コンゴ民主共和国政府は米軍が入って来ないよう頑張っています


コンゴでは8月11日からエボラの感染を防いでいると強調している様です

なにが言いたいって、だから米国はコンゴに入ってくるな!関わるな!と言っているわけです 現コンゴの政府はアメリカに買収されていないようです 今後コンゴ政府関係者が暗殺され、コンゴでのエボラ感染者が増えています。ということにならないように監視しましょう

この記事の最後の一文が報道ステーションの「時間(じま)がなくなったからです」のように意味深です

エボラはウイルスによる急性熱性疾患であり、出血病状を伴うものです。
(国境なき医師団による殺害はエボラウイルスとは言いません)

イラン報道機関は気づいているようです

 

コンゴ民主共和国で、エボラ出血熱の流行が制御

 

アフリカ中部のコンゴ民主共和国の政府が、同国でのエボラ出血熱の管理は順調に進んでいるとしました。

 

フランスの新聞ルモンドのインターネットサイトが21日日曜に伝えたところによりますと、コンゴ民主共和国のマンド報道官は、「この10日間、エボラ出血熱の新たな感染例は報告されていない」と発表しました。

コンゴの保健省は、「コンゴで8月11日から感染が報告されたエボラ出血熱は、現在、好ましい管理が行われ、制御されている」と強調しています。

コンゴで、この病気により40人が死亡しています。

エボラ出血熱のウィルスは、現在、西アフリカで流行しており、リベリア、シエラレオネ、ギニア、ナイジェリア、セネガル、コンゴ民主共和国で数千人の感染が確認されています。

エボラはウイルスによる急性熱性疾患であり、出血病状を伴うものです。



  • いいね! (25)
  • この記事の題材でまた読みたい! (0)
  • この記事を動画で見たい! (0)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA