国家戦略特区とはキエフの「小域版」であり、別目的の米軍基地のようなものなのかもしれない


国家戦略特区を作り上げ資金を投入させ日本人を装った外国人に乗っ取らせ、その影響力を拡大させていく

記事のウクライナ人がキエフを同胞では無いといったように、キエフもウクライナ人と見せかけた、排他的思想やイデオロギー思ったユダヤ傀儡を送りこみ勢力を拡大させ、西と東を分断させる

我々日本でも作られる国家戦略特区がそのように利用され可能性は十分ある
つまり、国家戦略特区とはキエフのように国を分断させらえる「種」のようなものであり
軍事目的ではない米軍基地のようなものなのかもしれない

国家戦略特区を作れ!といっているのはユダヤアメリカなわけだから
十分に考えられる

ウクライナでの惨劇は他人事ではないのだ
日本の未来を映し出している、事象になる可能性を注視しなければいけない

すでに日本政府とウクライナ政府はユダヤ傀儡である点は同じなのだから

安倍晋三=ポロシェンコ=ユダヤのエージェント

 

CNN: ドネツク市民、ポロシェンコ大統領に嘆願、「人間らしくあって」

CNN:  ドネツク市民、ポロシェンコ大統領に嘆願、「人間らしくあって」

ウクライナのポロシェンコ大統領はウクライナ東部市民、特にドネツク市民の信頼を得るために、一方ならぬ努力をしなければならない。人々は、大統領が市民を殺害している、と固く信じ込んでいるからだ。CNNの現地特派員がこのように報じた。

地元男性アレクサンドル・オメリヤネンコ氏の次のような言葉が紹介された。「我らはウクライナ人だ。なのに彼らは私たちを殺している。もしかしたら、私たちには自分たちの国が必要なのかもしれない。キエフの人々は、私たちにとっては同胞ではない」。
つい最近まで華やかに活気付いていたドネツクは今や半ばがらんどうになり、店は閉まり、銃撃戦で多くの建物が傷ついている。かわって病院が大繁盛だ。病院は、逃げ遅れた人、不発弾にやられた人、四肢を失った人でごった返している。
ドネツクの病院で高齢の女性はこのように語った。「私は1940年、第二次世界大戦のさなかに生まれた。もしかしたら死ぬときも、今回の戦争のさなかに死ぬのかも知れない」。
別の患者、銃撃戦で手足を失ったワレンチナ・ポポワさんは次のように語っている。「ポロシェンコさん、お願いですから、私たちの言うことを聞いてください。どうしてあなたは自国民を理解しないのですか?男らしくやってください。人間らしくしてください。侵略を止めてください。戦争を止めてください」。以上CNNが伝えた。
続きを読む: http://japanese.ruvr.ru/news/2014_09_08/276982436/

  • いいね! (27)
  • この記事の題材でまた読みたい! (21)
  • この記事を動画で見たい! (20)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA