動画<その6>ICT教育を導入したい保護者は一人もいない!~お上の方針に抗わず、受け入れる人達について。~さゆ会スタッフのぞみさん


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️


しばらく毎日、お昼の12時に動画を公開します。

youtubeチャンネルからご覧いただくと早く見れます。↓

https://www.youtube.com/channel/UCbLAlPK5nmnAq8fwnHhMSIg

youtubeのチャンネル登録・評価・コメントよろしくお願いいたします。

こちらのHPからは毎日17時に最新動画のお知らせをいたします。


  • いいね! (30)
  • この記事の題材でまた読みたい! (18)
  • この記事を動画で見たい! (7)

動画<その6>ICT教育を導入したい保護者は一人もいない!~お上の方針に抗わず、受け入れる人達について。~さゆ会スタッフのぞみさん」への1件のフィードバック

  1. sumomo

    さゆさん、皆さん、おはようございます。
    朝日デジタルの記事でeスポーツ(エレクトリック・スポーツ)が、幕張メッセの東京ゲームショウで注目されているとありました。
    太陽の光を浴びないで、室内で遊ぶゲームを、無理矢理に他のスポーツと同じである、というふうに持っていこうとしているようです。お金を動かしたい者たちの理屈で、これからさまざまな巧妙なからくりが仕掛けられていくようです。
    手先と脳の一部だけを激しく駆使する行為を、全身を使ってするスポーツと同じに扱おうとは…。始めからそういう世界に距離を置いている自分などは関係がないけれども、都市部で子育てをしている保護者たち、そこで暮らさざるを得ない子供たちには、なかなか厄介ですね。
    保護者からすれば、ゲームは目が届く所で遊んでくれるし、外に行かないでいてくれるから、安心で便利なおもちゃである、という意識があると聞きました。
    感情ばかりが興奮する事で、より感情的になっていきます。心は感情や思考の産物ではないけれども、「映画、漫画、ドラマ、小説などの作り話によっても心が育つ」という嘘(すり替えの理屈)を、大人がそれを習慣にするその姿を通して、子供に伝えてきてしまった土台があります。
    まずは、大人たちひとりひとりの認識が変わる事しかありませんよね。言っている事と生きている姿が重なっていなくては嘘になる厳しさはあるけれども。
    ここに書き込んでこられる、ケンタッキーフライドチキンの粘着気質の人(KFC?)みたいな人が多く育つ世の中になるかどうかは、大人たちひとりひとりの、普段の在り方(心と言葉が重なっている事)が、大きく関わってくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA