
「戦争というものは、無事に帰ってきても、無事じゃない
一度行ってしまったら心に大きな傷を作って帰ってくるんだ」

心的外傷後ストレス障害と銃乱射の因果関係はわかりませんが

PTSDで苦しんでいたこの乱射した男も、戦争を作り出した奴らの被害者です

僕らの未来に少しでも影を落とそうとする気配を敏感に監視し、しつこいぐらいに騒ぎ、戦争が出来る国に日本を書き換えようとしてる(時間の問題でしょう)安倍政権に「NO」といわなければいけない

「NO」と言うという事は安倍政権とその背後にいる奴らと「戦う」という事です

戦わなければ僕らに明るい未来はありません

戦わなければ僕らの人間らしい幸福を搾取され続けるだけです

私が言っている事は大げさでも何でもありません
もし大げさだと思うなら、あなたには社会で起こっている物事を見極める目と耳、
そして想像力が欠如しているからに他なりません

米基地内で男が銃乱射…4人死亡し、16人負傷
読売新聞 4月3日(木)11時49分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140403-00050052-yom-int

  • いいね! (6)
  • この記事の題材でまた読みたい! (1)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA