狩野英孝さん 未成年淫行疑惑会見の目的は、交際の制限に他ならない。その数字(年齢)は必ず拡大していく。


WS000084

狩野英孝、17歳と分かったきっかけは「野性の勘」

デイリースポーツ 1/21(土) 13:12配信

 

 17歳の女性との淫行疑惑が報じられたお笑いタレントの狩野英孝が21日、都内で釈明会見を開いた。昨年7月ごろにSNSを通じて知り合った際に22歳と聞かされ信じていたというが、恋愛感情を育んでいくにつれ、隠し事があるのではないかと「野性の勘」で感じ取り、同年10月ごろに問い詰めて真実を知ったと明かした。

【写真】狩野の元カノも涙「ショック過ぎて…」 淫行疑惑報道に

 「友人関係を経て、大人としてお付き合いさせていただきました」と交際を深めていったというが、家族・友人に「彼女である」と紹介するには至ってなかったと説明した。年齢については22歳だと信じて疑わなかったという。「食事した時に(自分の)23歳の女の子の親戚もいたり、『お前より一個年下だけど、彼女の方が年上に見えるな』といういじりもあったぐらい」と、17歳の女性が大人びて見えたと釈明した。

 狩野が問い詰めたのは10月ごろのこと。「恋愛になってくると、相手のことを嘘ついていることであったり、本当はこうなんだと見えてきませんか?」と報道陣に呼びかけるように語り、年齢の疑惑は「まったくなかった」ものの「何か嘘ついていることない?」と問いただしたという。

 この時、返答するまでに「少し間があった」ため、「何かない?本当にない?」と繰り返し質問して「実は十代です」と明かされたという。ただ、彼女の嘘について問いただそうとしたきっかけについては「野性の勘というか…。勘。自分の中で勘が働いたんです」とおとぼけ発言。かすかに報道陣から失笑が漏れた。

 狩野はすぐに、友人関係に戻ろうと切り出し、女性もこれに納得。ただ、狩野のファンであることから、ライブの来場を希望した際には「どうぞお越しください」と招待することはあったと説明した。


<筆者>

10代と交際していたら、謝罪して無期限の謹慎を受けなければいけない。

それを大々的に広報しているのが本件の骨子になります。

年齢という数字で大衆を区切り、その中に交際をしてはいけないルールを作り出しているのです。

この記者会見、そしてこの件を報道する目的は、その社会ルールを広報する役割です。

このように社会が動くことで大衆の常識、社会常識が書き換えられていく、且つ強められていきます。

つまり、「10代とは交際してはいけない」という常識の強化です。

「年齢と交際」の関係性からルール(何歳と何歳は交際していいが、何歳と何歳は交際してはいけないということ)を作れば、あとは数字(年齢)は少しずつ書き換えていくことが可能なのです。

数字を書き換えていけば、大衆全体の交流、交際を制限できるのです。

そのために、まず10代とそれ以外という大枠を作りだして、「それらは交際してはいけない」という概念を大衆常識の中に敷設する必要があるのです。

その概念を具現化したものが、「青少年健全育成条例」です。

自由に交際できないことは、まさに大衆の交友関係の制限です。

大衆の交友関係に支配者層の代理人である「メディア」が入り込み、交友関係制限のルールを広報しているのです。

そしてその中には常に性行為を「悪」とする概念が内包しています。

その点が、若年との交際が批判に値する根拠付けともされているわけです。

その批判に値するとされる根拠は、経験が浅い若年を巧みに誘導してみだらだとか、若年層の意思と個々人の判断を社会は軽視しているわけです。つまり若年層の意思は尊重されません完全に無視です。

そして10代という若年との交際からルールを作り出している理由は、10代は一番妊娠しやすい年齢であり、そこに対して「いけないこと」という常識を作り出すのことは、人口を削減するという観点から言えば一番効果的なのです。その為に、ロリコンという概念が必要だったということです。

このような常識の書き換えこそが、現代版の人口削減計画であると私は述べてきています。

先ほど交際して良い悪い、という数字は広げられていくと言いましたが、その証拠として、若年という年齢に限らず、性行為をしないことが現代社会では生きやすいという社会構築がされているのです。

それが不倫・浮気をすることが犯罪を犯したかのように社会が動いている証拠でしょう。

同時に、貧窮化することで、女性を労働力に置き換え、子供を産みにくい社会構築を意図的にしている方向性とも合致するのです。


<以下関連記事・動画>

現代版・人口削減計画は「性イデオロギーの書き換え」である。〜相思相愛でも「誘拐」

<その1~7>性犯罪の非親告罪化について。 さゆふらっとまうんど

晩婚化は、不妊を生み出し、人口削減の為の社会設計です。~「特定不妊治療」をサポート 日本生命、国内初の保険発売~新生児の21人に1人が体外受精で生まれ、不妊治療を経験する夫婦は6組に1組

「セックスはしてはいけない、子供が欲しい夫婦は病院に精子を持っていく。」これが未来では主流になる。

2016年に入って3件目 ~赤ちゃん遺棄 トイレで出産し乳児を放置「知られたくなかった」女子高校生逮捕

<人口削減計画>子供を産ませない社会構築は大変うまくいっています。~<夫単身赴任>急増する「ワンオペ育児ママ」 過酷な日々

ジェンダーレス男子がテレビに多く出演する理由もまた、人口削減計画です。 ~改ざん可能な視聴率で人気を操作することで、支配者層方針の情報を放送


⬇️ 画像をクリックで動画へ ⬇️%e5%b8%b8%e8%ad%98%e3%81%8b%e3%82%99%e4%ba%ba%e3%82%92%e6%ae%ba%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e5%b8%b8%e8%ad%98%e5%85%a8%e7%b7%a8

rp_c40fa3ab356b378f2fdcd364416b1da9-1024x576.jpg

ご支援のお願い

  • いいね! (120)
  • この記事の題材でまた読みたい! (89)
  • この記事を動画で見たい! (66)

関連記事

狩野英孝さん 未成年淫行疑惑会見の目的は、交際の制限に他ならない。その数字(年齢)は必ず拡大していく。」への2件のフィードバック

  1. tub

    「鈴木主水口説き」
    ♫お職女郎衆で白糸こそは 年は十九で当世育ち 愛嬌よければみな人様が・・・

    つい、この間まで各地の盆踊りで歌われていたはず。しかも この場合数えでの年だろう。

    庶民はこれを当たり前と思っていた。
    まったく隔世の感がある。

  2. 白夜

    「強姦」を「強制性交等罪」に変更へ 性差解消
    http://mainichi.jp/articles/20170121/k00/00m/040/198000c

    >強制わいせつ罪で処罰される行為のうち、悪質性の高い一部の行為は強姦罪として処罰できるようにもする。

    これはさゆさんの読み通りですね。

    >18歳未満の子供を監督・保護している父母らが影響力を利用してわいせつな行為や性交などをした場合、強制わいせつ罪や強姦罪と同様に処罰できる規定も新設される予定で、罪名はそれぞれ「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」となる見込み。

    これは子供と触れあっていただけでも処罰出来るように作ったんでしょう。これは恐らく、親に対してこれまで通り強制わいせつ罪や強姦罪を適用していたら違和感があるので、わざわざそれとは区別して来たんだと思う。
    つまり、親子の間で強制わいせつ罪を適用するのはおかしいんじゃないか?という市民の反論を予め予想して、前以て「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」という処罰を作り、親子の間でも取り締まるというのを具体的に示したってことです。これならば市民からの面倒な反論を封じることができます。

    もし「監護者わいせつ罪」「監護者性交等罪」のようなものを作らず、いきなり親などを逮捕した時には間違いなく「それはおかしい❗」という市民が出てきて社会問題となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA