この事件、リンちゃんの家族がベトナムに帰るのなら話は変わってきます。


WS2017-04-02_15_41_36000000 WS2017-04-02_15_41_40000000“女児”のすぐ後で…ドライブレコーダーに不審人物(2017/04/01 16:30)

 千葉県の小学校3年生の女の子が遺体で見つかった事件で、不審な人物が映った映像があることが分かりました。女の子が行方不明になった当日、自宅近くを走っていた車のドライブレコーダーにレェ・ティ・ニャット・リンちゃん(9)とみられる子どもに声を掛ける不審な人物が映っていたといいます。

くわしくは動画で…


千葉・9歳女児遺体 リンさんの父が胸中明かす 「死ぬほどにつらい」 家族の幸せ奪われ

産経新聞 4/1(土) 21:14配信

 「死んでしまうほどにつらい」。殺害されたリンさんの父親、レェ・アイン・ハオさん(34)は産経新聞の取材に胸中を明かした。家族を伴ってベトナムから来日して10年。幸せだった日本の生活は一気に暗転した。

 ハオさんは3月24日午前8時40分ごろ、小学校からリンさんが来ていないという連絡を受けた。声をからしながらリンさんの名前を叫び、自宅周辺を捜したが、いつものリンさんの元気な返事は返ってこなかった。「リンちゃんのために祈るだけ。死んじゃうほど(つらい)」。ハオさんは力なく話した。

 一家が千葉県松戸市に移り住んだのは平成27年12月。19年に家族を伴って来日し、ソフトウエア開発を手がけるハオさんが手に入れた念願のマイホームだった。転居前に一家が暮らした川崎市で親交のあった主婦(67)は「引っ越し前、リンちゃんは『おっきい家に住めるんだよ』とうれしそうに話していた」と振り返る。

 一家4人の幸せを突然奪われたハオさん。「今は何も手につかない。このまま日本にいるかどうかも考えられない」と言葉少なに話した。


<筆者>

>一家が千葉県松戸市に移り住んだのは平成27年12月。

まだ引っ越してきて1年しかたっていないんですね。

今回、リンちゃんの遺体が両親とともにベトナムに帰ったと報道されています。


WS2017-04-02_15_52_31000000 WS2017-04-02_15_52_45000000発見から1週間…リンさんの遺体ベトナムへ

日本テレビ系(NNN) 4/2(日) 13:05配信

 千葉県松戸市に住むベトナム国籍の9歳の女の子が殺害された事件は、遺体が発見されてから1週間がたち、2日午前、女の子の遺体が、帰国する両親とともにベトナムに向け成田空港を出発した。

 この事件は小学3年生のレェ・リンさんが殺害され、先月26日に、千葉県我孫子市の草むらで遺体で見つかったもの。日本では先月31日、リンさんのお別れ会が開かれたが、母国のベトナムで葬儀が営まれるということで、2日午前、リンさんの遺体は両親ら遺族とともに成田空港を出発し、帰国の途についた。

 一方で、遺体の発見から1週間がたち、茨城県の利根川河川敷ではこれまでにリンさんのランドセルなどが見つかっているが、捜査関係者によると、行方不明となる際にかぶっていた帽子や履いていた靴はいまだ見つかっていないという。

 警察は引き続き、遺留品を捜すとともに犯人の足取りを捜査している。


4人家族のリンちゃん一家は、行方不明の24日、母親はまだ3歳の弟(下に写真)を連れてなぜか帰郷しているようです。

なぜリンちゃんの終了式を待ってから帰国しなかったのでしょうか?

つまり、行方不明日である修了式の3月24日は、父親とリンちゃんは二人きりだった。

千葉・女児全裸遺棄 修了式の朝、何が…24日から行方不明 発見現場周辺「子供が1人で遊ぶ所じゃない」

産経新聞 3/26(日) 21:44配信

 

 千葉県我孫子市で26日、全裸の遺体で見つかったベトナム国籍の小学3年、レェ・ティ・ニャット・リンさん(9)=同県松戸市六実(むつみ)。修了式の24日朝、登校のため自宅を出たまま行方が分からなくなり捜索が続いていたが、最悪の事態となった。遺体発見現場は畑に囲まれており、近くの住民は「子供が遊びに来るような場所ではない」と話す。学校までの通学路でリンさんの身に何があったのか。

 ■フェイスブックに「帰っておいで」

 《どこに行ったの?帰っておいで》

 リンさんの母親のものとみられるフェイスブックには25日午前9時ごろ、誕生日ケーキを前にほほ笑む子供の写真とともに、子供の行方を心配する文章が書き込まれていた。

 県警捜査本部によると、リンさんが自宅を出たのは24日午前8時ごろ。赤いランドセルを背負って黄色の学童帽子をかぶり、茶色のセーターの上に灰色のパーカ、ピンクのズボン姿で、1人で学校に向かった。リンさんは自営業の父親(34)と母親(30)、4歳の弟との4人暮らし。不明となった当時、母と弟はベトナムに帰省していたという。

 約40分後、父親は学校からの連絡でリンさんが登校していないことを初めて知った。自宅から学校まではわずか500メートル程度。通学路で何らかの事件やトラブルに巻き込まれた可能性がある。

 「娘を見かけなかったか」-。リンさんの自宅周辺では、父親がリンさんの行方を必死に捜す姿が目撃されていた。

 ■現場周辺は畑「夜は真っ暗」

 警察が周辺を捜索する一方、松戸市は25日午前10時50分ごろ、市民に行方不明者などの情報を提供する「安全安心メール」で、リンさんについて自宅周辺で行方不明になったなどと情報発信。25日朝から夕方にかけ、防災無線でも「9歳の女の子が行方不明となっております」と流した。

 リンさんの自宅近くに住む主婦(28)は「普段は高齢者の行方不明情報しか流れず、子供は珍しかったので覚えている。近所とも心配で話していた」という。

 複数の目撃情報が寄せられたが、26日朝、事態は最悪の結果を迎えた。

 遺体発見現場は利根川沿いの「青山排水機場」近く。住宅地までは国道6号をはさんで約1キロほど離れており、舗装されていない狭い農道沿いにネギ畑などが広がる。

 現場近くに住む農業の40代男性は「辺りに人は住んでおらず、人が散歩するくらい。子供が1人で来たり、遊んだりする所じゃない。夜は真っ暗で、夜中に遺体を遺棄しても誰も気づけない。あまりに気の毒だ」と話した。


そして自宅に外を向いた防犯カメラが合ったり、その映像とされメディアが報じているものが嘘であったり、

行方不明日に家から出るリンちゃんの自宅の防犯カメラの映像とされているものは、行方不明日の映像でもなければ、自宅の防犯カメラで撮られた映像でもない。

ランドセルを背負って、帽子をかぶり学校に行き、遺体発見後、リンちゃんのランドセルが発見され、本人の物であると両親に確認されたとされていますが、4月2日になってランドセルを背負っていないリンちゃんを目撃したと報道しだしたり、めちゃくちゃなことが起きています。WS2017-04-02_22_16_47000000 WS2017-04-02_22_16_36000000

そしてこの事件、リンちゃんの家族がベトナムに帰るのなら話は大きく変わってきます。

これまでのシナリオに沿わないことが家族に起きても、つまりこの事件を通して我々日本人に敷設された情報と違うことが、今後家族に起きてもわからないからです。

それにしてもなぜ父親は顔を隠しているのでしょうかね?

何にも悪いことしてないのに。

WS2017-04-02_14_30_26000000 WS2017-04-02_14_33_06000000

それにしても来日して自宅でソフトウェア開発をしている自営業のベトナム人って初めて聞きました。

そうゆう人がいるんですね。

彼のことを知る関係者がゼロでも違和感ない職ですね。

これら、ANNを筆頭にしたメディアの方向転換からの考察は以下の記事で解説します。↓

<我孫子市女児遺棄 父親を犯人と示唆するメディアの動き>突如、リンちゃんがランドセルと帽子を持たずに困った様子で学校とは反対の方向に歩く。と、これまでと矛盾した報道。

両親が日本に戻る目的は、被害感情を高めることで、変革せざるを得ない環境に我々を追い込む為です。

もし父親が渋谷と面会することができたら、私の読みが的中しているということです。つまり残念ながら彼も構成員でしょう。


<以下関連記事・動画>

我孫子市女児全裸遺棄は、特務機関によって起こされた事件でしょう。

我孫子市女児全裸遺棄が起こされた目的は、集団登校を全国的に常態化する為だったようです。

< 我孫子市女児全裸遺棄>注目すべきは、警察、マスコミ各社がなぜか犯人像には一切言及しないこと。一方で首、顔、次は頭。そしてランドセル。と情報を小出しする目的は、大衆への心理的圧迫に他なりません。

<我孫子市女児全裸遺棄>事件を起こした目的が追行されています。~千葉県教委、通学路の安全確保を緊急通知。危険予測能力・危険回避能力の防犯教育の徹底

<我孫子市女児全裸遺棄>特務機関、ベストなタイミングで地域住民が発見するように遺留品を設置。

<生きてる可能性はあります。>リンちゃんが本当に亡くなったのかを知ることができる向こう側以外の関係者は両親だけです。~「娘はまだ生きている」殺害女児の父親、胸中語る

行方不明日に家から出るリンちゃんの自宅の防犯カメラの映像とされているものは、行方不明日の映像でもなければ、自宅の防犯カメラで撮られた映像でもない。

ANN(テレビ朝日)3本の報道削除後、HPで我孫子殺害の新着報道を33時間もせず。

<我孫子市女児遺棄>事件を受けた集団登下校は、登下校の時間帯の短縮を導き、それは部活動の中止へと繋げられてしまいました。

<我孫子女児殺害>犯人が一般大衆の中にいるという建前は、社会を大きく狂わせる変革を肯定します。~森田知事、通学路に防犯ボックス・松戸はカメラ重点設置の考え示す

我孫子市女児遺棄事件後、実際に起きている6つの変革。~9歳女児殺害から10日、厳重警戒 不安な通学路

我孫子市女児遺棄事件の報道終了のお知らせ。~報道が一切されなくなった理由。

< 我孫子市女児遺棄>春休み、始業式、入学式を経て3日後に予定通り、ベストなタイミングで犯人逮捕。

< 我孫子市女児遺棄事件>通学路で登校を見守っていたPTA会長逮捕。学校への保護者介入の排除をシナリオに選んだようです。

渋谷が犯人で間違いないというイメージ工作が始まりました。~渋谷は反抗的で乱暴、感情の起伏が激しいロリコンと報道

両親が日本に戻る目的は、被害感情を高めることで、変革せざるを得ない環境に我々を追い込む為です。

もし父親が渋谷と面会することができたら、私の読みが的中しているということです。つまり残念ながら彼も構成員でしょう。

⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️我孫子%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8ご支援のお願い

 

  • いいね! (81)
  • この記事の題材でまた読みたい! (57)
  • この記事を動画で見たい! (49)

関連記事

この事件、リンちゃんの家族がベトナムに帰るのなら話は変わってきます。」への1件のフィードバック

  1. 紳士

    ほんとうに不思議な後付け追加トッピングで雑ですね!
    テレビでファクトとイデオロギーの論争をしてましたが、最近のマスゴミ共はイデオロギーしか感じません!
    あたりまえか!洗脳、誘導したいからね。

    ドローン官邸不時着の犯人も引越しして1年程だった様な。
    1年が良い塩梅なんですかね?

    ベトナムの戸籍謄本あげれば一家は実物でしょうか?
    国外に渡れば事件も一件落着。

    劇団員一家様かも!

    何でも簡単に出来る酷い時代!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA