【エボラ出血熱】裏社会の心の中〜入院中の家族との面会は手の消毒だけで会える


スクリーンショット 2014-09-27 11.08.07【裏社会の心の中】
完全に隔離すると拉致されて会えない不安を助長して騒がれるから、面会を許すようにして現地住民の気持ちをなだめている エボラだということは嘘だし、防護服も足りないし、いちいち着せることなんてスタッフ数的に無理だから手の消毒だけでいっか びびらせてワクチン買わせるには、不安を世界に煽れて一石二鳥 エボラ出血熱根絶への管理不足をわ・ざ・と・人為的にすることで金になるんだよね〜 311の時に「菅は無能」と騒いでたけど「菅はわ・ざ・と・なにもしない」で不安を煽ることが仕事だったと気づく人は全然いなかったから 馬鹿ばっかだね人民は




 

エボラ熱死者、3000人突破=封じ込めのめど立たず-WHO

 

26日、エボラ出血熱で入院中の親類に食べ物を届けるため病院を訪れ、手の消毒を受ける女性=リベリア・モンロビア(AFP=時事)

 

 【ジュネーブ時事】世界保健機関(WHO)は26日、西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱の死者が、疑いを含め23日時点で3091人、感染者が6574人に達したと発表した。リベリア、ギニア、シエラレオネの3カ国で感染者が急増しており、依然として封じ込めのめどは立っていない。
【特集】感染症に備える~エボラ出血熱、デング熱に立ち向かうために~
 国別の累計死者数は、リベリアが1830人、ギニアが648人、シエラレオネが605人、ナイジェリアが8人。ナイジェリアを除く3カ国では、2日間で死者が計170人を超えた。感染地で治療などに当たる医療関係者も、23日時点で375人が感染し、このうち211人が犠牲となった。
 一方、ナイジェリアのほか、感染者が確認されているセネガルでは、このところ新たな感染例が出ていない。
 エボラ熱の有効な治療薬は現時点でないため、シエラレオネなどは感染地域を封鎖し、人の移動を制限することで封じ込めを図っている。しかし、人口が集中する首都など都市部で感染が広がっており、犠牲者は加速度的に増えている。
 WHOなどは先に、対策を講じなければ11月上旬にも感染者が2万人を突破すると試算。米疾病対策センター(CDC)も、来年1月には140万人に達する恐れがあると警告している。(2014/09/27-08:44)

  • いいね! (14)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA