珍しくまともな意見とまともな記事。~男性には女性を「口説く自由」が認められるべきと、仏女性ら100人が連名で発表


仏女優C・ドヌーブさん、男性の「女性口説く権利」を擁護

2018年1月10日 10:26 発信地:パリ/フランス
 

仏女優のカトリーヌ・ドヌーブさん(2017年2月14日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / John MACDOUGALL

【1月10日 AFP】フランスを代表する女優のカトリーヌ・ドヌーブ(Catherine Deneuve)さんが9日、男性には女性を「口説く自由」が認められるべきと、仏女性ら100人が連名で発表した書簡で述べた。この中でドヌーブさんらは、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)をめぐる一連のスキャンダルによって新たな「ピューリタニズム(清教徒の思想)」に拍車がかかっていると非難した。

 書簡は一連のセクハラの「告発」を嘆く内容で、ドヌーブさん他、約100人のフランス人女性作家や役者、学者らが連名で発表。仏紙ルモンド(Le Monde)に掲載された。告発の流れは、米ハリウッドの元プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタイン(Harvey Weinstein)氏が、数十年にわたり性的暴行やいやがらせをしていたとの訴えがきっかけとなって起きた。

 こうした告発の波を「魔女狩り」と称し、性的自由を脅かすものだと主張する書簡には、「レイプは犯罪だが、誰かを口説こうとするのは、たとえそれがしつこかったり不器用だったりしても犯罪ではないし、紳士的な男らしい攻めでも違う」「誰かの膝に触ったり唇を盗もうとした途端に、男性たちは罰されて職場を追放されている」とつづられていた。

 公開書簡はまた、ハッシュタグ「#MeToo(私も)」などのソーシャルメディアのフェミニスト運動を「禁欲的な…清浄化の波」と批判しており、「女性が、特にキャリアの上で性的暴力の犠牲となったことへの合法的で必要な抗議」が魔女狩りに変わってしまっているとも指摘した。

「女性に声を上げさせようとする解放への働きかけが、今や逆に作用しており、人々に『正しく』発言することを強要し、それに同調しない人々を黙らせ、(新しい現実に)寄り添わない人を共謀者や裏切り者として位置づけている」 (c)AFP/Fiachra GIBBONS / Jessica LOPEZ


<筆者>

珍しくまともな意見とまともな記事です。

記事の中のわかりにくいと思われる部分の解説ですが、本文にある「魔女狩り」とは「発言することに、同調しない人々」のことです。

つまり、男性を受け入れる女性が、「共謀者や裏切り者」として位置づけられているということです。男女の分断に加担しない、普通の人が「おかしい」と思われれる、人の道理に反した風潮です。

それがメディア、行政による権威を振りかざした洗脳行為によって大衆に伝染している。

そして伝染していないまともな人間が「共謀者や裏切り者」として位置づけられているということです。

社会は今

強制性交罪が、「性交罪」へ。
ストーカー規制法が「交際罪」へ。

まっしぐらです。

その中この記事は大変稀有ですが、この連名が、ガス抜きの為に同胞に作られたニセ反対勢力でないかを冷静に見る必要はあります。

記事をお知らせくださり、ありがとうございます!


  • いいね! (37)
  • この記事の題材でまた読みたい! (30)
  • この記事を動画で見たい! (30)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA