「強制不妊手術問題」をメディアが盛んに扱う理由。


<強制不妊>「不幸な子どもを産まない道民運動」資料見つかる 「優生保護相談所」も 北海道

2/16(金) 18:55配信

北海道ニュースUHB

UHB 北海道文化放送

 障害者などが子どもを産めなくする強制不妊手術が行われていた問題で、UHBの取材で1960年代から70年代にかけて「不幸な子どもを産まない道民運動」が展開され、北海道を中心とした不妊手術も積極的に進められていたことが、2月16日までに分かりました。

(資料より、堂垣内知事)「昭和44年から不幸な子どもを産まない道民運動を展開いたしまして」「地域に浸透させるため、母子保健推進員の活動強化などを行っております」

1972年の道議会で当時の堂垣内知事が答弁した、道民運動。

これはいったい何なのか。

1969年(昭和44年)に滝川保健所が作成した資料には、「先天的な異常で生まれる不幸な子どもは相当数にのぼる」として、「道民をあげて不幸な子どもの出生を防止する」と書かれています。

具体的な施策として、最初に挙げられたのは「優生保護対策」。

方法として、医師の協力のもとで指導を行うとされました。

また、優生手術の協力と啓蒙(けいもう)もあげられています。

優生手術とは、旧優生保護法下で知的障害のある人などに行われた強制不妊手術です。

資料では「優生手術を積極的に行うよう、医師の協力を求める」とされています。

こうした施策を「北海道・保健所・または市町村が中心になって、教育委員会や学校などの積極的な協力を得て実施する」。

また保健所には「優生保護相談所」という相談所があったことをうかがわせます。

UHB 北海道文化放送


強制「不妊手術」来月一斉提訴へ 記録破棄されてても〈宮城〉

2/20(火) 19:36配信

仙台放送

仙台放送

旧優生保護法のもと不妊手術を強制されたとし、仙台や札幌などの複数の男女が、来月、一斉提訴する方針です。この問題をめぐっては先月、すでに別の女性が訴えを起こしていて、訴訟は全国規模となる見通しです。

新里宏二 弁護士
「大きな前進で(裁判を)進められる環境になってきた。」

弁護団によりますと、国に損害賠償を求める訴えを新たに起こすのは、仙台市内に住む70代の女性です。
女性は、16歳のとき、軽い知的障害を理由に、卵管を縛る不妊手術を強制されたとし、長年にわたり、手術の記録の開示を宮城県に求めてきました。
しかし、記録はすでに破棄されていて、一度は提訴を諦めていました。

訴えを起こした女性
「人の人生を奪って「書類がない」では困る。(書類を)出してください。私が本当にどんな思いでここまで生きて来たかわかりますか」

そんな中、村井知事は19日、公の記録がなくても、女性が当時、手術を受けたことを認める方針を示しました。

宮城県 村井 知事
「もし裁判を起こすなら公式資料が無くてもいくつかの論拠によって(手術を)受けたことを認めますということをお話しする。(手術を)受けたか受けていないかを争うことはあり得ないのでご安心いただきたい」

1948年から96年まで施行された旧優生保護法は、障がいを持つ人が子供を産めないよう、本人の同意なしに不妊手術を認めた法律で、宮城県内では少なくとも859人が手術を受けさせられました。
このうち、手術の記録が残っていた60代の別の女性は、先月すでに、全国で初めて国を相手に訴えを起こしています。
19日の村井知事の発言を受けて、仙台市内の70代女性は提訴に再び前向きな姿勢を示したということです。

新里宏二 弁護士
「判決前に謝罪と補償を実現する制度を国会が作るべき」

また、弁護団によりますと、この他東京や札幌、福島などの複数の男女が、来月、一斉提訴する方針だということです。


旧優生保護法下で不妊手術強制 女性が提訴へ

2/20(火) 20:29配信

TBC東北放送

TBC

 「旧優生保護法」のもと、不妊手術を強制されたとして、宮城県内に住む70代の女性が、国に対し損害賠償を求める訴えを起こす意向を固めたことがわかりました。提訴すれば「優生保護法」をめぐる裁判は全国で2例目となります。
提訴の意向を固めたのは、宮城県内に住む70代の女性です。代理人弁護士によりますと、女性は16歳の時、知的障害と診断され旧優生保護法に基づく不妊手術を強制されました。しかし、県が女性の手術に関する記録台帳を規定に基づき廃棄していたため提訴できずにいました。村井知事は19日、「記録が残っていなくても強制不妊手術を受けたことは認定はできる」との見解を示しました。
女性は知事の発言を受け、県への情報開示で取得した「手術相当」と書かれた診断書などをもとに提訴の意向を固めたということです。提訴が実現すれば1月の県内の60代の女性が起こした裁判に続き、全国で2例目となります。
またこの他に、宮城県内で強制不妊手術を受け、現在は東京に住む70代の男性も提訴を検討しているということです。


<筆者・さゆ>

この報道がされている目的2点を解説いたします。

まず最初に本人や保護者の意思に反して、不妊手術を強制されることはあってはならないと思います。

しかし、実際にはそれが、報道されているように「一部の人にではなく、大衆全員に行われている社会に我々は生きている」ということを、我々は見失ってはいけません。

不妊手術を強制的に行われているのは障害者だけでなく、大衆全員が複合的な社会毒、そして社会設計と、社会通念の書き換えにより、「不妊にされている」という事実に目を向けなければいけません。

そしてこのように「大衆全体に行われていることを、局所的に行われているとする、目くらまし」が、この問題を今、社会が「問題化」している理由なのです。

これが一点目の目的です。

今、貧窮化、そして晩婚化や社会毒の蔓延で、子供を作れる経済状況にない人、欲しくても子供を産めない体の人(不妊治療している人)が急増しています。

様々な理由で、子供がいない人が莫大に増えているのです。(少子化)

その中でも今回クローズアップするのは、子供が欲しくても、子供が授からない人、妊娠できない体の人が爆発的に増えているのです。(不妊)

その急増におかしいと気付く人が出てくるでしょう。

不妊患者が増えれば増えるほど、この社会の設計がおかしいと気付く人が増えるのは必至です。

つまり、社会に何らかのガス抜きが必要なのです。

その方向に目を向けさせないための隠れ蓑として本問題をクローズアップしているのです。

「強制不妊手術された人に比べれば、不妊治療できるだけ幸せ」という大衆誘導です。

全体に目を向けさせない為に、局所に目を向けさせているのです。


>新生児の21人に1人が体外受精で生まれ、不妊治療を経験する夫婦は6組に1組といわれる。

>平成26年に生殖補助医療を受けた女性で出産した人の割合は30歳で20・6%だが、40歳で8・8%、45歳で0・8%と急降下する。一方、流産率は30歳が17・1%なのに対し、40歳で35・2%、45歳で66・1%と急上昇する。

晩婚化は、不妊を生み出し、人口削減の為の社会設計です。~「特定不妊治療」をサポート 日本生命、国内初の保険発売~新生児の21人に1人が体外受精で生まれ、不妊治療を経験する夫婦は6組に1組より


これほどまでに不妊治療者が多いということは、その原因は我々の日常の中にあるということに気づく人が出てきてもおかしくはないでしょう。

それに対して、この問題をメディアをクローズアップし、「ひどい!」と流布することで、「不妊治療している人はまだ良い、不妊症より強制不妊が問題である。」としたいのです。

社会設計への反発を生まないために、社会設計してる側は、不妊を最悪の事態という通念にしたくないのです。

このように、全体に行われていることが局所的に行われているとすり替えることは社会の中でよく行われています。

例えば、「洗脳」とは、メディアと行政の合わせ技で大衆全体に対して行われているのに、洗脳とは、宗教・カルトがするものと大局を局所にすり替えられました。

また、電磁波攻撃なるものも、「精神疾患の方が、電磁波攻撃されてると言うものだ。」と、「電磁波に晒されているという人は、頭がおかしい」と言う通念があるようですが、携帯電話基地局とwi-fi、スマートメーターの蔓延で、実際には大衆全員が高い電磁波空間に晒されているのです。

つまり、大衆全員が電磁波攻撃され続けているのです。

<電磁波攻撃でお悩みの方へ>あなたが電磁波攻撃されているのは間違いありません。しかしあなただけでなく、赤ちゃんから老人まで日本国民のほぼ全員が電磁波攻撃されています。

また、集団ストーキングなど、「私は、監視されている」という人も、精神疾患が疑われるような社会風潮もありますが、実際には我々のPC、スマートフォンなどの高性能機器が監視に利用され、情報が蓄積され、筒抜けである可能性は十分にあります。

「可能性」と言ったのは、証拠がつかめないからですが、事実、現在のPC、スマホのネットワーク環境は、大衆を総監視できるシステムであることは事実です。

まさに、全体に行われていることが局所的に行われているという「すり替え」は、社会のいたるところで行われています。

不正選挙に対する独立党の動きも同じ目的です。(参照動画

また、悪いことを良いこととする。もしくは「まだましなこと」と大衆洗脳するという点でも、この報道は機能しています。この議論をすり替えることで、問題を目くらまししているのです。

「保育園落ちた日本死ね騒動」とその骨子は同じなのです。

女性が子を保育園に入れて働かなればいけない社会設計自体がおかしいことで、保育園に入れて働きたい人ばかりではないのに、「保育園に落ちた=悪」とすることで、「保育園には入れて働ける=幸せ」という大衆洗脳が行われているのです。

本来、保育園に預けて、子供と離れ、働かなければ行けないこと自体がおかしな社会なのですが、そこに目を向けさせないために、「保育園に落ちた。働けない。輝けない。」「保育園を増やすべきだ!」と盛んに報道することで、「保育園に入れないことは不幸である。」と盛んに大衆に刷り込み、大衆洗脳しているのです。

つまり、問題の本質が煙に巻き、誘導したい方向が良いことする社会風潮を生み出している。

今回で言えば「子供を保育園に入れて、働くことが良いこととしている」、ということです。

また、沖縄基地移転問題も同じことです、日本から米軍事基地を無くす議論をしなければいけないのに「移転するか否か」に論点を持っていかれ、議論の矛先を変えられているのです。むしろ米軍基地が日本にあることを肯定していしまっているというわけです。

今回の強制不妊手術問題も、大衆の不妊の爆発的拡大に目を向けさせない為に行われているのです。

つまり、「不妊治療できるだけ幸せだよね。」とさせるために、「強制不妊手術なんて、こんな非人道的で、ひどいことが行われている!」とする必要があるということです。

「保育園に入れて幸せ。」、「不妊治療ができて幸せ。」という社会洗脳が行われているということです。

前者は貧窮化、非正規雇用労働と女性の労働力化、後者は不健康、そして10代の交際の制限と妊娠率が高い年齢での子産めない社会設計(晩婚化)が問題の本質なのです。

大局に目を向けさせず、局所の問題に目を向けさせることは、大衆誘導の常套手段なのです。

ーーー

2点目の目的です。

それは、昨今この報道がされだした、その時期についてです。

この報道が突如2018年に報道されだしたのにはもちろん時期的な理由があります。

もっと莫大に不妊症が増えることが顕在化する社会が来ることを見越しているからこそ、この報道が行われたのです。

これが2点目の目的です。

それは、子宮頸がんワクチンを半強制的に打たされた女性たちが、20代前半~後半になったかです。

つまり、子宮頸がんワクチンを打った女性たちが子供を産み始める人が出てくる。

そこで、今後さらに不妊治療患者が爆発的に増えると見込まれているからこそ、この問題が必要なのです。

ですから、大衆という全体が不妊の本質を見ないように、「子供が出来ないことは不幸なことではない」という概念を社会に数多く確立する必要があるのです。

その一つとして「不妊治療できるだけ幸せだよね」というガス抜きが社会起きたということです。

社会活動家の私が、この強制不妊手術の問題を社会問題化した行政メディアの動きを見ると、子宮頸がんワクチンの目的はやはり、人口削減であり、「強制不妊」がその目的だったのだ、と確信するのです。

今後も長引く訴訟をメディアは報道し、「不妊治療できるだけ幸せだよね。」と我々に思わせる為にこの報道は機能するでしょう。

そして同時にその莫大に増えた不妊の人たちを社会は、医療利権に組み込もうとしているのです。ですから、増える見込みに対して、さらに不妊の概念を広げています。概念拡大から不妊症に当たる人を広げることもします。

「不妊」の定義変更へ、2年間から1年間に ~潜在患者数を増やす為の金目的

ーーー

我々が見失ってはいけない点は、冒頭で言ったように「大衆全体に対して、不妊は作られている」という事実です。

正に、「貧窮化」と「大衆常識を作り上げる、メディアと行政の動き」こそが、不妊を作っているのです。

人間の生物の普遍性として、年齢が増せば、不妊になっていきます。

不妊とは、不妊症か否かの人よりも、だんだんと不妊になっていくの方が大多数です。(ワクチンを打たれたり、強い電磁波環境、など後天的、外的要因は別。)

それが以下のグラフです。

WS000216子どもの数、過去最低に ピークから半減の1571万人

年齢とともに子供が生みずらい体になるのが人間の体に起きる自然現象なのです。

ですから、晩婚化する社会設計こそが、不妊症を生み出しているのです。

18歳以下との交際を犯罪とする分断社会こそが、不妊を生み出しているのです。

派遣労働を解禁し、男性の賃金を搾取し、共働きを常態化させている社会こそが、不妊を生み出しているのです。

10代の出産が白い目で見られる社会こそが、不妊を生み出しているのです。

高校、大学と無意味な勉強をさせ、社会人になってから、また初めての一歩が始まる。そんな「出産、育児の隙間が無い、学業と職に敷かれたレールの設計」こそが、不妊を生み出しているのです。

これら、子供を産みやすい年齢に勉強、就職を強制することで、どんどん妊娠・出産する年齢を高齢化させられている。

親が裕福、親が子を面倒を見てくれる理解がある。且つ、親が子作りに寛容。規格化された「良い人像」に惑わされずに、相手にも寛容。

そのような条件がそろわなければ、子を産むのが大変困難な社会設計になっている。

そして物理的に、電磁波の蔓延、ワクチンの強制摂取(させないと保健所から指導)、栄養が無い食品の蔓延、10代で出産の偏見など

これらの社会設計こそが、不妊を作り上げているのです。

そしてこのような主張こそが「実質的な少子化対策」の一歩なのです。↓

そして先ほど私は、以下のように言いました。

>ですから、全体が不妊の本質を見ないように、「子供が出来ないことは不幸なことではない」という概念を社会に数多く確立する必要があるのです。その一つとして「不妊治療できるだけ幸せだよね」というガス抜きが社会起きたということです。

つまり、「子供が出来ないことは不幸なことではない」という概念を社会に数多く確立する為の動きを支配者層はこれからも多数、起こしてくるでしょう。

それが膨大に作られた、不妊患者の気持ちに逃げを与え、心を鎮めるのです。(もちろん経済的貧窮で子供を産めない大衆に対しても同効果)

ドラマや映画では、子供がいない夫婦の像が美しく描かれたり、同性カップルの養子家族が出てくるでしょう。それどころか、子供がいる家庭が散々な目に合い、子供がいると過酷でつらい、という絵を扱うでしょう。(沢尻エリカ主演の「ドラマ・母になる」など。以前、松居一代動画で紹介。)

そしてもっとナチュラルに、子無しの働く女性が輝いている絵が映し出されるでしょう。仕事から帰ってきた女性を旦那と子供が「おかえり」とする絵が出されるでしょう。

そのようなシナリオ、脚本が重宝がられ、採用されるでしょう。

そして「子供が出来ないことは不幸なことではない」という概念確立に実質的な社会整備の一つは、里親制度の蔓延でしょう。

その一般化の足掛かりとして、同性愛者は利用されます。


男性カップルを大阪市が全国初認定

 虐待などにより親元で育てられない子供の養育里親について、大阪市が男性カップルを認定したことが5日、市への取材で分かった。厚生労働省は同性カップルの里親認定について「聞いたことがない」としており、全国初とみられる。

 大阪市によると、昨年12月、市内在住の30代と40代の男性を養育里親と認定した。市は、養育する子供については詳細を明らかにしていない。


同性愛者を増やす為に、同性愛への偏見や差別があると装われ、実際に作られている。~男性同士で手をつないだ写真投稿、オランダのSNSで広がる 男性カップルへの暴力事件受け

児相の一時保護、親の同意不要に ~大衆は自分の子が奪われていることに気付きません。

同性愛者カップルが里親制度を利用し子育てすることを円滑化せ、その蔓延を目指せば、一方の子供ができない異性カップルの夫婦に対して自動的に、里親制度を利用しやすいシステムが確立するからです。

素直に異性カップルの里親制度を推進することは、不妊患者が増えていることを広報してしまう事になってしまう。

だから、「同性愛者に平等を!同性愛者を守れ!」と言ったプロパガンダで、同性カップルの里親制度を推進することで、自然を装って、マスである異性カップルの不妊へのガス抜きとして、里親制度の緩和を推進することができるということです。

ですから、同性愛者カップルに対する里親制度の推進には、爆発的に増えた異性カップルの不妊患者へのガス抜きの為に行わているのです。

また、そうすると今度は供給側である、里親を探す、施設に引き取られた子が必要になります。

里子を増やす必要があるのです。

はい。

私の記事動画のユーザーならすぐわかるでしょう。

だから、子供を行政が奪いやすい社会設計にしているのです。

それを解説した記事と、動画は下に一覧を掲載しました。

つまり、そのような社会システムを作るためにも、虐待の概念を広げ、同時に虐待親を行政だけではなく、近隣住民が探す風潮と社会システムを作り上げているのです。

虐待ポスター

行政が一時保護しやすい態勢を整えているのです。

決して、これらは虐待親から子供を守るためではないのです。

子供を行政が育てることの一般化とともに、より社会性が高い不妊患夫婦へのガス抜きに子供の移動を行える社会整備の一環なのです。

以下の一覧記事でも解説したように行政が簡単に「保護という名で」子供を奪えるシステムに実際に変えられているのです。

今後もこれら、大衆の繁殖をコントロールする為の社会設計はどんどんと進められていくでしょう。

その人為的な大衆の子孫繁栄のコントロールに、歯止めをかけ、生まれてくるべき未来の子供達を誕生させるのは、我々が現在の社会設計へ明白に意志を示すアプローチが必要です。

それをできるのは我々以外にいません。

なぜなら、この社会システムを理解しているのは、支配者層と我々さゆふらっとまうんどの情報に触れている皆さんしかいないからです。


<一時保護>

児相の一時保護、親の同意不要に ~大衆は自分の子が奪われていることに気付きません。

<一時保護の児童相権限強化の為>児相対応、違法性なし=「虐待続いた」訴えた女児敗訴―長崎地裁

定期健診を受けさせない両親は、犯罪者であるかのようなイメージ工作を行っている ~健診拒み続け行政も安否確認せず 4歳児不明

<その1>学校から子供の拉致(一時保護)を狙われている親御さんからメールが来ました。 ~このような事実に沈黙し黙認する親は、我が子がターゲットにされる可能性を上げることに加担しています。

<その2>どの家庭の子も拉致できる社会形態を実現する為に社会が一体となって大衆常識を書き換えるべく動いている

子どもを親から引き離しやすくするため、厚生労働省は一時保護する仕組みの強化 ~我々の子は、もはや我々の子ではありません。

乳児の接種拒否で親権喪失 家裁決定「子の利益侵害」 ~これを奴隷社会と言わずして、なんと言えばいいのでしょうか?

北海道七飯町小2男児山林行方不明 「しつけはいけないことだ」と言う常識の書き換えを目的として報道されています。

 

 


<虐待の概念拡大>

虐待にしたがる現代社会に対して一石を投じる番組 ~親の虐待か、不慮の事故か? 検証・揺さぶられっ子症候群

馬渡・ボールボーイ騒動の目的は、虐待の概念を広げるため。

「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」なるものは、家庭内にルールを作り出し、行政が子を奪うために作られる法律でしょう。

虐待にしたがる現代社会に対して一石を投じる番組 ~親の虐待か、不慮の事故か? 検証・揺さぶられっ子症候群

「しつけ=悪」、「しつけ=虐待」という常識の敷設はNWO整備であり、それは世界方針(支配者層方針)です。~「男児、生きて発見」海外メディアも異例の速報

「愛の鞭ゼロ作戦」とは、子供が産めない社会設計の為に行われています。~体罰容認、大人の過半数 子育て中の親7割「経験あり」

<高知・うつぶせ寝>認可外保育施設で生後9カ月女児が死亡 ~またうつぶせ寝が死亡の原因であるかのような報道


 


  • いいね! (26)
  • この記事の題材でまた読みたい! (13)
  • この記事を動画で見たい! (13)

「強制不妊手術問題」をメディアが盛んに扱う理由。」への1件のフィードバック

  1. tub

    さゆさんの洞察力・嗅覚の健在ぶりに感嘆します。現代の大衆心理操作の恐るべき技巧。60年前の南博『社会心理学入門』などは古典というより、幼稚園の絵本のレベルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA