私が記事にした直後、ANNが単独で扱った「ランドセルも帽子もかぶらず、学校と反対方向に向かう新たな証言」が3本とも削除


WS2017-04-03_02_09_29000000 WS2017-04-03_02_15_11000000

ひとりで不安気、通学の雰囲気じゃない住民目撃


WS2017-04-03_02_11_16000000 WS2017-04-03_02_11_08000000

学校と反対方向に…不明の朝目撃 両親とベトナムへ


WS2017-04-03_02_12_23000000 WS2017-04-03_02_12_16000000

小3女児殺害 遺体到着のベトナムに親族集まる(2017/04/02 20:54)


WS2017-04-03_02_09_18000000


<筆者>

ANNが単独で扱っていたランドセルも帽子もかぶらず、学校と反対方向に向かう「新たな証言」が3本とも削除されています。

私が今日の早朝  に以下の記事を上げてすぐのことです。

<我孫子市女児遺棄 父親を犯人と示唆するメディアの動き>突如、リンちゃんがランドセルと帽子を持たずに困った様子で学校とは反対の方向に歩く。と、これまでと矛盾した報道。

これまた反応が早いですね。

このANN独自の「実は行方不明日当日、ランドセルも背負ってないし、帽子もかぶっていない。そして学校と反対方向に困ったようする歩いていった。」とする4月2日ANNが報じた内容に沿う報道は3日の朝の時点で、マスコミ各社一切していません。

「ドライブレコーダーに、男性がりんちゃんの後を付け、声をかけるような様子が映っていた。しかし不鮮明でだれかわからない。」という、この事件の報道方針として一貫した、大衆への心理圧迫、意識操作を目的とした犯人に触れない情報の小出しが続いているのみです。
2017年04月03日(Mon)08時38分52秒

この削除の動きをどう見るかといえば、これはただのミスではないでしょう。

フライング報道であるとみています。

このように、実際に父親に矛先を向けるシナリオであったから、そのように動き出した。

しかし、まだその段階には、4月2日の時点では早すぎてしまったとみています。

大衆洗脳という観点から、そして他の意図的に作り上げる事件との兼ね合いで、情報を出すタイミングが重要であることは過去に行ってきましたが、そのタイミングを見誤ったのでしょう。

ただのミスで↓(下の記事)ここまでテレビ局(ANN)は動きません。

これも事件があるシナリオに沿って動いている証拠でしょう。

そして、もうひとつの削除されたた可能は、私の読みが的中したから、スピーディーにシナリオを変更する必要がでてきた。だから消したか、です。そうならばすごいことです。

実際に、過去に私の記事を受けて、J-LISが情報セキュリティ研修の一部を削除するということが起きています。

J-LIS、私が記事を書いた日に「今後考えられるマイナンバー事故事例」を削除。

また一番可能性が低いのは、グルであった父親と特務機関とのやり取りの中で、りんちゃんを動かしていた事実が本当に表に出てしまった。それにしても以下の内容はどこに行ってしまったのでしょうか?↓

>24日午後4時から午後6時の間、公園で複数の人物と一緒にいるのを目撃されていた。WS000251

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

さて、私がこの報道を受けてした記事に書いたように分析し、ANNは記事をひっこめた。

今後、シナリオを追行するのでしょうか?それともシナリオを変えるのでしょうか?

このように私の活動は、大衆の分断工作、具体的には「父親と娘の関係性の破壊」を食い止めている可能性が大いにあることを、知的な人なら認識してくれるでしょう。

以下の記事での私が予見する、本事件の終焉のシナリオを一読ください。↓

<我孫子市女児遺棄 父親を犯人と示唆するメディアの動き>突如、リンちゃんがランドセルと帽子を持たずに困った様子で学校とは反対の方向に歩く。と、これまでと矛盾した報道。

以下、今回削除された3つの報道を再掲載しておきます。


WS2017-04-02_13_48_38000000WS2017-04-02_13_48_48000000WS2017-04-02_13_49_09000000WS2017-04-02_13_49_12000000WS2017-04-02_13_49_16000000WS2017-04-02_13_49_23000000WS2017-04-02_13_49_26000000WS2017-04-02_13_49_32000000WS2017-04-02_13_49_42000000WS2017-04-02_13_49_47000000
学校と反対方向に…不明の朝目撃 両親とベトナムへ

テレビ朝日系(ANN) 4/2(日) 11:45配信

 千葉県我孫子市で9歳の女の子の遺体が見つかった事件で、女の子が行方不明になった当日の朝、女の子とみられる子どもがランドセルを背負わずに学校とは反対の方向に歩く姿が目撃されていたことが分かりました。

 先月24日、千葉県松戸市の小学3年のベトナム人のレェ・ティ・ニャット・リンちゃんが通学途中に行方不明になり、26日に我孫子市で遺体で見つかりました。その後のANNの取材で、24日の朝、リンちゃんとみられる女の子がランドセルを背負わずに困った様子で学校とは反対の方向に歩いていたことが新たに分かりました。

 目撃した男性の妻:「(女の子が)こっちに向かって行った」「(Q.学校と反対方向に?)こっち行くなら不思議じゃないでしょ。学校に行くのに。だから不審に思った。ランドセルを持っていない。何も持たないで」

 当時、この付近を走っていた車のドライブレコーダーにリンちゃんとみられる女の子のすぐ後ろを歩く不審な人物が映っていました。捜査関係者によりますと、この時、女の子は通学路ではない道を1人で歩いていたということです。警察は、何者かがリンちゃんが1人になったタイミングを狙って連れ去った疑いもあるとみて調べています。

 一方、2日午前10時ごろ、リンちゃんの遺体を乗せた飛行機が両親とともに成田空港からベトナムに出発しました。リンちゃんは今月、小学4年生になる予定でした。


WS2017-04-02_20_52_33000000WS2017-04-02_20_52_45000000WS2017-04-02_20_52_48000000WS2017-04-02_20_52_56000000WS2017-04-02_20_53_07000000WS2017-04-02_20_54_03000000WS2017-04-02_20_54_10000000WS2017-04-02_20_54_16000000WS2017-04-02_20_54_21000000WS2017-04-02_20_54_28000000WS2017-04-02_20_54_36000000WS2017-04-02_20_54_48000000WS2017-04-02_20_54_58000000WS2017-04-02_20_55_02000000WS2017-04-02_20_55_25000000
“ひとりで不安気、通学の雰囲気じゃない”住民目撃(2017/04/02 16:31)

 

 千葉県で9歳の女の子の遺体が見つかった事件で、新たな目撃証言です。行方不明になった当日の朝、女の子とみられる子どもがランドセルを背負わずに学校と反対の方向に歩いていたことが分かりました。

くわしくは動画で…


WS2017-04-02_22_16_36000000WS2017-04-02_22_16_47000000小3女児殺害 遺体到着のベトナムに親族集まる(2017/04/02 20:54)

 
 

 先月26日、千葉県我孫子市で遺体で見つかった小学3年生のベトナム人、レェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)のひつぎがベトナムのハノイに到着しました。

 リンちゃんの遺体は日本時間の2日午後4時半ごろ、ハノイに到着しました。父親は、ジャンパーに包んだリンちゃんの遺影を持って空港に降り立ちました。空港には約50人の親族らが集まり、僧侶によってお経が上げられました。
 一方で、リンちゃんが行方不明になった先月24日朝、通学路からは外れた場所で、リンちゃんとみられる女の子が学校とは反対の方向に歩く姿が目撃されていたことが分かりました。
 目撃した男性:「駐車場を斜めに横切る女の子がいた。不審そうな顔して小走りだった。(ランドセルを)背負っていない。帽子もかぶっていない」
 捜査関係者によりますと、この付近を走っていた車のドライブレコーダーにリンちゃんとみられる女の子のすぐ後ろを歩く不審な人物が映っていたということです。


<以下関連記事・動画>

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

我孫子市女児全裸遺棄が起こされた目的は、集団登校を全国的に常態化する為だったようです。

< 我孫子市女児全裸遺棄>注目すべきは、警察、マスコミ各社がなぜか犯人像には一切言及しないこと。一方で首、顔、次は頭。そしてランドセル。と情報を小出しする目的は、大衆への心理的圧迫に他なりません。

<我孫子市女児全裸遺棄>事件を起こした目的が追行されています。~千葉県教委、通学路の安全確保を緊急通知。危険予測能力・危険回避能力の防犯教育の徹底

<我孫子市女児全裸遺棄>特務機関、ベストなタイミングで地域住民が発見するように遺留品を設置。

<生きてる可能性はあります。>リンちゃんが本当に亡くなったのかを知ることができる向こう側以外の関係者は両親だけです。~「娘はまだ生きている」殺害女児の父親、胸中語る

行方不明日に家から出るリンちゃんの自宅の防犯カメラの映像とされているものは、行方不明日の映像でもなければ、自宅の防犯カメラで撮られた映像でもない。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8J-LIS事故事例削除ご支援のお願い

  • いいね! (69)
  • この記事の題材でまた読みたい! (35)
  • この記事を動画で見たい! (41)

関連記事

私が記事にした直後、ANNが単独で扱った「ランドセルも帽子もかぶらず、学校と反対方向に向かう新たな証言」が3本とも削除」への2件のフィードバック

  1. Mom

    さゆふらっとまうんどここにあり!と言いましょうか、鋭い推理本当にお見事だと思います。
    多くの親子が救われたのではないでしょうか。
    それにしてもいいねの数が少ない。

  2. zzz

    ANNに対して削除された理由を聞いたり、渋谷被告と面会或いは手紙をやり取りされましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA