音楽動画を上げる時間があるならバイトして活動資金作れ。それしないで活動資金を援助してくださいとか変じゃないのか?


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️HANABIサムネ以下は上記動画に寄せられたコメントです。


このカバーの練習をする間にバイトしたりして活動資金つくればいいのに。

それしないで活動資金を援助してくださいとかちょっと変じゃないのか?

これが自身の活動や理想を語る「自分の歌」ならまだわかるけど、借りもんのただのカバーだもんね。

まずはバイトしよう、さゆふらっとまうんど。バイトするなら TOWN WORK。


<筆者・さゆ>

音楽動画を上げることは、私の社会活動自体の広報になります。

私の知名度をあらゆる分野で上げることは、私の主張、言論を多くの人に知ってもらえるきっかけになり、結果社会問題を広めることになるのです。

実際にイベントなどで「音楽動画で存在を知って、社会動画も見るようになった。そうゆうきっかけで興味をもって来ました!」という方がいらっしゃいました。

どうしても社会問題という特性の事柄ばかりを扱っていると、視聴層が偏ります。

しかし社会問題とはみんなの問題なのです。

どうしても社会問題という特性の事柄ばかりを扱っていると、暗い気持ちになる動画になってしまいます。

しかし社会問題とは誰かが必ず言及し、解決しなければいけないのです。
しかも紐付きではない大衆のほうを向いた人が。

「音楽は聴くけど、社会問題はわからない。興味ない。自分には関係ない。」という方の方が、「社会問題を自分のこととしてどうにかしなければいけないと思っている責任感ある人」よりも、多いのではないでしょうか?(この社会現象を私は「大衆誘導」と呼んでいます。)

社会問題に興味がある人だけが私の動画を見るのではなく、そうでない人も社会問題を考えてもらえるきっかけを、私が活動前から携わってきた音楽で作り出せるのです。

先ほども言ったように社会問題とはみんなに興味を持ってもらい、携わってもらう必要がある事なのです。

社会問題に興味がある人たちだけにアプローチをかければよい問題ではありません。

同時に他の層にも知ってもらうための方法をとることは必要なことなのです。

ですから、実際にマスである音楽好きの人たちに、「音楽を通して私を知っていただき、興味を持ってもらって、他の社会問題を扱う動画を見てもらう。」という流れを作ることは、私の社会活動の一つなのです。

これは一般的な社会活動家には絶対にできないことですから、生かさない手はありません。

つまり、音楽動画を上げることは、私個人を差別化することになります。

この他者との差別化は、なかなかできることではありません。

皆さんの目に触れてもいいレベルに、なにかの技術を持ち上げる為には膨大な時間と労力が必要だからです。

私は一人で、皆さんがご覧になられている音楽動画のクオリティーの音楽動画を制作することができます。

もちろんそれはプロレベルからしては遠く及びませんが、安価的な機材のなかでアマチュアが作る音楽としては悪くはないレベルであると自負しています。

たった一つの音楽動画の中で、「ギター」「ベース」「ストリングス」「キーボード」「ドラム」「ボーカル」「コーラス」「レコーディング」「ミックス」「マスタリング」「撮影」「演奏」「演出」「動画編集」と多くの専門技術が集約しています。

それぞれに対して専業のプロがいることをひとりでやっているのです。

つまり、このように私は音楽ができるし、それが社会活動にもプラスになるからしているのです。

そしてこれを「すごい!」と言って下さる方が大変多くいらっしゃいます。

こちらから言わずとも「いい戦法だ」と、私のこの考えをそのまま言って下さった方もいました。

社会問題を扱う動画はなかなか「楽しい動画」にはすることはできません。

つまり、社会動画は、楽しいが当たり前になっている大衆には見にくい動画なのです。

ですから、音楽動画も織り交ぜることは、多くのメリットを生むことになります。

社会問題ばかりを扱っている動画の中で、少し皆さんにホッとしていただける機会にもなると思います。

社会問題と音楽どちらにも同じくらい携われたらよいのですが、社会を見渡せばどうしても前者が時間的に多くならざるを得ません。

両者の動画で前者が格段に多いことは明らかでしょう。

ですから、私は音楽家と名乗らずに社会活動家と名乗っているのです。

そして広報が目的であるから、オリジナルではなく、より多くの人に聞いてもらえる可能性があるカバー動画を上げているのです。(私は過去、オリジナル曲を作っている期間のほうが格段に長いです。)

また前者は完成までにさらに時間がかかってしまうことからも後者を選択しています。

そして他にもメリットはあり、私は歌っていないと精神状態、体の調子が悪くなってきます。

それはずっと幼少期からずっと音楽をしていたからかもしれません。

ですから精神安定と健康維持の為にも音楽をしているのです。

ご年配の方で歌が趣味という方で元気が良い方が多いのは皆さんもご存じでしょう。

私も人間です。

社会問題と毎日向き合い、巨大権力構造を変えようと奮闘し、毎日メールやコメントで攻撃にさらされてるのですから、精神を健全化させるための試行錯誤が必要です。

それに対して音楽から、大きな恩恵をうけています。

具合が悪くなってきたら、「最近歌ってないな。音楽をやらなければいけない。」といった感じです。

私が特別「鉄壁の心」を持っているわけではありません。

皆さんと同じです。

また、バイトしろ?とのことですが、よほどこの活動をやめさせたいようですね。

曲は活動の合間に少しずつできますが、他の仕事をしながら、これほど報道を追えますか?

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子

事件を追うために仕事を急遽休めますか?

アルバイトというのは自分の好きなタイミングでブラウザを閉じて、DTMソフトを立ち上げるようにできるのでしょうか?

更に、チラシ作って全国の方に配布のお願いできますか?

私の休みのタイミングに合わせて、社会は動き、事件が起こってくれるのでしょうか?

しかし、この方に言われずとも、自ずとそのようになってしまう可能性が見えたからこそ以下の記事を書きました。

【重要なお知らせ】

支援者や私の周りの人間はこれらのことを理解していますが、このタイミングですから言っておきます。

以下以前の記事

使ってないギターをいただけませんか? より


私は歌いながら生まれて来たぐらい、生涯音楽をしているのですが、その私の音楽活動は、今私の社会活動に大いにプラスになっています。

社会問題を提起し、皆さんに呼びかける社会活動家の私と違う一面を見てもらえるからです。

私は社会活動家としてスタートした2014年から今年で4年目になりますが、それ以前の私の方が私を形作った年月は長く、それまでずっと音楽に携わってきました。

多角的な私の内面に対して社会活動家の私だけを露出することは、画一的な私の一面をに過ぎないわけですが、それに音楽が加わることは、ネットという一面しか映さないものに対して彩を与えてくれています。

ですから音楽動画を作ることは、私の言論に彩を持たせ、私の人となりを見てもらう、つまり私の事をもっとよく知ってもらう為に必要なことであると思っています。


  • いいね! (61)
  • この記事の題材でまた読みたい! (40)
  • この記事を動画で見たい! (19)

音楽動画を上げる時間があるならバイトして活動資金作れ。それしないで活動資金を援助してくださいとか変じゃないのか?」への90件のフィードバック

  1. REDLILY@  (K)(F)(C)

    私は歌っていないと精神状態、体の調子が悪くなってきます。

    それはずっと幼少期からずっと音楽をしていたからかもしれません。

    ですから精神安定と健康維持の為にも音楽をしているのです。

    ご年配の方で歌が趣味という方で元気が良い方が多いのは皆さんもご存じでしょう。

    私も人間です。

    ◎100万円の防音室があるから 大声で歌っても近所迷惑にならないもんな。

  2. REDLILY@  (K)(F)(C)

    私は歌いながら生まれて来たぐらい、生涯音楽をしているのですが、その私の音楽活動は、今私の社会活動に大いにプラスになっています。

    社会問題を提起し、皆さんに呼びかける社会活動家の私と違う一面を見てもらえるからです。

    ◎自己満足だけだな。 なんでお前の音楽が社会活動に大いにプラスになるのよ。

    音楽だけやれよ。嘘の社会情報を流すなよ それからユーザーから お金を取るな。

  3. 和泉洋平

    どう考えてもきっしょく悪い歌で嫌悪感感じて離れていく人のほうが多いだろ?
    何が社会活動だよ?
    ジャイアンの遊びじゃねーか
    自分に都合がいいように考えれば誰でもそんなこと言える

    仕事しろって
    したい事ばっかしてないで1から考え直せ
    他人に金せびって生きるくらいならやめちまえバーカ

  4. ピノ

    アンチコメだらけですね。でも、気にしないで。

    さゆさんの音楽はいいと思いますよ。カバーで素人が
    自由にやるのは問題ないです。
    息抜きも必要だし、音楽好きなんだからやるべきで
    すよ。

    これからも両立してください( ^∀^)

  5. N

    こんにちは、いつも動画拝見しています。
    本件とは関係ないのかもしれませんが、
    アンチコメントを寄せてくる人も、「社会」、の構成要素なのではないでしょうか?
     
    それとも、アンチコメントを書く人は無視で、
    聞いてくれる人にだけ向けて話したほうが良いとお考えなのでしょうか?
     
    社会を変えるというのは抽象度が高くて、実際はその社会というのは
    こういうアンチコメントの人たちもかなり多いのではないでしょうか。
     
    また、そのアンチコメントを書いている人を社会の一員、救うべき一員というのであれば、
    全く耳を傾けないこの人達に向けて活動するのも、むなしいとは感じませんか?
     
    さゆさんが守るべき人の範囲とは、どのようなものなのでしょうか?

  6. N

    せっかくなので、もう一点常々感じていることを書かせていただきます。
     
    社会を変える、社会貢献というのは、具体的には、人々にどうなってもらいたいのでしょうか?
     
    人々が知識をつけたところで、へーそうなんだ、で終わりだと思います。
     
    実際に行動に移す人間などごくわずかだと思っています。大衆とはそんなもんです。
     
    例え真実を1億人が知ろうとも、権力、法、政治の前には無力だと思っています。
     
    実際に社会を変えたいと思い行動する前に、自分の幸せ、成功、お金が最優先だからです。
     
    利他の心を持つためには、利己を十分に満たしている必要があると思います。
     
    現在のさゆさんの発信を見ていると、大衆が、知る、ことはしても、何らかの行動に移す
    ところまで言及できていないように感じます。
     
    本気で行動させたい、変化させたいのであれば、それこそそこにお金を投じてでも、
    人々に行動を促す必要があるのではないかと思います。
     
    それこそ、人気ユーチューバーとコラボしたり、です。
     
    さゆさんは応援しています、というコメントはいらないとおっしゃっていたと思いますが、
    現状だと、応援しています、というコメントになってしまい、一緒に社会を変えたいという
    行動まで移さない人が多いと思います。
     
    所詮、大衆は傍観者でしかないと思います。
     
    みんなが真実を知って、へー、で終わるだけの活動には意味があるのでしょうか?
     
    例えばワクチンを断る方法、などを発信している人は、具体的な
    ワクチンの断り方を記載しておりました。
     
    そういうふうに、大衆を誘導するには、毎回、具体的な行動論をセットにして話したほうが良いと思いました。
     

  7. 通りすがり

    ワクチンは受けなければ良いだけすよね、強制といっても受けない自由はあるはずです。
    権力などに無力であれば、こんなにブログや2chで妨害はないと思いますが。

  8. N

    立法されるためには政治家になる必要があるでしょ。その政治家になるのが出来レースだからどうしようもないって話。もっと勉強してください。

    ブログや2chでの妨害は、妨害というより、単なる誹謗中傷して憂さ晴らししたいしょーもない連中の集まりかと思いますよ。

  9. さっとん

    Nさん
    いやいや、
    政治家に?だれが?さゆさんが立法?話がずれてるので・・・
    下記についてです。

    >強制といっても受けない自由はあるはずです。

    いえいえ、うけない事由が無くなるようになります。
    そのように支配側は事件をでっちあげたり、フォーカスしたりして大衆心理をあおり、さも大衆が求めてるかのように固め上げて立法を可決していきます。

  10. 和泉洋平

    やれやれ!もっとやれ!
    私が正しい いや、私が正しい!
    あなたは無知だ いやあなたのほうが無知だw

    いくら話しても無駄だと気付くまでとことんやり合え
    そうやって社会はどんどん腐っていくんだよ

    もうどうにもならないのだよ

  11. 和泉洋平

    客観的にNさんのほうが正しい

    ただ一つ間違いは
    アンチと呼ばれる者は
    誹謗中傷して憂さ晴らししたいしょーもない連中の集まりではありません

    支配者層を批判するさゆふら一味と同じです
    支配者層にとってはアンチなのですから

    それがしょーもない連中ならみんなそうです

  12. 和泉洋平

    まっ
    支配者云々ではなく大衆は自ら自滅の方向に進むのだわね

    こんな馬鹿な大衆をそれなりに生かしてくれてる支配者の大変さを考えると気の毒になるね
    俺が支配者なら俺らみたいなクズ全部消しますわ

    謙虚に生きるってのを忘れたら終わりよ

  13. 寝ぼけ中

    全然いいと思います。
    歌うのは本能です、健康になるし。
    私は歌わず泳いでますが。

  14. N

    >さっとんさん
     
    コメントがズレていましたね。
     
    ワクチンの強制接種の法案が可決されたら権力に従うしかないということですかね?
    それなら分かりますが。

    >和泉洋平さん
     
    昔から農民にしろ、生かさず殺さずでうまく統治するのが大事なのでしょう。
     
    現代も通貨システムにより、大衆は奴隷化されてますし。
     
     
    まぁ私が言いたいのは、大衆というのは無知で行動せず怠惰で自分のことばかり考えてる
    どうしようもないクズみたいな連中ばかりであり、
    果たしてさゆさんが人生をかけてまで救おうとする価値があるのか疑問です。
     
    で、分かる人だけ分かればいいというのであれば、
    それはもう大衆向け、ではなくなります。
     

  15. 通りすがり

    自己中のくずみたいな連中はほんのわずかであり、大多数の人は理解していても、どうしたらいいかわからない善意の人だと思います。だからこそ、ポスティングピクニック等実行してる人は貴重だと思います

  16. 和泉洋平

    Nさんを評価したのは間違いでしたね
     
    >現代も通貨システムにより、大衆は奴隷化されてますし。

    すごく頭の悪い発言です
    でもやはりわからないか
    その程度の事で奴隷なんて言葉おかしいでしょ
    言ってる意味はわかりますよ
    自分達がそのシステムをうまく利用できない立場だからって大げさに奴隷はないでしょ
    奴隷の割には皆さん偉そうですよね

    >大衆というのは無知で行動せず怠惰で自分のことばかり考えてる
    >どうしようもないクズみたいな連中ばかり

    その通りです
    Nさんも
    さっとんさんも
    さゆふらも
    支配者も
    私もみんなクズです
    それが人間です

    Nさんは自分の中で自分を神格化しているから人がクズに見えるのです
    あなたはムスカですか?

  17. 重見幸俊

    なんと、何でも正義ぶったいちゃもんを付けて人を引き摺り落としたい嫌な奴がいるもんだ。
    自分は正しい事を言っているツモリなんだろうけど、そういう輩はただのルサンチマンだ。
    さゆさんの能力に嫉妬しているだけの、とても嫌らしいやっちゃ。

  18. 和泉洋平

    1人の思い上がった人間が大衆を救おうなんて笑っちゃいますね
    きっと母親が処女で出産された子なんでしょうね

  19. 和泉洋平

    ええichamuさん
    私は大法螺吹きでいいですよ
    WEB上の事なんてどうでもいいのですよ
    嫁や子供は私の事を理解しています
    それで満足です
    私は頭が良いともかっこいいとも思われたいと思いません
    キチガイでも法螺吹きでも好きなように思って下さい

    私はわざと馬鹿な事や嘘を書いてこのWEB上のくだらなさを知って欲しいのですよ

  20. ichamu

    そうなんだ。

    そうやって、感謝して、人口削減されていく人物なのですね。>和泉
    それはそれで、いいが、お前の発言は、私には迷惑。

    何故なら、それが、私の今世での、宿命と思うから。
    まぁ、迷惑でもいいが、自分に負けてるよ。
    今の、和泉氏は。

  21. 和泉洋平

    人口削減は必要です
    もし削減対象として私が選ばれれば受け入れるしかないですね
    ichamuさんは大衆というか自分の立場からそう思い込んでいるだけです
    環境は本当に目に見えて破壊されています
    私は釣りが趣味なので魚でわかります
    もう絶滅寸前です
    地球に人間のみ繁栄しますか?
    別の星を食いつぶしに行くのですが?
    人は宇宙の癌となって

  22. ichamu

    >人口削減は必要です

    それは、支配層の考え方。

    まぁ、愚民は、滅びた方がいいとは、思っている。
    理由は支配層の「コマ」になるのでね。

    それ以上に、AIをも、導入しようとしている支配者達。
    超サイコパスと、私が思う所以だわさ。>支配者層

  23. 和泉洋平

    頭が良いと思われたい訳ではないですが
    私はichamuさん程度の考えなら小学生の時に考えてました
    さゆふら程度なら18年程前に知ってました
    世界がどのようなシステムかなんてあなた方より知ってますよ
    支配者層ってのはそりゃいますよ
    そんなに悪くない人達です
    どのくらい悪い奴らかと言えば大衆と同じくらいの人達ですよ
    社会は洗脳だらけじゃありません
    洗脳なんて少しだけです

  24. 和泉洋平

    >>人口削減は必要です
    >それは、支配層の考え方。

    それなら
    人口削減はいらない
    それは一般大衆の考え方

    と言えますね

    じゃあ宇宙から見れば?
    人口削減は必要です

    支配者層はもう支配に疲れているのですよ
    一生人間を支配して楽しいですか?
    よく考えて下さい
    だからAIに任せて遊びたいのですよ
    支配者も人間です

  25. ichamu

    ほぅ。
    では、和泉氏は、殺されても文句一つ、垂れない人物なのですかね?

    感謝しつつ、殺されて行く。
    立派ですね>和泉氏。

    お前は麻原彰晃か??????
    ドアホ!

  26. 和泉洋平

    私とichamuさんとどっちがドアホなんでしょうね
    所詮人間には決められないのです
    神様にでも決めてもらわない限り

  27. ichamu

    >じゃあ宇宙から見れば?
    人口削減は必要です

    大法螺吹きの和泉、シャラップだわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    てめぇの、感性、主観のべてるだけ。
    まぁ、いいが、それで、どうなる?
    羊のまま、支配されて、死ねと?

    俺は嫌だ。
    由って、さゆ氏を支持する。

    以上だ。

  28. 和泉洋平


    一つ言える事は
    ichamuさんのような
    自分本位で一方的な考え方が世を腐らせ環境を破壊しているのです

    今そのツケが回ってきているのでしょうね

  29. ichamu

    >ま
    一つ言える事は
    ichamuさんのような
    自分本位で一方的な考え方が世を腐らせ環境を破壊しているのです

    今そのツケが回ってきているのでしょうね<

    大法螺吹きが、抜かさないで下さいね。
    終了して下さい。>和泉殿

  30. 和泉洋平

    ichamuさんが支配者になれば世の中良くなるのでしょうね
    意見の違う私など即消されるのでしょうから
    たかがコメントの見解の相違で発狂されるのですから地球己一人になるまで人を消しまくりそうですね

    そんなあなたもさゆふら君も大衆を救うのが宿命だとかご立派です

  31. 和泉洋平

    その愚かな思考
    一体支配者層の思考とどこが違うというのでしょうかね
    人は己の過ちが見えないのですかね

  32. ichamu

    和泉、いい加減にしたら、どうだ?

    お前も立派に、お前の言う、サイコパスな父親の血を、引き継いでるなぁ。

    されど、それ以上な、サイコパスが支配層。

    それを、黙って受け入れるのも自由。

    俺は、それが、嫌なんだ。
    それだけの話。
    由って、お前とは合わない。
    以上。

  33. 和泉洋平

    へーへー

    だったらそのサイコパス支配層に嫌だって言ってこい
    ここで吠えてどないするっちゅーねん

  34. ichamu

    愚かでも、何でもいいわさ。

    黙って、羊の如く、死ぬのが嫌なだけ。

    それすら、感謝せよと言う、和泉氏。

    どこの、カルト教の教祖なんだ、お前は?

    立派な、カルト教の教祖になれるよ>和泉。

  35. 和泉洋平

    そういや昔いたなー
    誰かさんみたいに行動せずにグータラ偉そうにぬかすだけのアホなおっさんが

  36. ichamu

    あほか?>和泉。

    お前の発言に対してレスしてるんだよ。

    ドアホの、大法螺吹きの和泉。

    いい加減にしろ。

    これ以上、醜態晒さないほうがいい。

    そうでないなら、お前は、フリーメーソンにでも、入会して、我欲追及しなはれ。
    そして、二度と、サユブログに、書き込むな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  37. 和泉洋平

    どんどん発狂してくださいな
    そして2人で馬鹿の集まりだと知ってもらいましょう

  38. 和泉洋平

    自分のコメントが最後にならないと気がすまないのですか?
    いいでしょうやりましょう

  39. ichamu

    あはは。

    ご苦労さん。

    お前とのやりとりは終了したい。

    何の益にもならない。
    それをも、感謝しろってか?

    サイコパス野郎>和泉

    以上。

  40. 和泉洋平

    死ぬまでぐうたら言ってなさいな
    呑んだくれアホオヤジw

    何度以上。って書いてんだよ?糞して寝ろw

  41. ichamu

    あはははは。

    そうするわ>和泉

    (。-ω-)zzz

    まぁ、飲んだ時に、また、相手してやるわ。
    シラフ時でもいいが、きついよw
    (⌒∇⌒)ノ””マタネー

  42. 和泉洋平

    次からは無視するかもよ?
    いつまでもお前みたいなアホの相手してられんからね
    家族サービスせんと

  43. ichamu

    暇人の、構ってちゃんが、ほざくな。>和泉

    逃げるつもりなのか?

    とことんやるんじゃなかったの?>和泉殿

  44. ichamu

    ふん、大法螺吹きが、ほざくな>和泉

    いつ、1000万支援するんだ?
    ネタちゅう言葉を使い、翻弄して、楽しいのか?

    ドアホ>和泉

    及び、大嘘つきの、サイコパス和泉。
    いい加減にしろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

  45. 和泉洋平

    PCの電源を切れば私の投稿を見ずにすみますよ
    Winならメニューからシャットダウンをクリックして下さいね

  46. 和泉洋平

    あんたがやめればやめますよw

    >とことんやるんじゃなかったの?>和泉殿

    あれ?ぷっw

  47. ichamu

    その、サイコパスな、父親の血を、浄化してるのか?
    それは、ここでしか出来ないのか?>和泉

    そうならば、ここで、吐き出せ。

    迷惑だが、容認してやるよ。。俺は。

  48. 和泉洋平

    浄化の意味はわかりませんがね
    じゃあ身の内を少し話してみましょうか

    私は子供の頃保険金目当てで両親になんどか殺されそうになった事があります
    だから母親もサイコパスなんですよw

  49. ichamu

    ほぅ。
    今は、日本人が、ジェノサイドされてる。

    てめぇの身の内の不幸を、続けても仕方ないだろ。

    そういう意味の浄化だよ。

    判りますか?意味?

    今や、俺に対する尊敬の念は、消え去ったみたいだな。
    どうでもいいが。。。。。

    お前の父親以上の、サイコパスが、支配層なんだよ。
    親孝行するのが、「今」ではないのか?>和泉氏

  50. ichamu

    あはははは。

    シオン長老の議定書読んでみろ。

    それと、タルムードと。

    それから、投稿しろ、俺には。
    浄化には、協力してやる。

  51. 和泉洋平

    知ってる?
    そういうの批判する奴ってさ
    自分がしたくてできないからだって

  52. ichamu

    なるほどなぁ。
    和泉氏は、無知。

    アンチになる訳が、判ったよ。

    素直に、シオン長老の議定書と、タルムード読んでみな。

    そうすれば、お前の父親以上のサイコパスが、世に居ると理解できるよ。

  53. 和泉洋平

    >そうすれば、お前の父親以上のサイコパスが、世に居ると理解できるよ。

    だからなんなの?
    そりゃいるでしょうよ
    で?

  54. ichamu

    要望に答えて寝るwww>和泉

    (。-ω-)zzz
    お前とは絡みたくないがな。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。好きにしたら、いい。

    どうでもいいわ。フゥー (*-o-)y-..oO○

  55. myuu

    多分だけど、和泉さんは議定書の中身知ってると思う。
    陰謀論 と言ってるんだから。
    無知ではなく、知れることを知ってきた結果がこうなんだと。
    違いますか?

    和泉さんがどこかで書いてた、最近わかった、という事と
    今の思考の状態になるまでの経緯というか、マトリックスを抜けた経緯が知りたい。
    これはただの個人的興味です。
    支配に疲れたからAIを使って のくだりが、私にはなかった。
    私は抜けてからずっと、絶対に覆らない支配体制を目指す理由だけがわからなかった。
    わからなくても別によかった。
    わからなくて当然だし、支配者の価値観をわかっても嫌だなと思ったから。
    これはどうして?という理由をどこまでも知りたいという欲なのか
    この世の中の流れを「仕方ない」と諦められる材料が欲しいのか
    今となってはどっちでもよくなっています。
    コメント書いたら負け と思ってたのに・・負けてしまいました。
    話を聞いてみたいと思ってしまった。でも、特に返事が無くてもいいです。
    長くなってすみません。

  56. N

    >myuuさん
     
    私も和泉さんが何枚も上手のように感じます。
     
    ichamuさんとさゆさんの対談も聞きましたが、対談というレベルではなく、
    お粗末なものでした。そして和泉さんとのやりとりも子供の喧嘩レベルです。
     
    和泉さんとさゆさんの対談が聞いてみたいですね。
     
    和泉さんはウェブの本質もよく理解されておる。
     
    世界の本質もきっとよく知っているのだろうと推測できます。
     

  57. 和泉洋平

    myuuさんNさん
    馬鹿みたいな事ばかり書いている私などを評価してくれてありがとうございます
    確かに過去に陰謀論にハマった事があります
    日本がユダヤに乗っ取られる?だったかな?
    そんな本を読みあさっていたのはもう20年以上前です

    当時は正義感からなのか支配者を憎み、何もできない自分は苦しみ鬱状態になりましたよ
    だから今同じ気分になっている人達に言いたい事は山ほどあります

  58. myuu

    20年 っていうので、もうなんとなくわかりました。
    鬱状態になったなら、やっぱり抜けてるんだと思います。
    私はもうすぐ10年です。
    浅いとだめなのかもしれません。わかりません。
    言いたいことを言っても多分伝わらない気がするし、私はもう何もしません。
    達観とも思ってません。
    でもやっぱり今後こうなるであろう予定が、私は嫌です。
    ただそれだけです。
    ここにしか接点がないのでコメントしてしまいました。
    ありがとうございます。

  59. 和泉洋平

    myuuさん
    楽になれるまでもう少しです
    この先何が起ころうと同じ人間のする事です
    それは間違いなく必然的に起こります

    5億人以下にされるか
    全てから解放されるか

    なにが起こるかはわかりませんが人は人が進むべき方向へ流れます

    あなたなら以下を理解できるかも知れません
    http://sayuflatmound.com/?p=35990#comment-38069

  60. myuu

    えーと、理解できないとも思ってないです。
    理解できてるかは、わかりませんけど。
    本当は、
    本当だったら、
    ここに書き込まない事がある意味一番賢いのかもしれません。
    私は楽になりたいというより、本当に私自身が 嫌 ってだけでそれ以上でも以下でもないんです。
    初期はそれを周りに問いかけてました。嫌じゃ無いのかと。
    結末、私が嫌だからなんだ ってなだけで、何も変わりません。
    親でなければ、もう少し考え方が違ったと思います。
    和泉さん20年も前からだとして、
    こうやって書き込む元気がまだあるんだとずっと書き込み読んでました。

  61. N

    >和泉さん
     
    リンクも拝見しました。そうですね、有史以来、人間が争わなかったことはないし、
    殺さなかったこともないですね。
     
    人間の根本的な性質に、暴力や僻みだったり、攻撃的なものだったり、
    相手を貶めたいと思う気持ちだったりあるので、
    それをなくさない限りは世界が変わることなんてないでしょうね。 
     
    ただ私は、それは人間としての普遍性だと思いますし、
    なくならないと思います。これからずっと。
     
    いじめが絶対なくならないのと同様に。
     

  62. 和泉洋平

    もちろんなくなりませんよ
    人間である限り
    支配者層もなくならない
    己が支配者となるまでね

    不可能ですが大衆が主権を持つと間違いなく次の支配者となる為に殺しあいを始めます

  63. 由って、イチャム、だわさ

    俺の大学は私立の大学だった。

    大学非公認のサークルがいくつもあった。

    その中の一つのサークルの話です。

    そのサークルはいわゆる出会いサークルで、

    「様々なイベントを通して親交を深め充実した大学生活を~」みたいなキャッチフレーズをかかげていた。

    イベントとして夏は海へ行ったり、冬はスキーへ行ったりいろんなイベントがあったが、そういうのは連休や長期休みにあるのが殆どだった

    それ以外の時はだいたい合コンをしていた。

    毎週金曜日はほぼ合コンが必ずセッティングされていた。

    合コン相手は、他校の女の子が多かったが時にはスッチーなどともやった事がある。

    そして、合コンでは女の子に飲ませるお酒に薬を混ぜていた。

    この薬が忘れてしまったが確かデタス?とか言う薬で肩こりや睡眠薬とかに使う薬で別にヤバイ薬という訳ではない。

    ただ、この薬をお酒と一緒に飲むとびっくりするぐらい酔いつぶれる。

    その薬を混ぜたお酒を飲ませて酔いつぶれた女の子をお持ち帰りしてヤルというのがこのサークルでは日常的に行われていた。

    そんなサークルでの出来事を話します。

    まず、女子高生との話です。
    信じられないかもしれないですが、そのサークルでは女子高生との合コンなんてのもザラにあった。

    ただ、その日は先輩のマンションで飲み会があった。この先輩というのが、サークルの部長なんだけど、部長のマンションは大学生が1人暮らしをするには大きすぎる高級マンションだった。

    詳しくは言わないけれど、先輩は金持ちの家柄だった。先輩のマンションは3Lぐらいあったと思う。

    その日は先輩と俺と俺の後輩の男3人だった。

    女の子は同級生同士の3人だった。

    みんな高校2年でだった。

    学校帰りでみんな制服を着ていた。

    未成年だが、女の子は当たり前のようにお酒を飲んでいた。

    そして、いつものように女の子のお酒に薬を混ぜて飲ませた。

    しばらくすると女の子達はみんな酔いつぶれた。

    ここでいつもなら1人ずつ女の子を相手するのだが、この日は違った。

    女の子の中に1人物凄く可愛い子がいたのだ。

    先輩はこの子とヤりたくて、この合コンをセッティングしたのだ。

    他の2人の女の子は可愛くなかった。

    俺も後輩もその可愛い子とヤりたかった。

    それを先輩に告げると順番にヤルという事になった。先輩が女の子の肩をつかんで起き上がらせる。

    「どこ行くの?」

    フラフラになりながら先輩に抱えられるように部屋を出ていった。

    先輩は女の子と違う部屋へ消えた。

    他の女の子2人はソファで倒れるように眠っていた。

    しばらくすると、向こうの部屋から声が聞こえてきた。

    「きゃああ!やめて!」

    俺と後輩は慌てて部屋へ向かった。

    薬を飲ませて酔いつぶした子はほぼ全員抵抗できない状態だった。

    少し声をあげて抵抗する子もたまにいたが、力は全然入っていなく、簡単にヤル事ができた。

    なので、こんな大きな声を聞いたのには驚いた。

    部屋へ入ると、布団の上で女の子の上に先輩が覆いかぶさっていた。

    女の子の手が激しく動いていた

    「やめて!やめてってば!」

    女の子が大声をあげて抵抗する。

    先輩のマンションは隣の音が漏れる心配はあまりなかったが、それでも少し焦っていたのだろう

    「おい、お前らも抑えろ」

    先輩は部屋へ入ってきた俺らに言った。

    俺は女の子の頭側に回って女の子の両手を抑えた。女の子の胸元は半分くらい開かれていて、ブラジャーがちらっと見えていた。

    薬が効いているのもあると思うが、

    女の子の両手を俺はしっかりと固定した。

    女の子は身動きがとれなくなっていた。

    先輩は女の子の制服のボタンを外していった。

    「やめて!やめて!」

    女の子が叫んでいたが、顔は明らかに朦朧としていた。

    やはり薬が効いているのだろう。

    先輩は制服を開き、ブラジャーを上にたくし上げ、女の子の胸を手と口で攻めた。

    「いや!いや!」

    女の子は声をあげているが、明らかに声のトーンがさっきよりも弱くなっていた。

    暴れたせいで薬が一気に回ったのかもしれない。

    胸を攻めながら先輩は女の子のスカートの中へ手をいれた。

    今日はここまでにします。

    エロシーン以外の話もありますので少しづつ書きます

    まあ、全部釣りですが

    「いや、やめて!」

    女の子は嫌がってはいたが、身体に力が入っていなかった。薬が効いているのは明らかだった。

    先輩は女の子のスカートに両手を入れ、パンツを下ろしていった。

    「お願い、いや!」

    女の子は朦朧とした中で声をあげていた。

    パンツを脱がしスカートをまくった。

    「おい、お前脚もってろ」

    先輩に言われて俺は女の子を起こして両膝に手をかけて女の子の脚を広げた

    先輩が指を入れて出し入れする。

    「やめて!やめてよ」

    女の子は途切れ途切れになりながらも声をあげていた。

    しばらくして先輩は指を抜いた

    そして、自分のベルトに手をかけた。

    「おい、寝かせろ」

    先輩はズボンを下ろしながら言った。

    俺は女の子を布団に寝かせ再び両手を抑えた。

    先輩はゴムをつけた後、女の子の脚を広げて女の子に繋がった。

    先輩は腰を動かし始めた。

    女の子は繋がった後は大人しくなっていた。目をつむって耐える顔になっていた。

    俺の女の子を抑える手も全く力がいらなかった。

    「おい、お前らもういいからあっち言ってろ」

    先輩に言われ俺たちは部屋を出てリビングへ戻った。

    リビングでは女の子2人が眠っていた。

    薬がいい感じで回っているようだ。

    こうなるのが普通であって、弱々しかったとはいえあんなに抵抗できるのは少し驚いた。

    デタス?は1錠、もしくは効きが弱い場合は2

    錠を粉末にしてお酒に混ぜていた。

    さっきの子には1錠だけだった。2錠混ぜてもよかったかもしれない。

    しばらくすると、先輩が戻ってきた。

    「次いいぞ」

    「はい、ありがとうございます」

    言うと俺はリビングを出てさっきの部屋へ向かった。

    扉を開けると、女の子が布団に寝そべっていた。上から覗き込むと女の子はかなり苦しそうな表情をしていた。

    さっき暴れたせいで、お酒と薬が回ったのかもしれない。

    しかし、そんな女の子の顔も可愛いかった。

    女の子は殆ど動けなくなっていた。

    俺は女の子の胸と下を少しだけ手で楽しんだ後、すぐにゴムをつけて女の子と繋がった。

    苦痛で歪む女の子の表情を見ながら腰を振った。

    しばらくして、女の子をぐるっと回してバックの体制をとらせた。女の子はぐったりとしていて顔と上半身を布団につけていた。

    構わず女の子の腰を持ち上げスカートをまくり、そのまま再び繋がった。

    そのまま女の子の腰をつかみながら腰を降り続け、俺は果てた。

    俺が接続部を外すと女の子はバタッと布団に倒れこんだ。

    しばらく余韻に浸り俺は服を着て部屋を出た。

    「次いいぞ」

    俺は後輩に言った。

    「失礼します。」

    言いながら後輩が出て行く。

    「写真忘れんなよ」

    先輩が言った。

    しばらくして後輩が出てきた。

    この日はそのままお開きになった。

    俺と後輩は先輩の家を後にした。

    女の子たちは、目が覚めたところでふらふらながら外へ出す。

    不思議とちゃんと家へ帰れる。

    薬のせいなのか、その日のことをあまりよく覚えていない子も少なくない。

    次は、違う大学の女の子達との合コンの話をします。

    その日は、他大学の女の子との4対4の合コンでした。

    この日も、先ほどの先輩もいました。

    女の子は同級生の大学2年4人組全員なかなか可愛い顔をしていた。

    個室の飲み屋での合コンだった。

    いつものように運ばれてきたお酒にデタス?を混ぜる。

    それは一番後輩の役目だった。

    4人のうちどの子を相手するかは、年功序列で決めていくことになっていた。

    この日は、まずは先輩が最初に選び次に俺が選んだ。

    俺が狙っていた女の子を選ぶ事が出来た。

    もちろん、合コンでは最初のうちは普通に女の子と盛り上がる。

    普通の話も少し下ネタも話する。

    しばらくすると1人、2人と女の子がふらふらになってくる。

    1人はテーブルに突っ伏してしまった。

    「あれ?○○珍しいね、そんなお酒弱くないじゃん」

    別の女の子が言う。

    なかなか酔いつぶれない女の子にはさらに薬を盛った。

    それからして、女の子は全員いい感じに酔っ払った。

    一人は突っ伏してしまってなかなか動かない。

    ここからは、それぞれ店を出て選んだ女の子と1組ずつ分かれる。

    俺の女の子は、起きてはいたがかなり酔っ払っていた。

    俺は腕を組みながら外へ出て歩き出した。

    ちなみに、支払いは男が全て出すのがサークルのルールだった。

    この日も先輩が一番多く出した。

    「どこ行くの?」

    「気持ち悪い」

    ふらふらな女の子を連れて俺はホテルを真っ直ぐ目指した。

    先輩はたいてい女の子を自分のマンションに連れていく事が多い。

    俺は部屋が狭いこともあってホテルがほとんどだった。

    女の子と腕を組みながら俺はホテルへ入った。

    部屋へ入り、女の子をベットの上に寝かせた。

    女の子はぐったりとベットの上に倒れこんだまま動かない

    早速、女の子をいただくことにした。

    まずは、スカートをまくってみる。

    白いパンツが見え、じっくりと鑑賞する。

    女の子は全然動く気配がない。

    まずは、上から服を脱がしていくことにした。

    女の子のブラウスのボタンを上から一つ一つ外していった。

    上のボタンを全て外して、服を1枚ずつ袖から外していく

    女の子は身体に力が入らずなすがままだった。

    目をつむったまま女の子は泥酔していた。

    ブラジャーのホックを外し上半身を裸にする。

    俺も服を脱ぎパンツ1枚になる。

    そして、女の子の胸を攻めた。

    「あっ、あんっ」

    目はつむったままだったが、女の子は喘ぎ声を出していた。

    十分に胸を楽しんだ後、スカートのチャックを下ろし女の子をパンツ1枚にさせる

    足を開かせパンツの上から少しだけ触る。

    しかし、我慢できずにすぐにパンツを下ろした。

    パンツを下ろし、足を開いて鑑賞する。

    そして、指を入れて攻める。

    「あん、あん」

    女の子の声が一層大きくなる。しかし、女の子は起きてはいなかった。

    しばらくすると、女の子は次第に湿ってきた。

    眠っていても濡れるというのは、このサークルで学んだことだ。

    いい感じに濡れてきたので、俺もパンツを下ろした。

    そして、女の子と繋がった。

    この時は生で頂いた。

    それは、合コンの時の下ネタトークで、女の子が危険日じゃない事がある程度わかっていたからだ。その辺の話は今は省略する。

    生の方が圧倒的に気持ちよかった。なので可能な時はできるだけ生で入れる事にしていた。

    腰を振るのに合わせて女の子が喘ぐ。

    「あっ、あんっ」

    表情が歪むのは感じているからなのか、酔っているからなのか

    そのまま中に出した。

    そして、この日はもう1回中に出した。

    女の子はぐったりとしたままだった。

    そして、女の子と寄り添うように眠りについた。

    朝方に女の子が起き上がってもぞもぞしている。

    それに気づいて俺も起き上がる。

    「えっ?ちょっと、何で私裸なの?」

    そう言って俺の方を見る。

    そして、自分の股間に手を当てる。

    「えっ?やったの?」

    女の子が聞いてくる。

    「え?そうだよ。覚えてないの?」

    俺は普通に言った。

    「うそ、全然覚えてない」

    女の子は信じられない表情をしている。

    相手が覚えていないというのが非常にいい点だった。

    俺は普通に一緒にホテルに入ってヤったと説明した。

    女の子は半分信じていない様子だったが、覚えていないので信じるしかなかった。

    「ゴムは?」

    女の子が聞いてくる。

    「え?つけないでいいって言ったじゃん」

    「うそ!サイアク!」

    女の子は慌ててシャワーへと駆け込んでいった。

    そんな風に上手くいかない時も多々あったので毎週とは言わないが、美味しい思いをいっぱいしていた。

    次は、大学のミスコン候補とのパーティーの話をします。

    うちのサークルでは数ヶ月に1度、バーを貸し切ったイベントがある。

    名目は誰かの誕生日だったり、クリスマスだったり様々だ。

    もちろん、他大学の女の子もたくさん招待する。

    とあるパーティー開催の時の目玉となったのが、某大学のミスコンに出場した女の子だった。グランプリはとれなかったのだけど、俺達の中では抜群に1番可愛いかった。

    ああいうミスコンというのは、いろんな政治的な要素もあるらしい。

    その子の友人を介してパーティーに参加してもらえる事になった。

    そのことが決まってからは、もうその子の話で毎日持ちきりだった。

    パーティーにはサークルメンバーはほぼ全員参加する。メンバーは全員で20人程度いる。全員がその子目当てだった。

    その日は、その子だけに狙いを定める事になった。

    パーティーは、いつもサークルではお馴染みのバーだった。そこを貸し切って宴が始まった。

    この日のメインの女の子ももちろん来ていた。

    やはりずば抜けて可愛いかった。

    この日は、その子の飲み物だけに薬を入れた。

    一杯目にいきなり2錠分を混ぜた。

    乾杯をして、パーティーが始まった。

    その子の周囲には先輩中心にした輪ができていた。

    先輩は、さりげなく女の子にお酒を進めていた。

    女の子は2錠分の薬が入ったお酒を飲み干した。

    パーティーも中盤に入った頃、女の子はふらふらになっていた。

    先輩が介抱するという事で、外へ連れて行った。

    ここからの手筈はいつも通りだった。

    バーの裏に非常階段があり、そこは人通りが全くない。女の子をそこへ連れて行く事になっていた。

    見張り役の後輩と一緒に先輩は女の子を連れて出て行った。

    順番はいつものように年功序列だった。

    先輩が1番、その後に数人が続いて俺は5番目ぐらいだった。

    自分の順番まではバーで普通に周りと雑談を交わすのだが、はっきり言って会話は入ってこなかった。

    しばらくして後輩が合図で俺の番を教えてくれた。先輩達はもうすでにバー戻っていた。

    俺はさりげなく非常階段へ向かった。

    バーはそのビルの最上階にあった。

    非常階段を出て上へ登ると屋上へ出る扉の所にスペースがあった。

    そこに女の子は横になっていた。

    上半身は裸で、下はスカートを履いていたが無造作にまくれていた。もちろん下着も脱がされていた。

    女の子の目からは涙が流れていて、

    「ひっく、ひっく」とほんとに小さな声を出し泣いていた。

    しかし、身体はぐったりして動けないようだ。

    薬がいい感じに効いているみたいだ。

    下では後輩が見張りをしているので、周りを気にせずに存分に楽しむ事ができる。

    俺は服を脱いでパンツ1枚になった。

    そして、女の子に覆いかぶさった。

    今までで間違いなく1番可愛い女の子だった。

    俺は充分時間をかけて女の子の胸を楽しんだ。

    脚を広げさせる。女の子の股間から白い液体が流れていた。

    前の誰かが出したものだろう。避妊をするか否かは、それぞれの自主性に任されていた。

    普通ならためらう所かもしれないが、このサークルではよくある所だった。

    俺は指を入れ女の子の中を攻めながらできるだけ中の液体を外に出した。

    それから、パンツを脱いで女の子の頭側にまわった。

    女の子の顔に股間を近づけ咥えさせた。

    女の子はほとんど力が入らないようだった。

    あまり気持ち良さはなかった。

    そして、俺はゴムをつけて女の子の脚を開かせて繋がった。

    腰を振った。

    女の子は声もほとんどあげる事なく、ほとんど動かなかった。

    女の子を抱きかかえて騎乗位になった。

    女の子の表情は薬のせいか辛そうだった。

    床が硬くなかなかこの体制は辛かった。

    そうこうして、最終的には正常位の体制で果てた。

    こんな可愛い女の子とヤる事ができて最高に興奮したのを覚えている。

    服を着替えてバーへ戻った。

    そして次の順番の奴と交代した。

    メンバー全員が相手をした。いつものように後輩が写真を撮った。

    そうしている間にパーティーもお開きになった。

    非常階段の女の子の介抱は後輩に任せる事になった。

    この後、俺はいい感じになった違う女の子と2人きりで飲みに行き、そのままホテルへ行った。

    1日で2人女の子とヤる事ができた夜だった。

  64. 酔って、イチャム、だわさ

    先日近所で仲の良い夫婦3組で長野に温泉旅行へ行った。
    K夫婦(夫38歳、妻26歳)、H夫婦(夫39妻38さい)、
    と私たち夫婦はお互い33歳で1泊2日で貸別荘をインターネットで予約した。
    K夫婦の6人乗りの車で朝九時に出発した。

    私は運転係でその他の人たちは我妻も含め車の中で宴会状態であった。
    昼過ぎに到着すると予約したのは別荘と言うよりは、ログハウスであった。女性陣は大喜びであった。
    目の前には深さひざ上位の浅い幅6メートルほどの川が緩やかに流れていて、
    その河原には石が積み上げられ風呂のように囲まれて湯気を上げていた。まさに露天風呂だ!

    ログハウスに入ると3LDKだが1部屋がとても広い。二階にはジャクジーもある。
    敷地面積は1500坪だそうだ。
    1時間ほど散歩をすることになった。
    少し歩くと周りは迷子になりそうなほど深い森に囲まれてしまった。慌ててログハウスに戻った。
    Hさんが持ってきたバーベキュウセットを組立て、準備が整った。
    みんな腹一杯バーベキュウとお酒を楽しんだ。
    日も沈み後片づけも終わり、家の中で飲むことになった。

    9時過ぎに女性陣が露天風呂に行った。
    私たちはテレビを見ながら酒を飲んでいると、妻達が盛り上がっている声がした。
    まだ酔っぱらっているようである。「だいじょうぶかな?」とHさんに言うと
    二階から覗こうと言うことになりバルコニーから四つん這いで眺めた。
    彼女らは風呂に入らず裸で走り回っていた。何をしているか理解できない。

    さすがにKさんの奥さんは26歳でピチピチした小娘のように見えた。
    逆にHさんの奥さんは38歳中肉でお尻も大きくオッパイも少し垂れていたが私には一番色っぽく見えた。
    Kさんが「何やってんの」と言うとキャーキャー言いながら風呂に入った。

    男性陣3人もバルコニーにあるジャクジーに入る事にした。
    とても星が綺麗であった。だんだん気持ちよくなって風呂に入りながら寝てしまった。
    三人とも寝てしまった。何分たったか分からないが気が付くと女性陣も一緒にジャクジーに来ていた。
    のぼせたので部屋に入るとバスタオルを腰に巻いたままでリビングでビールを飲むことになった。
    誰も服やパジャマを着ようとしないので、そのままでいた。

    何を血迷ったか、いきなり妻が「王様ゲームをしよう」と言い出した。
    王様ゲームのルールは妻以外Kさんの奥さんしか知らなかった。
    妻がキッチンに割り箸を取りに行っている間、Kさんの奥さんがルールを説明した。
    男三人はマジな顔になったがHさんの奥さんは笑っていた。
    私も初めてである。妻は何処で覚えて来たのだろうか?
    早速妻が持ってきた割り箸に印を付けた。

    1回目、
    王様はKさんの奥さんだった。
    「2番と5番はバスタオルを取って5秒間起立!」
    なんとそれは私と妻だった。私は妻とみんなに向かって立った。
    みんながゆっくり1,2,3,4,5と数えた。大歓声!!!
    2人ともしゃがむとタオルを巻くことを許されなかった。

    2回目
    王様はKさんになった。
    「4番5番は裸で私たちの周りをゆっくり3周歩く!」と言った。
    妻とHさんだった。妻はお尻と胸をぷりぷりさせながら歩きだした。
    Hさんは恥ずかしそうに立ち上がりバスタオルを取り歩き出すと私もKさんも顔を見合わせてしまった。
    太くて長い逸物であった。妻も足を止め驚いたようだった。
    Kさんの奥さんがつばを飲み込んだ音が私まで聞こえた。
    3回目の前に妻がみんなにビールをついだ。まるでピンサロ状態だ。

    3回目
    Hさんの奥さんが王様
    2番3番キスをする。
    HさんとKさんの奥さんだった。初めての接触なのでKさんの奥さんが恥ずかしがったがキスをした。
    みんなキスを見ないでHさんのあそこが気になっているようだった。
    変化はなかった。

    4回目
    私が王様
    4番は5番の性器を舐める。
    4番はHさん5番はKさんだった。男同士でなんかいやな雰囲気になった。
    KさんもHさんも恥ずかしいのか酔っぱらっているのか赤い顔をしている。
    Hさん一瞬ではあったがぱっくり根本までくわえた。みんな大笑い!!

    5回目
    Hさん王様
    2番は5番の胸を後ろから揉む。
    2番Kさん5番Kさんの奥さん
    なんかしらけそうだったけど以外と生々しい。!!
    みんなかなり酒が回ってきている。

    6回目
    王様は私の妻だった
    2番4番はオナニーするところを見せる。男だったらスケベ汁が出るまで、女だったら濡れるまで。
    注文が多いのは妻の欠点である。
    2番Kさん4番念願のHさんの奥さんであった。
    Kさんは最初はちゅうちょしていたが、しょうがなさそうにしごき始めた。
    Hさんの奥さんは「一番おばさんだから見てもしょうがないわよ」と嫌がって体を丸めた。
    Kさん一所懸命こすっているが立たず。

    突然HさんがHさんの奥さんのバスタオルをとる。真っ白な体がまぶしい。
    そして後ろから羽交い締めをする。あそこも足で広げた。
    私たちに丸見えになったがどうやらすでに濡れているようだった。
    Hさんの奥さんは顔が真っ赤になったが、私も赤くなっているのに気が付いた。
    Kさんもそれを見てやっと勃起し始めた。
    Kさんの奥さんを見ると興奮しているのが分かる。3分後ぐらいでスケベ汁が見え出す。
    みんな興奮状態になってきた。
    Kさんの奥さんがそろそろお終いにしましょうと言いだしたので、最後になった。

    7回目
    王様Kさん
    2番4番はセックスする。
    2番私の妻、4番Hさんであった。
    私はドキドキした。妻が受け入れるだろうか、あの巨根を!!
    みんなが息をのんだ。Hさんは恥ずかしそうだったが、うれしそうでもあった。
    妻は「みんな寝室に移動しましょうよ」と言って奥さん2人の手を引いて行った。
    その後をHさん、Kさん、私の順で付いていった。私は少し勃起しそうになった。
    部屋に入るとベッドルーム(ツインベッド)は10畳ほどで木の香りがする。
    すでに妻はベッドに入って毛布を掛けている。
    続いてHさんが毛布をめくりベッドに乗る。
    他の者は空いたベッドに腰掛け眺めている。
    Hさんの手が妻の胸をさするようにもみはじめる。妻は目を開けて天井を見ている。
    私も期待と不安が胸一杯ではち切れそうである。

    Hさんの手が胸から陰部に延びた。妻は目を閉じ、顎をつき出し5ミリほど口を開けた。
    しばらくすると妻の息が荒々しくなってくる。クリトリス攻めから指入れに変わった。
    恥ずかしさはすでになくなったのか、もだえ、うめき声に変わり完全に感じているようだ!

    さすが39歳、前戯が長い、だんだんイライラしてきた。体を入れ替え69の形になった。
    ピチャピチャ音がする。妻の乳首はぴんぴんになっている。Hさんのペニスもすごい太さになった。
    いよいよ挿入になった時、妻が「誰かコンドームある?」と言った。

    私も興奮のあまりコンドームの事を忘れていた。
    私とのセックスであれば安全日なのでコンドームの必要はないが
    私に気を使ってくれたのか以外と冷静である。

    Kさんの奥さんが急いで取りに行った。
    コンドームを装着するといよいよ挿入であったがすっぽり入ってしまった。
    妻はこれまでになく大きな声で苦しんでいるかのようにうめき声を上げている。
    私は隣にいたHさんの奥さんの手を取り、Hさんの後ろに回った。あそこの部分が丸見えの場所へ。
    前後に動くペニスの周りに妻の愛液が白く泡たてて音が聞こえる。

    よく見ると妻の茶色かかった赤い陰部に真っ黒いペニスがやけに太く見えた。
    気がつくとHさんの奥さんが私のペニスを握り、顔を持っていった。
    年上の女の人は初めてである。とても上手で気持ちいい!
    Hさんがフィニッシュを迎えた。妻も目を白目にしていた。

    するとKさんが妻のところへ、Kさんの奥さんが私のところへ来た。夢に見た3Pだ!
    Kさんはいきなりコンドームも装着せず入れようとしたが、奥さんに「付けなさい」と言われていた

    私も空いてるベッドに移り妻を見ながらKさんの奥さんの胸を舐め、
    Hさんの奥さんを指でいじくり回していた。
    Kさんの奥さんが私の上に乗り騎乗位の形になったが
    するりとすり抜けHさんの股の中に入り正常位の形になった。

    挿入しようと思ったがコンドームが何処にあるか見あたらない。
    Hさんの奥さんが「いいから早く入れなさい!」と言った。入れるとそこはパラダイス。
    入り口は少しゆるめだが、中の方でからみつく感じがたまらない。
    1分位でいきそうになったので、一度抜いた。あまり早くの射精では格好悪い。
    すると待ってましたのごとく、Kさんの奥さんに迫られた。

    Kさんの奥さんは肌が綺麗だ。挿入すると締まりが良い。
    「これが20歳代の女だなぁ」なんて思っていたらペニスに吸い付いてきた。
    数回腰をを振ったら射精をしてしまった。
    射精寸前腰を引いたがペニスを抜くと精液があふれ出てきた。

    Kさんの奥さんは私がコンドームを付けているものと思っていたらしい。
    しかし気がつかずぐったり寝てしまった。
    Hさんの奥さんはしぶとくもまたしぼんだ私のペニスをくわえた。おねだりするように!

    わたしもHさんの奥さんの方が好みである。
    Kさんがフィニッシュを迎えた。
    Kさんと妻はがっちり組み合って深くペニスのけいれんを感じあっているであろう。

    なかなか離れない様子だ。

    いよいよHさんの奥さんに再突入が始まった。
    普段大人しく真面目そうに見えたがセックスはかなり激しい。
    隣のKさんが休憩なしで抜かずの2回目が始まった。

    こちらも負けじと頑張った。Kさんの奥さんはとても色っぽい。
    しかし体位を変えながらも15分は頑張った。2度目の射精も終わった。
    少し後にKさんと妻の2度目のフィニッシュを迎えた。Kさんも2発目とあって妻の上に崩れた。
    私はKさんと妻の結合部を覗いた、まだ勃起しているようだ。妻が体を揺らすとペニスが抜けた。

    やっぱりコンドームをしていなかった。しかし精液は中から出てこなかった。

    私も妻とやりたくなった。妻のベッドに行こうとしたらHさんが復活してきた。
    どうして妻ばかりと思ったが妻も気持ちよさそうなので見ていた、
    今度はもちろんコンドームは付けていない。

    夜三時、3組に別れ部屋に入って寝た。
    私はHさんの奥さんと、妻はKさんと、HさんはKさんの奥さんとだ。
    結局この夜妻とは交わる事はなかった。
    部屋に入った後も私が寝てしまうまで妻のあえぎ声は聞こえてきた。

    翌日9時に起きるとHさんの奥さんは隣にいなく、下に降りていくと女性3人で朝食を作っていた。
    素っ裸の私に「服着なさいよ。みっともない」と言ったのは妻だった。
    そのあと男3人で川風呂に入り各々の妻等を誉めあった。

    帰りの車ではみんな寝ていたがHさんの奥さんは助手席に座って
    私が居眠り運転しないように尺八をしてくれた。
    これから私たちは半年に一度旅行に行く事になった。避妊は必ずするルールも決めた。
    いつまで続くか分からないが裸のつき合いもいいものである。新メンバーが来るのがたのしみだ!

  65. ひでおちゃん

    スパムメールを送ってくるのは
    日本政府か総務省。

    出会い系サイトは総務省の管理下。
    出会い系サイトにスパムメールは当たり前。

    さゆふらは不正選挙関連で
    総務省に目をつけられてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA