JKビジネスの女子高生の補導は超簡単に工作できます。~「JKビジネス」女子高生ら一斉補導 東京


WS2017-04-09_08_08_05000000WS2017-04-09_08_08_12000000 WS2017-04-09_08_08_18000000 WS2017-04-09_08_08_22000000 WS2017-04-09_08_08_33000000WS2017-04-09_08_08_47000000 WS2017-04-09_08_08_54000000「JKビジネス」女子高生ら一斉補導 東京

日本テレビ系(NNN) 4/9(日) 2:35配信

 制服姿の女子高校生らの接客を売りにするいわゆる「JKビジネス」について、警視庁は8日、秋葉原などで女子高校生らを一斉補導した。

 一斉補導は、店が集中する秋葉原や渋谷など都内4か所で、警視庁の捜査員やボランティアなど140人態勢で行われ、15歳から18歳までの女子高校生ら20人を補導した。

 警視庁によると、「JKビジネス」の店は、昨年末時点で、都内には190あり、「裏オプション」と称し性的サービスをさせている店もあるという。

 このため、女子高校生らが犯罪に巻き込まれるのを防ごうと、営業を届け出制として、18歳未満の接客を禁じる東京都の条例が今年7月1日から施行される。

 警視庁は、こうした取り組みを続け、対策を進めたいとしている。


WS2017-04-09_08_48_58000000 WS2017-04-09_08_49_04000000 WS2017-04-09_08_49_08000000 WS2017-04-09_08_49_20000000“JKビジネス”規制強化 女子高校生ら20人を補導(2017/04/09 06:20)

 女子高校生らに接客やマッサージをさせるいわゆる「JKビジネス」を規制するため、警視庁は8日、東京・秋葉原などの店で働く少女20人を一斉に補導しました。

 女子高校生らが制服姿で客と食事や散歩をしたりマッサージなどをしたりするJKビジネスは、児童買春やストーカーなどの犯罪につながることが懸念されています。8日は警察官を中心とした140人の補導員が秋葉原、渋谷、新宿、池袋の4地区で、JKビジネスの店で働いている20人の少女を一斉に補導しました。政府は今月から来月までの2カ月間をJKビジネスの被害防止月間にしていて、警視庁が規制を強化する方針です。


<筆者>

この報道の動画を見て思うことは、モザイクがかかっていて補導されているかのように映されている女性やその後姿の女性は、15歳から18歳までの女子高校生でない可能性が十分にあるということです。

これもイスラム国の湯川・後藤の殺害されたとされる静止画が人形であった「湯川人形」と同じことです。

つまり本当にそのようなことが起きていなくても、起きたように工作すれば変革への契機にできるし、そうしてしまう為に行うということです。

この「JKビジネス女子高生の補導」の目的は、性行為をしてはいけない、路上などでの出会ってはいけない、知り合ってはいけない、話してもいけないと大衆全体に対してする為に、まずはその基準として「18」という数字、「JK」というカテゴリーで大衆を区分けることで、まずは限定的にルール、常識を作ることです。

これらは「大衆分断」を目的として作られているのです。

<JKビジネス>愛知・豊橋市10人程度の女子高校生募集を「行政による性的魅力の利用の恐れ」と報道 ~「性的魅力の利用」という新概念の敷設で性差別、ルールを強化。

18歳未満と会話をしたら、条例違反のようです。~条例でJKビジネス規制へ=届け出義務化、18歳未満禁止―警視庁

これを達成する為には、本当にJKビジネスがおこなわれていなくてもいいのです。

「行われている」と工作すれば。

そして本当に補導しなくてもいいのです。

「行った」と工作すれば。

例えば今回の映像で言えば、秋葉原で女子高生に見える女性に「ちょっとお話いいですか?」と捜査員が声をかけ、職務質問する。その絵で十分です。

または、路上での客引きをしている女性を職務質問する絵も使えます。

それだけの可能性が極めて高い。

そしてなぜかニセ補導に向かう捜査員が出動するときに記者が集まってその絵を取っている。

警視はメディアと一体となって大衆常識を書き換えます。

その一体となった構図がわかりやすい絵です。WS2017-04-09_08_49_04000000WS2017-04-09_08_49_41000000

私は秋葉原にたまに行きますが、メイド喫茶の客引きなど、路上に立っていう女性は多く見たことはあります。しかし、18歳以下の感じの子が立っているのは見たことがありません。

店側もあからさまに営業停止に追い込まれる可能性があることをするでしょうか?

路上に立たせるでしょうか?

逮捕覚悟で営利を生み出したい店があったとしても、延命から隠して然るべきでしょう。

つまり、路上にはそのような人を出さないようにするのが当たり前です。

そしてこの前日には六本木で新たな「客引き防止条例」施行に伴いパレードが行われています。

これも同じ目的で行われているのです。


WS2017-04-09_08_15_48000000 WS2017-04-09_08_17_13000000 WS2017-04-09_08_15_59000000 WS2017-04-09_08_16_05000000 WS2017-04-09_08_17_47000000警視庁が六本木でパレード 客引きで新条例施行受け

テレビ朝日系(ANN) 4/8(土) 10:57配信

 東京・港区で、客引き行為を規制する新たな条例が施行されたことを受け、警視庁が六本木でパレードを行いました。

 パレードは六本木交差点近くで行われ、港区長や麻布署長など約130人が参加しました。六本木や赤坂など繁華街を抱える港区では、今月から新たに客引き防止条例を施行し、従わない場合は罰金や店名の公表などの措置を行うとしています。警視庁によりますと、六本木地区では去年、約100人の客引きが確認されていて、9割が外国人だったということです。警視庁は、悪質な客引きに付いて行かないよう注意を呼び掛けています。


この「客引き防止条例」とは、路上での出会いを犯罪とする為の「大衆分断」を目的としているのです。

つまり先ほど言ったJKビジネスの目的の一つである、路上などでの出会いをいけないとする常識の敷設の年齢の垣根をとったものです。

前者は、「子供を守ろう」、後者は、「悪徳ビジネスを取り締まろう」という建前で、それらとは一切関係のない大衆統治システムを強固にする目的が達成されるのです。

その為にJKビジネス一斉補導が工作され、報道された可能性が高いです。

何よりわかりやすいのは、この補導の現場の映像は女性にモザイクがかかり後姿だけだが、私には18歳以下に見えません。

18歳以下でも大人っぽい子もいるでしょうが、服装体格髪型などから成人女性に見えるのは私だけでしょうか?

今時こんなバーバリー柄のアムラー世代のスカートはいている女子高生はいません。WS2017-04-09_08_08_47000000WS2017-04-10_09_01_02000000WS2017-04-10_09_01_20000000

コスプレ感が満載です。他の女性も同様です。

コスプレ喫茶の客引きへの職務質問でしょうか?

大変わかりやすい工作です。

湯川後藤の首切りを揶揄した女子高生を社会一体となって攻撃するくらいですから、こんな工作はたやすいです。

<ツイッター投稿>女子高生がIS想起させる不謹慎画像

↓この動画も消され現在公開していません。

WS2017-04-09_08_47_12000000

最後に。このフライヤーがどこの店なのかわかる方がいたら教えてください。

ただのコスプレ喫茶じゃないですか?WS2017-04-09_08_50_49000000WS2017-04-09_08_56_19000000


<関連動画>

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️rp_c40fa3ab356b378f2fdcd364416b1da9-1024x576.jpgNHK貧困%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い

  • いいね! (101)
  • この記事の題材でまた読みたい! (70)
  • この記事を動画で見たい! (57)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA